全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


手漕屋素潜店 ちゅらねしあのブログ

2016.03.30  シーズンイン


ニンガチカジマーイの季節もそろそろ終わり?

天気も少しずつ安定して島渡りのシーズンがやってきました!

{842CEABA-3555-419D-9155-A825C9E07EE5:01}

こちらは竹富島の沖に浮かぶ小さな砂の島。
石垣から竹富島は3キロと初めての方でも安心して渡れます!

{B86B4B48-DC28-4E7B-9301-C9729603979A:01}

今日は西表島から8キロ先にあるパナリへ。
久々のパナリブルーは最高でした。

{8FDAA6DD-F6C8-40D1-BBFE-F4142BF9C77B:01}

砂浜に打ち寄せる波。生きてるみたいです。

{AAEC0FC4-0686-4775-A6A1-9BD91044EA2C:01}

頑張って漕いで渡った先に見える景色はやっぱり格別ですね。
初めての方でもやる気次第で渡れる距離なので、ぜひチャレンジしてみてください!


そしてこの春からは新たに石垣島ツアーに半日トレッキング(山登り)と半日シャワートレッキング(沢登り)も加わります。

{1FA1B7A8-F590-4B87-9A34-390EFE616EE5:01}

断崖絶壁の頂上からは石垣ブルーが見渡せます。

{1C19E91D-6F3B-4C9F-A76C-445A7FC5AAB5:01}

高所恐怖症の方はゾクっとするかも?

{4FE59141-91C7-4FA2-A100-DF882AF1083B:01}

スリル満点の沢登り。
じゃぶじゃぶ歩いて滝を目指します。

{C971A820-06FF-4040-A96B-AFF38F0A5DD1:01}

夏は滝浴びもできますよ!
レベルに合わせてコースは選べます。
アクティブな方はひたすら沢を登るもよし!
体力には自信ないって方は沢の横にある林道を歩くもよし!
みなさまのリクエストにお答えできますので遠慮なくガイドに言ってくださいねー!

美しい島の海を育てる山や川って一体どんなだろ?ぜひみなさんに見て頂きたいと思います。

マニアックな方には日本最南端の汚染された河川もお見せしますよ笑

今年は海に山に川に島の自然を遊び尽くしましょうー!
お待ちしておりまっす!

ナンペー


コメント(0)

2016.03.28  ドナドナ

ドナドナならぬ。。。



コメント(0)

2016.03.26  西表のマングローブの森に包まれて 夏の訪れ!?


Good bye winter !!   welcome summer!?













おそらく八重山で感じられる短い春がもう終わろうとしている!?


夏の基準がイマイチ分かりませんが、
もう日中はTシャツ短パンでもOKな陽気が続きそうでもう夏ですかね
ちょっと気が早いですかね

結局今年度を振り返ると、パンツと靴下を履いた回数は数えられるほどでした。



さて春の陽射しが零れるマングローブの森は
最高の癒やしの空間です。


鳥のさえずりがさらに癒やしを深め

あーーーこのまま寝てたい

帰りたくなーーーい


というお客さんたちの声聞くたびに自分は贅沢な環境にいることを実感する。



西表のマングローブに包まれながら春を感じる
最高です







キビー




コメント(0)

2016.03.24  Explore Okinawa Ocean: Kayak interview


昨年ちゅらねしあの代表
やはたさとるが受けた取材の
外国の方向けに西表島の魅力を紹介する動画です。

とても良く作って頂いていますので
こちらでも紹介させていただきたいと思います!



コメント(0)

2016.03.16  沖縄アーサー ~そして季節のバトンはモズクへとバトンタッチ~


4年前の今の時期、
沖縄本島にて

浅瀬で何やら2人のおばぁが、何かを集めてるようだ

近づいて「何してるんですかー」
っと聞いてみると、
アーサーを採っていたことがわかる

すぐさま自分も真似をし、アーサーを採り、すぐに口に放り込んでみた


「うまーーーい!!」


なんてことない、ただの海草だったのだが
あの時のうまさっというのは、今でも忘れられない


濃厚な磯の香りに、程よく塩っぱい沖縄の海の味
何より、自然界にあるものを、直接口に放り込むという行為に、当時感動した。


お金という紙幣を介すと、人は時に傲慢になるうえ、
自然からの恩恵を頂いてるという実感が鈍くなってしまう......
なーーんってことは、後付けで当時は一丁前に考えたりもしたが、


自然界にあるものを直接、口に放り込む
「あーー自然の恩恵だーー
生かされてるぜーー」
っとそのシンプルな行為が当時は非常に新鮮で感動したのだろう


また
社会人なりたて、初給料を頂いたとき、みなこの社会で生きる自信というものを感じた人はいるのではないかと思うが、

自分は給料ではなく、アーサーを食べたとき、生きてけるぜ
という自信をも当時感じたことが

さらにアーサーの味を引き立てたのかもしれない。



さて、

早く魚突きがうまくなりたい今日この頃。

まさか4年後の今もアーサー採りしてるとは夢にも思わなかった。




アーサー大量大量!

夏のツアー分のアーサーは確保しました!!


砂が多少入ってるかもしれませんが
ご愛嬌!!悪しからず!!
いやーーしっかし砂とりと乾燥
採ってからの処理がちょっと難儀でした




スープにソバのお供に
とにかく上手いです!



どうぞツアーでご賞味あれ!!





さー次はモズクだぞーー

モズク採りカヤックツアーも近日開催ですよーー




キビー






コメント(0)

アーカイブ

最近のエントリー

最近のコメント