全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


hfpapoweraのブログ

2017.07.07  アルギニンで勃起力や精力をアゲアゲ↑勃ちを良くするアミノ酸


アルギニンで勃起力や精力をアゲアゲ↑勃ちを良くするアミノ酸

<アルギニンで勃起力や精力を上げる!血流改善がキモ!?>
アルギニンはアミノ酸の一種です。アミノ酸には体内で合成できるものとできないものがありますが、アルギニンは体内である程度なら合成出来る部類のアミノ酸となります。ちなみに体内で合成できないアミノ酸に関しては、毎日の食べ物からしっかり摂取しなければなりません。
ところで勃起力が弱くなったり、勃起時に固さがなくなってきた、持久力が無くなったといった精力関連の悩みというのは、ペニス周辺の血流が悪くなることが原因で起きると言われています。
アルギニンに勃起力や精力を上げる効果が期待できると言われているのは、このペニス周辺に血流を集める事が出来る一酸化窒素の材料となるからです。
成人男性が一日に必要とするアルギニンの量は、健康な人で2000mg~4000mgだと言われています。ですがEDなどの問題を抱えている人は、4000mg~6000mgを摂るのが理想だそうです。
アルギニンは肉・魚・卵・大豆などに多く含まれているので、これらを毎日適量摂取するとアルギニン不足を解消できるでしょう。
<アルギニンは勃起力に直結している!>
勃起のメカニズムというのは何も知識が無い人が考えるととにかく不思議な現象と言えるでしょう。実際は一酸化窒素が血管の中で発生する事で、ペニス付近の海綿体に血液を集中させて勃たせているのです。
ペニスは骨が無いのに固くなるため、多くの人がその仕組みを不思議に思います。ペニスの海綿体には毛細血管が多く通っています。性的興奮などで勃起している時というのは、血液が海綿体の中に集中します。普段は水が足りずにふにゃふにゃの水風船も、一部分に無理やり水を集中させればパンパンに固くなります。これと似たようなものなのでしょう。
そして、威哥王血液を海綿体に送り込んで集中させる役割を担っているのが一酸化窒素なのです。この一酸化窒素の働きによってペニスの海綿体に血液が集中し、勃起に至るわけです。アルギニンはこの一酸化窒素を発生させるのに必要不可欠な成分となります。
従って、アルギニン不足は一酸化窒素の血中濃度が減少してしまう原因になり、一酸化窒素が不足すると勃起不全(ED)の原因につながってしまいます。
先ほど冒頭でアルギニンは体内で生成する事が出来るアミノ酸だと書きましたが、体内で生成できるからといっても安心できるわけではありません。人間の体は加齢と共にアミノ酸の生成力が落ちていきます。
男性の勃起に必要不可欠なアルギニンや一酸化窒素の生成に関しても、30歳頃から徐々に減少していくと言われています。ちょうどこれくらいの時期に若い頃より勃起時の固さが少なくなったと感じる人が多いのは、これが原因の一つであると考えられます。
アルギニンが不足しているのではと感じ始めたら、とことんフニャチン化して状態が悪くなる前に、食事やサプリメントでアルギニンを適切に摂取するように努めてみてください。
<アルギニンの摂取方法について>
アルギニンを食事から摂取する場合は、豚肉・鶏肉・牛肉・大豆などに多く含まれているので、これらを毎日食べる事で必要量を摂取する事が可能です。特に豚ロース肉は100gあたり1500mgのアルギニンが含まれています。
しかしアルギニンが多く含まれているロース肉でも、生姜焼きサイズの大きいものを7枚位食べなければなりません。肉好きで体力勝負の仕事をしていれば余裕だぜ!って人も多いと思いますが、豚肉も最近はそれなりに高いですし、シアリス 通販毎日食べるならカロリーや塩分・脂質などにもかなり気を使います。
かといって大豆をモリモリ食べるのはちょっと難しいですし、他の肉に関してもロース肉よりアルギニンの量は少ないのでもっとたくさん食べなければなりません。
また、肉がいくら美味しくても毎日食べるとさすがに飽きてしまいます。なのでここはやはりアルギニンをサプリで摂るのがおすすめです。
毎日の食生活というのは自分が思っているよりも健康や体調、体質に大きな影響があります。そのため、アルギニンを摂取して勃起力を高めたいからといって無理な食生活をしてしまうと、思わぬ弊害が生じる事もあるので良くありません。
アルギニンのサプリなら手軽に毎日摂取できる上に、アルギニンだけでなくマカなどの有効な精力増強成分が配合されていて、相乗効果が期待出来そうなものも多く出回っていますから、そちらを利用すると効率よく精力アップ出来ると思います。

まだコメントは投稿されていません

名前

コメント