全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


手漕屋素潜店 ちゅらねしあのブログ

2016.11.18  いざり

はいさい!

ここ数日は晴天が続きまたまた黒く焼けてきました。
旅行に来られた皆さんも日焼け対策気をつけましょう!

そして、今日はいざりの話。
いざりとは、漁り(いさり)のこと。沖縄の言葉は古い日本の言葉を今でも使ってるものが多いです。いざりもその一つ。漁りの古い読み方です!
とは言え、濁点がついただけです。

この時期の夜の大潮はすごく引きます、遠浅の海で潮の引いた時間に貝やタコ、カニ、魚を獲ることをいざりと呼んでいます。

前からいざりは好きでしたが、今年は本格的にハマってしまい大潮前後は寝れないほど忙しくなります。
日中はツアーでマングローブへ、夕飯を食べてすぐ寝て0時頃に起きてまたまたマングローブへ。

オフシーズンなのにシーズン並みに忙しくて痩せてきました。笑
{A33F6C0B-5B6A-4FE8-BC68-CE16DBE32239}

{E92D787B-2DEA-4BA2-803A-9C3C3A5DD971}

こんなのが獲れます。
カニに関してはプロの域に達しそうです。

{424BA726-AC98-4234-AC85-CF7C144CCD89}

とった獲物でこんな贅沢も。

沖縄に住んでる醍醐味です!!

小浜島の日中のマングローブ散策ツアーでもたまーにタコが獲れます。(日中は基本は巣穴に潜んでます)
その時は是非踊り食いしてください。

うんてん

コメント(0)

2016.11.17  旅のススメ


ミシュラン三つ星の川平湾


{9195B5AA-191E-41BE-B1C1-18A1B6A4A474}

{1A744B77-383C-40F8-B69C-ED67F2F5D598}

アダンとカヤック、無人島感がハンパないね

{85F4EDB9-87DB-43FF-AF30-E1175DE7DD0C}

{61017732-A84A-489A-A477-BEC6F1550B15}

観光だけだと陸から湾を眺めて「わー綺麗〜」で終了です。
本当の川平は点在する小島の水路をカヤックで抜けたり、湾の外に出てシュノーケルしたりが最大の魅力です。

車やバス観光にグラスボート。
今までの観光ツアーはもうおしまい。
本当の自然の魅力を感じたければ実際体を使って自然の中に飛び込むしかないと思います。

五感を使うことこそ、最大の実感を生むのです。

ぜひ観光に終わらず一歩先の世界を覗いてみてはいかがでしょう!

{2AB87F12-7E40-4743-94F1-AB70A9262239}

ナンペー


コメント(0)

2016.11.14  2016/11/14


11月から始まった小浜島マングローブカヤック。

マングローブ域は遠浅のため、満潮時間に合わせてツアーを催行してます。
ここ数日は夕方満潮だったので夕暮れ時のマングローブへ。

{8A769A3A-F751-4842-9DAC-6A063F84024D}

今日は風もなく鏡のような水面にマングローブの木々が映ります。

{47E8730F-4555-4381-B6C4-30F8F6C456AE}

なんとも神秘的な光景。

{A32B2E2A-4B33-430B-A19A-9996F18018AE}

写真を上下逆さにしてもわからないほどフラットな海面。
そしていよいよサンセットタイム。

{CA06DF85-5FC8-4FA0-B5C6-C4199351C6DE}

{F30C5B0D-2A02-46E2-B538-3564042DB3EC}

あまりの美しさに言葉がでません

{2C372C42-6115-4C9D-80E8-049CE8A9CDB2}

{0D30F5A7-5BED-49B5-AA74-0A3DECA2CEA5}

夕日が沈んだ後が今日一の景色。

{5B5C8C48-73AC-422B-9644-73E1FDAD401B}

これ以上の景色は見れない!というほど、全ての条件が揃ったスーパーサンセットでした。

厳しい海も優しい海も晴れの日も雨の日も風の日も、、色んな八重山の海を6シーズン漕いできました。結構大変な海もありました笑

が、どの海も順位はつけられないほど、脳裏に焼きつく貴重な経験を積むことができました。

何年やっても海は好きだし、この仕事も大好きだなーって感じれた至福のひと時だったのでした。というオチのないお話ですが、なんだかホッコリした気持ちになれました。

参加して頂いたお客様にもどんな天候でもどんなフィールドでも「今生きてる!最高!」と感じてもらえれるようなガイドになりたいものですね。

長々と失礼しました!
ってことで小浜島マングローブ最高です!

ナンペー


コメント(0)

2016.11.10  小浜島 マングローブカヤック & 散策ツアー 始まりました!

はいさい!

大変ご無沙汰の運天です。

夏季のシーズンも終わり、冬季のツアーも始まっています。

今年は魚突きにチカラを入れて時間が空いた時にちょこちょこ海に潜りに行ってました。
その成果もあり、西表エクスペディションでは憧れのアカジンもゲットしました!!
{BD0DE6E7-4458-44F3-8623-1E3888FD91F7}

{9697D8D7-5345-455A-AB1A-43F2DC1FCBB2}

ボロボロで水が入って重くなった安い銛で仕留めたのでので喜びはひとしおでした。

最近はというと、小浜島の冬季マングローブツアーのさらなる飛躍のために、より深くマングローブを知るため歩き回ってます。
{A418B6A9-0D83-4938-BAA1-A5ABB075DAA6}

