全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


sbsdvdのブログ

2018.02.09  『同伊』 、チェ・チョロに引き続きキム・ヘソンも暴行被害

現在『同伊(トンイ)』 の受難時代だ。MBC月火ドラマ『同伊』 が、チェ・チョロ女性暴行事件と嘘に続き、キム・ヘソンが所属事務所代表から暴行された事実が知らされながら、ネットユーザーの非難の対象になった。

キム・ヘソンの暴行被害は、昨年3月元所属事務所に専属契約解約を要求する訴訟過程で起こったことが発表された。ソウル中央地裁民事合議14部は16日、キム・ヘソンが出した債務既存材確認請求訴訟で、原告一部勝訴判決を下した。裁判所は「所属事務所の代表理事のK氏は、昨年キム・ヘソンを殴って傷害を負わせるなど信頼関係を傷つけた。これに当事者は、いつでも契約を解約することができる」と明らかにした。
トンイ-同伊- DVD
http://www.osakadepo.com/DongYi16-710.html

ただし裁判所は「専属契約金は、契約上義務を誠実に履行するという意味で支給された。A社がキム・ヘソンに出演料を支給しなかったと見られないため、キム・ヘソンはA社に専属契約金2億ウォンを支給する義務がある。しかし、代表K氏が暴行して契約解約理由がA社にあるだけに、キム・ヘソンが活動費用1億5000万ウォンまで支給する義務はない」と明らかにした。

キム・ヘソンに先立ち『同伊』は、劇中出演俳優チェ・チョロの暴行でイメージが悪くなった。もちろんキム・ヘソンの場合、暴行の加害者のチェ・チョロとケースが違う。それにもかかわらず、相次ぐ出演者の物議は、『同伊』 に傷をつけることになる。ストーリーの展開とキャラクターに対する視聴者の集中度を落としてしまうためだ。最近視聴率停滞現状まで体験している『同伊』が、このような二重の苦をどのように克服するのか関心が集められている。
キム課長 DVD
http://www.stronpntes.com/韓国ドラマ-キム課長-DVD-BOX-19500.html

まだコメントは投稿されていません

名前

コメント