全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2018.03.01  低亜鉛血症で金属アレルギーが増悪化する可能性-東北大

医療機器からのニッケルイオンによる炎症反応も問題に
東北大学は2月22日、ニッケルイオンにより誘発される炎症細胞の活性化が、生理的濃度の亜鉛イオンにより抑制されることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院薬学研究科の平澤典保教授、加齢医学研究所の小笠原康悦教授らの研究グループによるもの。研究成果は「Scientific Reports」に掲載されている。歯科用インプラント機器

近年、金属イオン、特にニッケルに対するアレルギー反応をしめす金属アレルギーの患者が増加している。また、ステントなどのニッケルを含有する医療機器を体内に設置する機会が増加し、医療機器から溶出するニッケルイオンによる炎症反応、アレルギー反応の誘発も問題となっているが、その抑制方法は確立されていなかった。心電計

細胞内ニッケル濃度の増加とともにIL-8の産生が増加
今回の研究では、ヒト単球系細胞株THP-1において、細胞内に取り込まれたニッケルイオン量を誘導結合プラズマ質量分析計により精密に測定し、インターロイキン-8(IL-8)の産生を指標として、炎症性細胞の活性化を評価。その結果、細胞内ニッケル濃度の増加とともに、IL-8の産生が増加することが確認されたという。

さらに、各種金属イオンの存在下でニッケルイオンを刺激したところ、低濃度の亜鉛イオンがニッケルイオンの取り込みとIL-8の産生をともに抑制することを見出したという。また、マウス背部皮下にニッケル金属を埋入することにより、溶出したニッケルによる炎症反応を評価したところ、コントロールマウスに比べて、低亜鉛状態のマウスにおいて強い反応が誘発されることが明らかとなった。

これらの結果は、生理的濃度の亜鉛イオンがニッケルイオンによる炎症反応に抑制的に作用していることを示している。研究グループは、この研究成果について、「近年、日本人に増大している低亜鉛血症患者の、ニッケルアレルギーが増悪化しやすいことを示唆し、注意を喚起するもの」と述べている。

https://athenadental.exblog.jp/26511694/

コメント(0)

2018.02.23  「国」や「がん種」によって「5年生存率」に格差が

 だが、国やがん種によって生存率には格差があった。たとえば、2010~2014年に「乳がん」と診断された女性の5年生存率は、米国やオーストラリアが90%であるのに対して、インドでは66%と低かった。歯科用インプラント機器

 さらに、生存率の格差が目立ったのは「小児の脳腫瘍」で、その5年生存率はスウェーデンやデンマークが約80%だったのに対して、メキシコやブラジルでは40%未満と、2倍以上の開きがあった。心電計

 また「小児の急性リンパ性白血病(ALL)」の5年生存率も、米国やカナダ、欧州9カ国では90%を超えていたが、中国やメキシコ、エクアドルでは60%を下回っていた。

「致死率が高いがん」は全世界で死亡率は高いが、一方で「改善の兆し」も
 一方、「肝がん」や「肺がん」などの致死率が高いがんについては、高所得国でも低所得国でも死亡率は高かったが、一部の地域では「改善の兆し」があった。

 たとえば、1995年から2014年までに「肝がん」の5年生存率は、韓国で11%から27%に、スウェーデンで5%から17%に、ポルトガルで8%から19%に、ノルウェーで6%から19%に上昇。さらに、「肺がん」の5年生存率も同期間に21カ国で上昇し、特に中国が8%から20%、日本が23%から33%、韓国が10%から25%と向上した。

 論文の著者の一人で英ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院のMichel Coleman氏は「がんに対する人々の意識は高まっており、がんに関連するサービスや治療も向上したが、依然として年間10万人以上の小児ががんによって命を落としている。小児がんの生存率を向上させるためには、各国の医療サービスの費用対効果について信頼性の高いデータを収集し、小児がん対策の効果を比較検討する必要がある」と強調している。

http://athenadental.exblog.jp/26461464/

コメント(0)

2018.02.12  グルタチオン代謝を還元型グルタチオン優位に変化

今回、研究グループは、独自に開発したNASHモデルマウスを用いて、カナグリフロジンのNASHおよびNASH肝がんに対する予防効果を検討。NASHモデルマウスにカナグリフロジンを経口的に投与することで、脂肪肝、NASHおよびNASH肝がんの発症を遅延・抑制することを見出したという。さらに、カナグリフロジンは、NASHモデルマウスの脂肪組織におけるグルタチオン代謝を還元型グルタチオン優位に変化させ、脂肪組織のエネルギー蓄積能を増加させることを明らかにしたとしている。歯科用インプラント機器

今回の研究により、脂肪肝からNASHを経たNASH肝がんの発症を既存の糖尿病治療薬で遅延・予防できることが明らかになった。さらに、腎臓からのグルコースの尿中排出の結果、脂肪組織のエネルギー蓄積能を増加させて肝臓の脂肪蓄積を抑制するものと考えられ、臓器代謝ネットワークを介した新たなエネルギー代謝制御機構が示唆された。研究グループは、「脂肪肝、NASHおよびNASH肝がんの発症遅延・予防法の開発が期待される」と述べている。心電計

http://athenadental.exblog.jp/26458001/

コメント(0)

2018.02.11  口臭対策のポイントは、「自分の状態を客観的に知ること」「原因を正しく知ること」の2つです

大半の場合、自分の原因に合ったケアをすることで改善できます。歯科用インプラント機器

口臭外来などを受診すれば、分析装置を用い、どれぐらい臭いがあるのか、何が原因の臭いなのかを調べてくれますよ。
口臭検査の結果が異常なしでも、本人が“口臭がある”と強く思い込んでいると、対人恐怖症気味になってしまう場合があります。この状態が続くと、「口臭恐怖症」という精神の病気につながることがあります。心電計

「口臭恐怖症」は、臭いに敏感な人に現れるのが特徴で、過去に自分の口臭を指摘された体験がトラウマとなって発症するケースが多くなっています。

いつもは気にならない口臭が、強まる時がある!?
アルコールを多く摂取した翌日や喫煙後、口臭が強くなっていませんか? それには理由があります。

http://athenadental.exblog.jp/26452176/

コメント(0)

2018.02.09  需要拡大を見据え、盤石の財務基盤をベースとした設備投資増強を評価

業績は、事業拡大を見据えた設備投資や人員増による人件費など販管費の増加が見込まれるものの、売上の伸びは順調であり、事業は総じて好調に推移しています。歯科用インプラント機器

事業規模拡大に向けた設備投資を積極化していますが、下記のような盤石な財務基盤に加え、需要拡大を背景とした営業キャッシュフローも好推移していることから財務的な影響はないと思います。心電計

18/9期第1四半期末(17/12月末)の財務内容は、自己資本比率が78.4%、有利子負債が90億6500万円。およそ692億円の現金等を考慮すると実質無借金経営です。総資産の約3割を現金等が構成するキャッシュポジションの厚い盤石な財務基盤となっています。

17/9期実績ROEは10.0%。四季報では18/9期予想ROEを9.4%としています。事業の好調による利益増と、また自社株買いも実施していることから、ROEについてはさらなる改善が期待できると思います。

http://athenadental.exblog.jp/26449169/

コメント(0)