{5580666F-2AFE-40E6-8F3B-80492511789B}

{7BDF4659-3FCA-4A7A-8ECD-DFDA6078112E}

朝日より早く暗闇のマングローブを歩いたり、干満で差があるか歩いたり、より深みを歩いて新しい道を見つけたりと、、

すると、こんなオマケもついてきます
{DF56C19E-5F24-4A65-87DF-F75691E09509}

早起きは三文の徳とはこのことか!?
カニやらタコが落ちてます。

稀にソフトシェルクラブもゲット出来ます

コメント(0)

2016.11.01  ご報告


すっかりご無沙汰してますナンペーです。


10月末から大陸からの北風が連日吹き始め、一気に肌寒くなりました。
それでもまだまだ水温は高いので天気が良ければ裸で泳げますよ。

{B3CEDBC1-7893-4A41-AD2F-CB9AE84D0396}

{ECB9B459-B9B0-45FC-B7C5-87CF8E9927D1}

{01BE959C-413E-447E-B660-5300024AE800}

5シーズン目となる小浜島の海ツアーも昨日で無事終了。
今年もたくさんの方々に石西礁湖の青を渡ってもらえました!

{248679CB-E55A-4ADA-BDDE-E3D1B96E75E8}

{43C62F66-A520-4AED-B18E-642C3E8F8ED8}

7.8月は台風もなく本当に穏やかな日が続き毎日遊びまくりでした。その代償として水温の上昇で多くのサンゴが目の前で白化し死滅していく姿もこの目で見ました。

常に自然は動き変化するもので人間もその変化に対応するしかない。
なにもできない自分にもどかしさも感じますが、また数年後カラフルなサンゴが復活することを祈るばかりです。


そして私事ではありますが、今年は三十路ということもあり自分の人生に変化を与える決断をしましたので報告させてください。

まず1つ目は「結婚」
自分でも驚いてますが笑、30すぎると先のことも考えだす歳頃。
4年間支えてくれたパートナーと一生を歩む決断をしました。

{375E7787-03DA-42D5-B456-280B5351BE64}

先日の結婚パーティーは2人に出会ってくれた方々を招待しておもてなし。
こちらの写真はちゅらメンバーとその家族。
石垣島に移住して1番長い時間を過ごした大切な仲間です。
自分を奮い立たせてくれた仲間に感謝以外の言葉はありません。

{2C483C78-BC1F-4ABA-B9EA-5AECB3628AE2}

{9E5F56AF-30B9-4629-B7A4-960D093734F0}

6年という月日で運よくたくさんの仲間とこの地で繋がることができました。
このパーティーに協力してくれた仲間達にも感謝です。

{11F0741A-8C70-4274-87AA-478EABD9CAF1}


そして2つ目は「卒業」
今年の12月で6シーズン過ごしたちゅらねしあを卒業し石垣から撤収、地元三重県の伊勢に帰ることにしました。
居心地が良すぎて危うく石垣に永住しそうになりましたが、地元には大切な家族が帰りを待ってます。
そろそろ修行を終えて地元で夫婦力をあわせて、一からお店を始めます。

{F99A4F2F-9C75-45FB-8802-B326A5439FE0}


OUTING(お出かけ)×ISESHIMA=
OUTISE(アウティーズ)

カヤック&SUPを使って誰もが気軽にお出かけ感覚で自然に遊びに行けるお店をまずは目指します。
もちろん少し本格的に島渡りツアーも検討中です。金がないのでリジット艇買えないかもですが笑

すっかり忘れていたのですが、当初ちゅらねしあの門を叩いた時に八幡さんに言ったのは、「石垣で海の勉強をしてゆくゆくは地元に帰ってお店をやりたい」だったのでした。
またもや居心地がよすぎて、すっかりこのセリフを忘れてましたが、6年目に入る頃にようやく思い出せました。


せっかくちゅらねしあという素晴らしいお店が八重山にあるのに、自分が同じフィールドで独立してもなんかつまらない気がしました。
それなら地元に戻って、ちゅらねしあで学んだ知恵や知識を家族や仲間に伝えた方が広がりがあって面白いはず。
 
カヤッカーにとって「伊勢」と言えば誰もが知る有名なフィールド、逆にカヤッカー以外の大半の人は「カヤックなんてできるの?」って感じのフィールド。
楽な道ではないですがやると決めたらやらないと気がすまないので、とりあえず挑戦してきます。

特に自分はカヤッカーという意識もなく楽しいことはなんでもやりたい人間なので、カヤックにとらわれず、地元民ならではの繋がりで漁師さんや海女さん、同級生たちと他にも面白いことができそうな気はしてます。

あくまでカヤックは自然に入る切り口の1つとして、色んなことに挑戦して周りの人達、家族と笑いながら過ごせたらいいと思ってます。

はたしてそれがビジネスになるかは不明なので、とりあえず帰ったら皿洗いのバイト探しから始めます笑

ここちゅらねしあで6年ガイドしたプライドをどれだけ捨てて泥臭く生きていけるかが、今後の1番の課題となりそうです。

ということで今年は決断の一年になりました。

{F996CEA4-4923-4DFF-8654-46DFC7B7AE84}

そして
ちゅらねしあは大丈夫か?とお思いのアナタ。
自分が抜けても自分より優秀なガイドが残るので全く問題ありません!
今まで通り、いや逆に自分がいないことでもっと素晴らしいお店になります。
なので来年からもじゃんじゃん遊びにいらしてください!

あと2ヶ月弱ですが、来て頂いたみなさまに最高の体験をして頂けるよう、最後まで楽しみながら仕事させていただきます。

宜しくお願いします。

{9128E3DF-D1FB-4F3B-8230-E0704D8C52B6}



ナンペー


コメント(0)

アーカイブ

最近のエントリー

最近のコメント