全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.08.11  スイスフラン安観測、国内輸出企業に恩恵

[チューリヒ 7日 ロイター] - スイスフランは経済、金融、テクニカル要因から対ユーロで当面下落を続けるとみられる中、同国の輸出企業が恩恵を受けるとの期待が高まっている。歯科用インプラント機器

フランは7月以降、対ユーロで約5%下落。スイス国立銀行(中央銀行、SNB)が2015年1月にフランの対ユーロ上限を撤廃して以来の安値圏で推移しており、上限撤廃以降利益が減少していた輸出業者はこの流れを歓迎した。

同国の研削盤メーカー、アガトンのミヒャエル・マークル最高経営責任者(CEO)は「当社を含め、すべての輸出業者にとって非常に良いニュースだ」と述べ、「今後もこの動きが続き、継続可能であることを祈ろう。当社の売上高は50%前後がユーロ建てであり、フラン安は非常に有利に働く」と述べた。心電計

クレディ・スイスによると、ユーロ建て売上高の多い企業としては衛生機器大手ゲベリット(GEBN.S)、歯科インプラントのシュトラウマン(STMN.S)などが挙げられるという。

7日、ユーロ/フランEURCHF=は1ユーロ=1.1472フランと、7月初めの1.0942フランから下落した。4月は1.0700フラン近辺で推移していた。

状況的なデータは、ユーロ高・フラン安局面が終わっていないことを示唆している。

スイスの政策金利は世界でも最も低い部類に入り、中銀預金金利はマイナス0.75%、3カ月物LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の誘導目標はマイナス1.25─マイナス0.25%だ。海外の主要中銀とは異なり、SNBは今後もフランの上昇圧力を軽減するため、超緩和的金融政策を維持するとみられる。

http://athenadental.exblog.jp/25257064/

コメント(0)

2017.08.10  アルツハイマー 歯周病が誘発 九大、関与の酵素特定

 歯周病がアルツハイマー病を誘発するメカニズムを、九州大大学院歯学研究院の武洲(たけひろ)・准教授(神経免疫学)の研究グループが解明し、関与している酵素を特定した。歯周病とアルツハイマー病の相関関係は近年、患者の状況や脳の解剖から指摘されているが、どういった過程をたどるのかは未解明だった。酵素の働きを止める薬や食品を開発できれば、アルツハイマー病の発症や症状悪化を食い止められる可能性がある。歯科用インプラント機器

 6月中旬、オランダの科学誌電子版に研究成果を発表した。

 先行研究で、アルツハイマー病患者の脳から歯周病の原因菌「ジンジバリス菌」が見つかっている。グループはマウスにこの菌を毎日少量ずつ5週間にわたって投与して歯周病状態にしたところ、投与していないマウスに比べて認知機能が低下。脳内にアルツハイマー病特有の炎症や老人斑が認められた。心電計

 さらに、投与したマウスの脳内で「カテプシンB」と呼ばれる酵素が増大していることに着目。遺伝子操作でカテプシンBをあらかじめ欠損させたマウスに菌を投与すると、認知機能低下などアルツハイマー病特有の症状や脳炎症などは起こらなかった。

 培養皿上でもこうした過程の再現に成功。カテプシンBが脳内での炎症作用を促す一方、老人斑の生成にも関わっていることを突き止めた。

 グループは、カテプシンBの働きを阻害する食品の開発に向け研究を始めている。武准教授は「食品や薬の開発には長い年月がかかる。まずは若いうちから口腔(こうくう)ケアをして歯周病を予防することが、アルツハイマー病予防にもつながる」と話している。

http://athenadental.exblog.jp/25247424/

コメント(0)

2017.08.09  治療費が気になります

 区内で「すだ歯科医院」と「アークデンタルクリニック新横浜」を運営する『(医社)翔栄会』の須田孝則理事長に、やはり気になるインプラントの治療費について聞いた。歯科用インプラント機器

 一言でインプラント治療といっても、インプラントはパーツごとに費用がかかり、特に被せもの(人工歯)には様々な材質のものがあるため、何を選ぶかによって総費用は変わってくる。CT撮影や術前の精密検査等にも費用がかかるが、検査費、手術費、人工歯などと細かく分けて費用を設定している医院もあれば、全て込みの料金を提示するところもある。心電計

 同院では、精密検査や手術料、骨造成、上部構造物(人工歯)など細かい項目に分けて費用を設定し、ホームページ上でも公開している。事前の治療相談は無料で受け付けている。

 「インプラント治療は、その後の人生に関わる重要なもの。最近では安いインプラントも出回っていますが、より納得して治療を進めることが大切なので、実績もチェックしながら医院を選ぶと良いでしょう。当院では相談は無料ですので、気軽にお問い合わせください」と須田理事長は話している。

 なお、同院では、インプラントはもちろん、診療全般についての訪問診療にも力を入れている。

http://athenadental.exblog.jp/25235676/

コメント(0)

2017.08.08  食後……用法の中で最も多い指示は「食後」でしょう

普通は食事の30分後ぐらいのことです。胃の中にまだまだ食べたものが多くある状態で、この場合は薬は比較的ゆっくりと吸収されます。後述の「食直後」ほどではありませんが、胃を荒らすことも少ないのです。内服薬の多くが食後服用と指示されるのは、胃を荒らしにくいということに加え、食事の時間と薬の服用時間をリンクさせて薬の飲み忘れを少なくするためです。「ご飯を食べたら薬を飲む習慣をつける」という感じです。歯科用インプラント機器

ただし、ここでいう30分とはあくまで目安で、正確に30分である必要はありません。忘れにくくするため、「食直後」に薬を飲んでもかまいません。また、一日3回飲む薬であれば、実際に食事を3回しなくても普段食事をするような時間に3回飲んでください。心電計

食直後……食事をして(ほとんど間をおかず)すぐ後のこと。胃の中に食べたものが最も多くある状態です。食後30分に服用と指示されている薬でも、胃を荒らすことがあれば薬の吸収は少し遅くなりますが、さらに胃を荒らしにくい食直後に飲んでもかまいません。

http://athenadental.exblog.jp/25220608/

コメント(0)

2017.08.07  歯科医の医療ミスで慰謝料の請求は可能か?

先日、歯科検診の際に昔歯科矯正をしていた際の接着剤が付いているということでそれを除去することとなりました。歯科用インプラント機器

前歯4本に接着剤の残りがあり、この4本に付いた接着剤を削って落とすという内容でしたが、施術を終えた後、この前歯4本を必要以上に削られている違和感が残りました。

また内2本にはひどい痛みがあり、約1ヶ月後他の歯科医に行ったところ歯髄炎になっていることが判明し神経を抜くこととなりました。心電計

そこの歯科医で経緯を話したところ、通常のケースだと歯髄炎というのは酷い虫歯の場合の時等になる症状のようですが、歯を必要以上に削りすぎて神経を刺激した為このような症状になったということでした。

今後、おそらく差し歯等にしなくてはならない為医療費等も含め慰謝料を請求することは可能でしょうか。

ちなみに歯を削った歯科医でも検診の際にレントゲンを撮っており虫歯がないことは確認済みです。

http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=28474

コメント(0)