全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


TVドラマ紹介のブログ

2018.02.08  “コ・ヒョンジョン騒動”にもSBS『リターン』視聴率は上昇気流…17.4%

主人公がコ・ヒョンジョンが降板するという非常事態の中でも、SBSの水木ドラマ『リターン(原題)』の視聴率は上昇気流に乗っている。
トッケビ DVD

8日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、前日夜10時から放送された『リターン』の第13-14話は、それぞれ14.4%-17.4%の視聴率をマークした。

先月17日に6.7%でスタートした『リターン DVD』は、毎回視聴率が上がって話題を集め、水木ドラマ1位を強固に守っている。

7日、同時間帯に放送されたKBS2TVの『黒騎士(原題)』は8.7%、MBCの『白い巨塔』UHDリマスタリング版は2.5%-2.9%、KBS1TVの『2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック特集 ホッケードリーム奇跡の1勝に向かって』1部は5.9%だった。

『リターン』はある女性が殺害された事件に4人の富裕層の子息がかかわって広がることを描いたスリラーだ悪い奴ら2 DVD。刺激的で扇情的な話をスピーディーな展開で描いて、俳優の好演がスリルあるようにマッチして関心を集めている。

しかし、撮影初盤からコ・ヒョンジョンと製作陣の間の不和説が提起され、ついに5日にはコ・ヒョンジョンが演出者と大きく争った後、撮影現場を離脱してしまう事態まで起きた延南洞539 DVD。この過程でコ・ヒョンジョンが演出者を暴行したという説まで出てきている。

まだコメントは投稿されていません

名前

コメント