全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2018.01.05  平幕宝富士が9月に結婚 24歳の歯科助手と

 大相撲の平幕宝富士(30)=本名杉山大輔、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、東京都江東区の同部屋で記者会見し、千葉県市川市出身の歯科助手、英莉乃さん(24)=旧姓田中=と9月11日に結婚したことを発表した。宝富士は「これ以上、すてきな女性は現れないと思った。さらに上を目指して頑張っていきたい」と笑みを見せた。歯科用インプラント機器

 2年前の食事会で出会って宝富士が一目ぼれし、ほどなくして交際が始まった。何よりの支えとなり、その後に関脇にも昇進した。「とても明るい方でしっかりしている。女神さまですね」と、のろけた。心電計

 英莉乃さんは「誠実で真面目な方。料理ももっと勉強して安らげる家庭をつくりたい」と話した。挙式披露宴は未定。

http://athenadental.exblog.jp/26294766/

コメント(0)

2018.01.03  サンスターと富士通、IoTとクラウドのコラボで予防歯科を啓発

 さる12月25日(月)、富士通汐留本社(東京都)において、サンスターグループオーラルケアカンパニー(以下、サンスター)と富士通株式会社による記者発表会が開催された。本発表会は、サンスターと富士通が、IoTスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と富士通の歯科医院向けクラウドサービスを連携させた先進予防歯科サービスを同日から販売、2018年1月31日より提供を開始するにあたり、メディア向けに開催したもの。歯科用インプラント機器

 本サービスは、サンスターのIoTスマートハブラシに蓄積された毎日の歯みがき情報と、富士通の歯科医院向けクラウドサービスに集約された歯科医院での患者さんの口腔情報(口腔内写真やレントゲン写真など)を連動させるもの。これにより、患者さんの日々のホームケアの状況が"見える化"されることで、プロフェッショナルケアを行う歯科医師や歯科衛生士はより効果的な歯科保健指導が可能になり、また患者さんの積極的な予防歯科の行動変容を促進させるツールとして継続的なホームケアが可能となる。心電計

 開会後、本サービスを先行導入した予防歯科領域で著名な熊谷 崇氏(山形県開業)による講演「口腔から全身の健康へ向けた先進的な取り組み」に引き続き、淡島史浩氏(サンスターグループオーラルケアカンパニーマーケティング部統括部長)と山田直樹氏(富士通第二ヘルスケアソリューション事業本部ビジネス戦略統括部新ビジネス推進室室長)より、サービス概要について説明がなされた。

 現在、すでに約50の予防型歯科医院(http://www.c-gear.net/で検索可能)で利用されており、両社は2020年までに約500の歯科医院へのサービス導入を目指すとのこと。

 口腔の健康と全身の健康の関係性が注目され、国民の予防歯科への関心が高まるなか、オーラルヘルスケア分野におけるグローバル企業のサンスターと国内ITサービス市場の最大手の富士通がタッグを組んだ本サービスは、予防歯科のさらなる普及につながることが期待される。今後の展開に注目したい。

http://athenadental.exblog.jp/26279544/

コメント(0)

2017.12.29  虫歯の子、30年で半減 兵庫県内

 兵庫県内の幼稚園から高校3年生までで、虫歯がある子どもの割合(処置完了者を含む)はこの30年ほどで半減し、いずれも全国平均を下回ったことが22日、文部科学省の2017年度学校保健統計調査で分かった。永久歯が生えそろう12歳の1人当たり平均虫歯数も、0・7本と過去最少となった。歯科用インプラント機器

 県によると、虫歯のある子どもの割合は、幼稚園で31・6%と、全国(35・45%)を4ポイント近く下回ったのをはじめ、小学校46・1%▽中学校36・2%▽高校46・7%−と、いずれも全国を1ポイント程度下回った。1990年度は70〜90%あり、ほぼ半減した=グラフ。心電計

