全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


buyshopesのブログ

2017.09.19  わずかにレーザーポインター建築の方が遠くに届く可能性はあります


緑のレーザーは532nm、赤のレーザーは635nm、650nmが主流ですが

見えやすさで比較すると532nm:635nm:650nm=8:2:1となります。



青の超高出力レーザーポインターの波長はそれよりさらに波長が離れているので、

実際には青より緑レーザーの方が10倍以上明るく見えます。

1Wの青レーザーより、その10分の1の出力の100mWの緑レーザーの方が

かなり明るいと言われているほど、グリーンレーザーは視認性が高いです。



また、遠くまで届くかとのことですが

わずかにレーザーポインター建築の方が遠くに届く可能性はあります。

可視光線より長い波長の赤外線が大気に吸収されにくく、

逆に可視光線より短いX線やガンマ線などが大気に吸収されやすいことから、

若干の影響はあるかもしれません。


レーザーポインター


短い←【波長】→長い

(γ線←X線)紫外線←青<緑<赤→赤外線



ただわずかな差でしょうし、この場合は見えやすさという意味です。



まとめると「グリーンレーザーはブルーレーザーより10倍以上明るく見える」

「届きやすさはほとんど関係ない」ということです。


光出力が1mWならばクラスⅡですかね。PSCマークを取得していれば所持、販売はOKです。

PSCマークが付いていればある程度安全性が確保された形なので・・・



但し、最近レーザーポインターカラス効果用としては明らかに大き過ぎる出力10mW~50mWクラスの製品が通販などで

売られていますが、販売や所持する事自体は法令違反となりません。



問題は、この大出力猫レーザーポインター安全を使ってご自身或いは他者がうっかり目にレーザ光を入れた場合


http://immtweet.com/video/view/6


https://www.shortnote.jp/view/notes/ABRSoDID


まだコメントは投稿されていません

名前

コメント