全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


hfpapoweraのブログ

2017.07.11  レトビラは抗生物質と併用すると血中濃度が上昇する恐れがあります

レトビラは抗生物質と併用すると血中濃度が上昇する恐れがあります

レトビラは、抗生物質と併用すると血中濃度が上昇してしまうので注意が必要だといわれています。

抗生物質にはたとえばエリスロマイシンやクラリスロマイシン、ロキシスロマイシンなどがあります。威哥王こうした抗生物質は、風邪を引いたときには必ずといっていいほど処方されるものです。

抗生物質は菌をやっつける薬であり。風邪の根本を治療したいときに処方される、いわば風邪薬の中心的存在だからです。こうした抗生物質を服用しているときは、レビトラの服用は控えるのが安全でしょう。

また、レビトラを服用したいなら、風邪薬を処方してもらうに当たってお医者さんに伝えておくことがおすすめです。

レビトラとの併用を考えて処方してもらえるでしょう。
抗生物質がレビトラの働きを阻害し血中濃度上昇につながります

薬は肝臓で代謝されることがほとんどです。

レビトラの主要成分であるバルデナフィルも肝臓で処理されるのですが、そのときにCYP3A4という種類の酵素が使われます。

抗生物質のほとんどは、レビトラの成分を代謝するのに必要なこの酵素の働きを阻害してしまうのです。

酵素の働きが阻害されると、薬の成分が長時間体内に留まることになり、半減期が延長し、その結果、血中濃度が上昇してしまうのです。

血中濃度が上昇するとどうなるのかというと、薬の作用が強く出るようになり、その分副作用も強く出やすくなるといわれています。

そのため、シアリス 通販普段ならレビトラを飲んでも不調を感じなかった人も、抗生物質と併用することで頭痛や吐き気、動悸などの副作用を感じやすくなってしまうのです。

まだコメントは投稿されていません

名前

コメント