 県健康増進課は「かつては『乳歯の虫歯は放っておいて大丈夫』という感覚だったが、現在は乳幼児健診から歯磨き指導があり、親の虫歯菌がうつるため口移しはしないなど意識が徹底された」と評価。一方、未処置歯のある子どもは幼稚園で19・0%、小学校21・6%、中学校13・1%、高校19・5%だった。同課によると、虫歯の子どもが減る一方で、歯医者にかかる時間やお金がないなど事情を抱える子どももおり、二極化が鮮明になっている。

 ほかに、性別や年齢、身長別の標準体重から肥満度が20%以上の子どもの割合は、ほとんどの年齢で全国を下回った。特に17歳は4・97%と、全国(9・34%)を4・37ポイント下回り、“兵庫っ子”のやせ形傾向が続いていることも明らかになった。

http://athenadental.exblog.jp/26275953/

コメント(0)

2017.12.28  「地域活動にも積極的」がPPKの必須条件

日本では多くの人が誤解しているのがコレステロール値の評価です。高コレステロール群と低コレステロール群では、明らかに前者のほうが長生きです。コレステロールはビタミンDや細胞膜、がん免疫細胞の材料であり、体の中で重要な役割を担っています。その一方、コレステロールを下げる薬の服用により死亡率が高まることが証明されています。歯科用インプラント機器

環境や住居も健康長寿に大きな影響を与えます。都市部よりも長野県のような地方で平均寿命が長いのは、水や空気がきれいだというのも理由のひとつ。夏になるとホタルが乱舞するなど、多様な生物が生きられるところでは、人間も長生き。考えてみたら当たり前のことなのです。心電計

日本では毎年約1万7000人がヒートショックで亡くなっていますが、風呂場が寒すぎるなど家の中の温度較差が原因です。これは住宅の断熱・気密性能を向上させる無垢材の活用で改善します。また、クロス張りの壁を珪藻土や土壁に変えればホルムアルデヒドなどの害がなくなり、湿度調整もうまくいくため睡眠の質が高まります。こうした住環境の良質化もPPKのためにはぜひ取り組みたいポイントです。

そして、忘れてはならないのが心の健康。年をとっても生きがいを持ち、地域や趣味の活動にも積極的に参加しているというのはPPKの人の特徴であり、必須条件だともいえます。65歳を過ぎても生きがいを持って働くというのも、要介護にならないための賢明な選択だといっていいでしょう。

コメント(0)

2017.12.22  介護や医療に依存せずに暮らせる健康寿命を延ばしていく上で、最大の阻害要因が認知症だといわれている

「簡単に言うと、体と頭の問題。体と頭は双方向性に影響し合う。一般的には加齢とともに体が動かなり、認知機能が低下して認知症になると思われているが、認知機能が低下すると、体を動かさなくなり、人との交流も減って体が動かなくなる。頭が衰えると体も衰える。認知症というのは、やる気とか意欲がなくなる病だと考えている」 歯科用オイルレス


 --認知症の研究が進んでいるが、予防や改善は可能なのか

 「単純には言えないが、予備軍つまり発症する前の軽度認知症(MCI)になっても、元に戻れる人、『リバーター』がいるということは分かってきた。研究によって14~44%、平均すると20%くらいは戻れる。これにはエビデンス(科学的根拠)がある」

 --認知症の発症や進行を予防する効果的な方法は

 「どんな病気でも予防方法は3つ。運動、休養、栄養だ。認知症の場合は、これに知的刺激や社会交流が加わる」

 --やはり運動は効果がある レジン材料


 「運動すると、高齢者の場合、神経が再生するといわれている。(老化などで機能を失った神経が回復する)神経可塑性に結びついているので、認知症予防の面で優れているといわれている。心の問題も大きい。心で運動すると念じても、体は付いてこない。まずは何でもいいから体を動かすことを始めれば、心が付いてきて前向きになる。心より体が先で、『心(しん)身(しん)』ではなく『身(み)心(こころ)』だ。やる気を取り戻す点でも運動の効果は大きい」

http://athena.kyo2.jp/e519347.html

コメント(0)