全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


手漕屋素潜店 ちゅらねしあのブログ

2017.10.15  メギス科メギス!


息子が釣りにはまっているのにつられて、

私も少し付き合ったりしていまして

先日はじめて魚がかかりました(笑

 

おー!これはいつも海の中で見てる奴!

食べられることは知ってるけど、いざ名前は?となると。。でてこない。。

 

 

岩陰で出たり入ったり

チラチラ、ゆらゆらと泳ぐ姿は他の魚とはちょっと違ってて

私的には少し目立つ存在でした。

 

赤いベラ

 

だと思ってました。ずっと。

探せど出てこず、やっと見つけた!

と思ったら、なんとベラではありませんでした。

 

 

スズキ目 メギス科 メギス属。

 

日本ではメギス科にこの一種のみ、だそうです。

体色バリエーションが豊富で、これだ!となるまでに時間がかかりました。

 

けど、

 

あースッキリしたゲラゲラ

 

 

息子が遠くから駆け寄り

早々と内臓処理をしてくれました。

 

家に帰ってから

塩コショウ&ニンニクでホイル蒸し焼き。

ふわふわで美味しいらしく、

1歳1ヵ月の息子もウーウー言いながら食べてました。

小さいのですぐなくなっちゃうんですが…大きくなっても20㎝ほどだそうです。

 

透き通る海の水を上から覗き込みながら

寄ってくる魚を観察できるのもまた楽しい。

旅の途中でのんびり一釣、いかがですか。

 

yuki



コメント(0)

2017.10.13  夏の思い出

うだるような夏の暑さも、

ジメジメと蒸し暑く眠れない夜も、
あれだけ嫌になっていたはざなのに、
過ぎ去ってしまえば、何だか少し心寂しい気もしますね。
もう夏が終わってしまったのかーと。

なので、今日は写真で少し夏を振り返ってみます。

{39CD3A68-0017-44E6-9454-B03B6B8CD823}

カニを捕まる為に干潟をダッシュ!

{C1086A26-B213-45FD-A500-436EB8B841F2}

キラキラと輝く青く深く濃ゆい海

{7F1C17B9-A4F5-48E3-AF21-46CE36B79864}

無事の到着を喜ぶご家族

{DB9CFD06-CA9B-4302-975F-925BA7FF01F5}

洞窟から覗く外の世界

{DACFDC4A-188A-4B1F-A650-CCD1FFE2110E}

火照った身体はカヤックごと滝へ

{0202887B-E215-4B5B-BE89-FD105F12E5D3}

飛び立つ鳥たちに想いを馳せて


見返すとたくさんいい写真がありますね。
大雨が降ったり、風に吹かれたり、暑さにやられたり、波にのまれたり、自然と遊ぶので、毎回良い天気ではありませんが、
それでもお客さんが天気が悪くても楽しもうとしてくれるお陰で、悪天候も物ともせず、思い出に残るツアーになりました。
どんな状況でも楽しもうとする気持ち、
それが自然を満喫する秘訣なのですね。

夏は終わってもまだまだこっちの海は全然泳げますので、泳ぎたい人がいましたら是非〜


りゅうせい

コメント(0)

2017.10.13  笑いあり涙あり向い風あり沈あり

ハイサイッ!

今日は久しぶりの石垣ツアーで孤島からやって参りました。

東ー北東がピューピュー吹くなかツアーへ。
安全面を考慮しつつも、お客さんにとってのチャレンジ精神をスパイスに加えたコースどり。

向い風を1時間ほど、泳ぎが得意でないのに風波たつなかシュノーケリング、そして風波で沈。

ちょっとスパイス強過ぎたかもしれませんが、脳裏に焼きつくツアーになったこと間違いなし。

普通の、のんびりまったりツアーも好きですがやっぱりガツンとしたツアーも面白い。

刺激が欲しい方是非一緒に漕ぎましょう!

運天

コメント(0)

2017.10.12  笑いあり涙あり向い風あり沈あり


ハイサイッ!

今日は久しぶりの石垣ツアーで孤島からやって参りました。
 
東ー北東がピューピュー吹くなかツアーへ。
安全面を考慮しつつも、お客さんにとってのチャレンジ精神をスパイスに加えたコースどり。
 
向い風を1時間ほど、泳ぎが得意でないのに風波たつなかシュノーケリング、そして風波で沈。
 
ちょっとスパイス強過ぎたかもしれませんが、脳裏に焼きつくツアーになったこと間違いなし。
 
普通の、のんびりまったりツアーも好きですがやっぱりガツンとしたツアーも面白い。
 
刺激が欲しい方是非一緒に漕ぎましょう!
 
運天


コメント(0)

2017.10.11  旅に出ます。


はいさい!


いきなり冬型の気圧配置になって
北風が吹き続ける石垣島です。


ゲストの希望にあわせて、ツアー催行のフィールドを考え考え…
ガイドとしては、一番、頭を使うところです。


と、そんな中ですが、
わたしくハチベエは、一旦石垣島を離れます。(月末まで)


多様な方々を海に連れ出し、漁村を訪ね歩く旅、海遍路へ。
今年で7年目。


四国1周、有明海1周、宮城県南北海岸線、神奈川県海岸線と続き、
今度は琵琶湖を1周してきます。


既に暮らしと水辺の関りが少なくなり、
便利な暮らしによって、水辺の環境が壊れていく様子は、
どこでも同じです。


琵琶湖は閉水域であるため、その影響は直接的です。


何を見れるのか、どんな方に出会えるのかは、
行ってみないとわかりませんが
感じるものがあれば、なんらかの形で還元出来ればと思っています。

 


もし近辺にお住いの方がいらしたら、
顔だしにいらしてください。
以下のような予定で動います。



1014日(土) 浜大津(琵琶湖環境科学研究センター)→ 小野地区 13km

1015日(日) 小野地区 → 比良(びわこ成蹊スポーツ大学) 12km

1016日(月) 比良 → 安曇川河口子供の国 13km

1017日(火) 安曇川河口 → マキノ(サニービーチ) 13km

1018日(水) マキノ →(竹生島)→ 奥琵琶湖スポーツの森 13km

1019日(木) スポーツの森 → 彦根(水産試験場) 15km

1020日(金) 彦根 → 東近江市愛知川河口 10km

1021日(土) 東近江市での子供カヤック教室 

1022日(日) 東近江市 →(伊庭内湖)→ 沖島 10km

1023日(月) 沖島   → 第二なぎさ公園 13km

1024日(火) 第二なぎさ公園 →(琵琶湖博物館)→浜大津 15km


八幡暁のフェイスブックで旅の様子は毎日アップする予定ですので、
興味のある方は、のぞいてみてくださいませ。
ほとんど更新しておりませんが、過去の記録はこちらで少し見られます。
https://www.facebook.com/umihenro/

では行ってきます。

はちべえ



コメント(0)

アーカイブ

最近のエントリー

最近のコメント