全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


hfpapoweraのブログ

2017.07.06  糖尿病になると手足の先の痺れを訴える人が多いです

糖尿病になると手足の先の痺れを訴える人が多いです。これは末梢神経が糖尿病によって傷つけられることで現れる症状です。

高い血糖値が続くことでソルビトールという物質が体内で増えてしまい、この物質が神経細胞に蓄積してしまい神経を傷つけて障害をきたすわけです。また、もう一つに糖尿病によって動脈硬化がおこることで、血流が悪くなり、威哥王神経細胞に必要な栄養(酸素など)が供給することができずに神経細胞が弱ってしまうという理由もあります。

そして、糖尿病の神経障害の特徴として末梢神経から支障をきたすというものがあります。末梢神経とは神経系の中でも末端の神経です。指先や足の先などといったような神経は全て末梢神経となります。糖尿病により手足の痺れを感じる人が多いことがなりよりもの証拠です。

そして、勃起神経は末梢神経に含まれています。糖尿病によって末梢神経が傷つけられるということは、末梢神経の1つである勃起神経も当然傷つけられます。勃起神経は男性器と脊髄などの大きな神経と繋がっている神経で、ここが傷つけられると脳で覚えた性的興奮や「男性器に血液を流し込め」といったシグナルを円滑に男性器へ伝えることができなくなります。

つまり、性的な興奮があるのにその興奮を男性器に伝えることができないんです。

当然、これだとEDになってしまいます。神経に少しでも障害があるだけで勃起には多大な影響を及ぼしてしまうほどですから、糖尿病によって傷つけられた勃起神経はより大きな障害になってしまいます。

糖尿病は末梢神経だけを傷つけるわけではありません。糖尿病になると真っ先に傷つけられうる神経は自律神経です。自律神経は人間が無意識に活動している心臓や消化といった機能を司っている神経です。

そして、シアリス 通販自律神経は勃起にも携わっている神経です。

心因性のEDという勃起障害のほとんどは自律神経によるものです。自律神経は人間の深層心理に大きく影響して動く神経です。だから、性行為によるストレスやトラウマ、あせり、緊張といった状態で勃起しにくいのは自律神経が原因になります。

体が健康な人でも精神的な要因によってEDになってしまうのが心因性のEDですが、健康な人でも自律神経が不安定になることで勃起に影響してしまう。つまり、糖尿病の人のように物理的に自律神経を傷つけられ不安定になってしまうと勃起に大きな悪影響を与えてしまうんです。

まだコメントは投稿されていません

名前

コメント