全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


TVドラマ紹介のブログ

2018.02.07  映画『原罪』、3月公開確定“真の救いとは何か”

2018年を熱く飾る問題的宗教映画『原罪(原題)』が、3月公開を確定した中で報道スチール6種を公開して注目が集まっている。
1級機密 DVD

映画『原罪』(監督:ムン・シング)は、先天的に障害を持って生まれた人々が世の中と疎通することを拒否するとすぐに彼らを救いしようとする修道女の話を通じて、真の救いとは何かに対して、人間の原罪について真剣に省察させる。
それだけが私の世界 DVD

公開された報道スチール6種は、モノクロとカラー2種類のトーンで過去と現在に区分されているコンフィデンシャル DVD。6種のスチールの中で最も目につくシーンは単独で寝ている修道女の部屋にこっそりと入って赤いルージュを修道女の顔と体に呪いを降り注ぐように落書きをするシーンがセンセーションを抱かせる。

また、てんかん病にかかったある女の子が自身に助けてほしいと手を差し出す修道女を拒否するシーンで果たして彼らの関係がどのように展開するのか気がかりにさせる。
ザキング DVD

また、小児まひに生まれた自身の境遇を悲観して、することなく酒を飲んでいるサンムンは自身を訪ねてきた修道女に同情などは必要ないと、マッコリを渡す姿も注目をひきつける。最後に白髪になった修道女が聖堂を訪ねて祈祷をする姿で彼女がなぜ再び聖堂を訪ねることになったのか、より一層見たくさせる。

同情を拒否するある家族と彼らを救いしようとするある修道女の話を描いた宗教映画『原罪』は、3月に公開される予定だ。

まだコメントは投稿されていません

名前

コメント