全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2018.02.09  需要拡大を見据え、盤石の財務基盤をベースとした設備投資増強を評価

業績は、事業拡大を見据えた設備投資や人員増による人件費など販管費の増加が見込まれるものの、売上の伸びは順調であり、事業は総じて好調に推移しています。歯科用インプラント機器

事業規模拡大に向けた設備投資を積極化していますが、下記のような盤石な財務基盤に加え、需要拡大を背景とした営業キャッシュフローも好推移していることから財務的な影響はないと思います。心電計

18/9期第1四半期末(17/12月末)の財務内容は、自己資本比率が78.4%、有利子負債が90億6500万円。およそ692億円の現金等を考慮すると実質無借金経営です。総資産の約3割を現金等が構成するキャッシュポジションの厚い盤石な財務基盤となっています。

17/9期実績ROEは10.0%。四季報では18/9期予想ROEを9.4%としています。事業の好調による利益増と、また自社株買いも実施していることから、ROEについてはさらなる改善が期待できると思います。

http://athenadental.exblog.jp/26449169/

まだコメントは投稿されていません

名前

コメント