全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


威哥王のブログ

2017.05.18  アルコールは中枢神経系統を抑制するように働くため

お酒を飲むと、メカニズムの中の神経の伝達が悪くなることで勃起しづらくなります。

アルコールは中枢神経系統を抑制するように働くため、中枢神経が麻痺して勃起に係る勃起神経も麻痺してしまうため、大量に飲むことで勃起の機能が妨げられてしまいます。


ED治療薬も効かなくなる?

また神経の伝達が悪いままバイアグラなどED治療薬を飲んでも、効き辛くなり薬を飲んでも勃たなくなります。

さらにアルコールをたくさん飲んでいる人で肝機能障害になってしまうと、バイアグラやレビトラなどのED治療薬を服用できなくなってしまいます。

シアリス 通販ED治療薬は肝臓で代謝されることで効果を発揮しますので、肝機能が低下している人は効果が現れません。


お酒が回りやすくなりSEXができない状態になることもある

あとED治療薬を飲むと血管拡張作用によって、いつもよりお酒が回りやすくなります。

お酒が弱い人だと、勃起をしてもお酒が回りすぎて性行為ができなくなるくらい酔っ払ってしまう場合もあります。

ED治療薬でもお酒を飲んでも血管が拡張されるので、血圧ががくっと下がり貧血気味の人も要注意です。

このようにお酒を飲みすぎると、勃ちづらくなり普段EDでないと感じている人でも勃たなくなってしまいます。

お酒を完全に止めるというの難しいと思いますが、勃ちが悪くなってきたなと思ったら、お酒の量を抑えるなど気にする必要はありそうです。


勃ちづらくなるお酒の量の目安

男性ならビール1本程度、日本酒なら1合程度

威哥王勃ちづらくなるお酒の量は人によって異なりますが、体重60キロの男性ならビール1本程度、日本酒なら1合程度が勃起に影響がないと言われています。

普段生ビール3杯程度飲む人であれば、1杯や2杯ぐらいでは影響がないといえます。

この辺は人によって、また体調によっても異なると思いますが、自分の中で酔っ払っているという感覚がある人は悪影響が出ている可能性が高いです。

また毎日飲んでいる人は特に注意が必要です。

飲酒を毎日してる人の6割がEDの自覚があるという実験結果もあります。

程良い飲酒であれば問題ありませんが、毎日晩酌している人は休肝日を作らないといけないですね。


お酒がセックスに与える良い影響

ただお酒はセックスにとって悪い影響ばかりではありません。

例えば男性の場合は神経が鈍くなるので早漏防止にもなり、女性の場合は胸の感度が向上すると言われており、お酒がセックスに対してプラスになる場合もあります。

酒を飲むことで精神的にも興奮状態になりますので、酔ってセックスがしたくなる効果もあります。

お酒の勢いでしてしまったとか、したくなったことがある人は多いと思います。

適量のお酒であればセックスに良い影響を与えて付き合っていくことができますので、やはり何事も適量が重要という事ですね。


お酒を飲んだ時も勃ちやすくする方法

お酒を飲んだ時でもセックスをしたいと思う人は多いですが、それであればやはり量を控える必要があります。

セックスを後にする予定があるときには、お酒をいつもの半分から7割程度に抑え、ほろ酔い位にしておくと健全な性生活を送ることができます。

また慢性的なEDに悩んでいるなら、休肝日を作り、お酒の量を減らすなどしてみると回復する可能性があります。

精力増強サプリなどで精力増強ができても、お酒で台無しになってしまう場合がありますので要注意ですね。

まだコメントは投稿されていません

名前

コメント