全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


手漕屋素潜店 ちゅらねしあのブログ

2014.01.31  島を離れて


どーもすっかりご無沙汰ナンペーです。
10日間程島を離れ東京マングローブと故郷三重に行ってきました。
お客さんの多くは街から来れる方が多く、あの街の中でみなさんはどんな風に考え生活をしているのか、どんな想いで八重山に来てくださっているのかを体感してきたのでした。
結果滞在中、人ごみに揉まれ自分を見失いそうになりました。笑
空を見上げる余裕なんて全くなく、人にぶつからないように必死で前を向いて避けていました。。。いやぁ久しぶりに行くと良い勉強になります。

して、あんなに寒かった内地から島へ戻ると25℃の夏日。
しかも1月では考えられない無風。3年間住んでいてこんな穏やかな1月は記憶にありません。


そして浅瀬にはアーサー。



水温も高くウエット来ていれば全く寒くありません!



いやはや、街と島のギャップ恐るべし。。ここは楽園です。
3年間住んでいるとキレイな海も当たり前に見え始めてくる時もあります、たまには外へ出て色々な場所を見ることってやはり大切なのですね。
東京にもきっとどこにも負けない素晴らしい自然があるのでしょうね、次はそんな事を見つけに行けるような旅にしようと思います。

ナンペー



コメント(0)

2014.01.31  2月15日、16日




2月15日、16日にNHKワールドで瀬戸内海を紹介する番組があります。

国内でも、PC
スマホ、タブレットのアプリを使って見られるそうです。

ちなみに番頭は15日のEAST編らしいです。
6回放送されるそうですが、初回放送は日本時間で9:10です。

鳴門を進む番頭。
ぜひご覧ください~(^^

番組告知でしたやぎ座

コメント(0)

2014.01.30  狩猟女子への道 その1

「よつんばになるべし!」



これまで山に入ってイノシシが土を掘った跡は何度か見てたものの、
罠をかけるとなると、まずイノシシが通る道を見極めることが必須!

そう!

ケモノ道。

初めての私は、先輩について歩いてくのですが、
その入った山も人道というか、道はなく、
(いえ、私がわからなかっただけで、先輩に道は見えてます 笑 )
ホント山に埋れていくーって感じです。

先輩に遅れないように必死についていきます。
はぐれたら最後、迷い子間違いなし。
私が獲られます。笑

先輩
「ここイノシシ通ってるなー。」

「ここ…?? そーですねー、そーなんですねー…?」

先輩の師匠曰く、
「四つん這いになって獣の気持ちになれば、自ずと道は見える。」

私、四つん這い。

うわー!!!
ホントに道がある!

さっきまで二足歩行で上から見てた景色と全くもって違って、
道というか、空間がありました。

マーニの葉や草が生い茂ってる中に
透明なトンネルのようなモノが見えたんです。

ケモノ空間。←私が勝手に命名。

それからはもう、
私の頭の中でイノシシがココを歩いて、土掘ったり、食べ物探してたり、モゾモゾしてたり…と
一気に妄想というか(笑)、想像が膨らみます!!!

頭の中でイノシシが山で生きているイメージが鮮明に湧き上がってきます!!!



あー、これだけで

とっても楽しいー!!!!



その2につづく…。


西表学校1年生
ともすけフグ



コメント(0)

2014.01.29  日焼けしちゃうよー


いやー、最近とても天気のいい小浜島です。
高気圧さまに感謝です!!

今日もカヤック初めての家族とマングローブへ。
とても初めてとは思えないスピードで漕いでいました。


冬の晴れた日は暑すぎず寒くなくとても心地がいいんですよねー


夕陽を浴びてみなさんいい笑顔です。



あれ?息子君にはちょっと眩しすぎたかな?

今度はもう少し大きくなって一緒に漕ごうねー

うんてん



Android携帯からの投稿

コメント(0)

2014.01.27  初!仲間川!!

はいさい!
昨日は西表でYogoさんのツアーにひっそり参加してきました。




いつもと違うフィールドが新鮮で刺激的でした!


4才の男の子に船長になってもらい、ぶつかるぞー!!と何回も指示されながら漕がせてもらいました!笑

ツアー後は1人で仲間川へ。
どこまでも続く奥深い森の中をとりつかれたかのようにフル漕ぎしていくと、、、


1時間弱で源流に着いちゃいました!
源流近くは水も綺麗で澄んでいました。

今度はこの沢を登っていきたいなと密かに計画中。

うんてん



Android携帯からの投稿

コメント(0)

アーカイブ

最近のエントリー

最近のコメント