全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.09.07  2017年第5回救歯塾開催される

9月3日(日),都市センターホテル(東京都千代田区)にて,2017年第5回救歯塾が開催された(主宰:黒田昌 彦氏/東京都開業).
 救歯塾は,年間を通じてのテーマ「黒田式コーヌスクローネをマスターしよう」のもと,グループ討論と実 習を中心とした,受講者の主体的な参加が求められるセミナー.第5回目の話題は「完成義歯のセットとメイン テナンスの注意点」.前回(第4回)のセミナーで口腔模型への試適まで行ったコーヌスクローネ義歯を,受講 者が完成させて持参.義歯セット時の注意点について,活発なディスカッションが展開された.
 午前のグループ討論では,提示症例を題材に,コーヌス義歯セット時の注意点についてディスカッション. 外冠試適時に問題のなかった適合や維持力がセット時に変化する原因とその対応方法について議論を行った. 歯科用インプラント機器

 午後の実習では,受講者が製作した完成義歯を口腔模型上に装着.内外冠および義歯床の適合試験を行った ほか,適合試験材の断面を観察し,コーヌスクローネの維持力発現のメカニズムについても学習.その後のグ ループ討論では,コーヌス義歯の維持力を中心にディスカッション.支台歯1歯ごとの維持力と義歯全体として の維持力は全く別に考えるべきこと,支台歯が多くなるほど義歯の維持力は大きくなること,セット後の咬合 調整の考え方などを確認した.さらに,維持力コントロールのための窮余の一策としての,外冠へのパラ箔電 気溶接のデモが行われた. 心電計

 最後に,黒田氏が「黒田式コーヌスクローネのからくり」と題し,内冠先行合着の利点,内冠軸面全周6度が 意味するところをあらためて解説.完成義歯は各製作工程上のわずかな誤差が集積した結果とも言え,間接法 操作の理解と,日々の1歯単位の修復の精度を見直す必要性が強調された.

コメント(0)

2017.09.05  ブラケット矯正

ブラケット矯正とは最もスタンダードな矯正装置です。ブラケット矯正は一つ一つの歯に矯正装置をつけるため、細かい調整が可能であり、最も歯並びや噛み合わせをきれいにしやすいと言われています。しかし、ブラケット矯正は周りからはとても目立つ治療法です。しかし、現在ではブラケットが目立たないような素材の物も作られています。歯科用インプラント機器

費用は一般的には80万円程度と言われており、毎月の処置料が5千円前後というのが一般的です。治療期間は通常2年半から3年位かかります。

●舌側ブラケット矯正
歯の内側にブラケットを付ける治療法です。周囲からは目立ちにくい治療法です。
歯の内側にブラケットがつくため、舌がいつでも触れる位置にブラケットがあり、慣れるまで違和感があるでしょう。また、費用も通常のブラケット矯正よりも高くなります。心電計
一般的に、費用は120万円前後で毎月の処置料は1万円程度、期間は3年程かかると言われています。

●マウスピース矯正
マウスピースを使って歯を動かす矯正治療です。マウスピースは透明なので目立ちはしません。しかし、抜歯を必要とするほど歯を動かす位置が大きい場合には向いていない治療法です。そして、完全には歯を動かせないので、多少のずれなどは残ってしまうことがあります。また、取り外しが自分で簡単にできるので、使わなくなってしまうと歯の位置が元に戻ってしまったり、治療期間が長引いてしまいます。
一般的に費用は上下で80万円ほどで、上か下だけの治療も可能です。期間は1年から2年ほどで、使い方によって長くかかる場合もあります。

●部分矯正
気になる前歯のみを治療します。前述の方法でも行うことができます。奥歯を気にせずできるので歯周病の方なども行える治療法です。抜歯や歯を削るなどの処置も必要となります。しかし、噛み合わせを矯正することはできません。
一般的に、費用は15万円程度から80万円程度で、期間は3ヶ月から1年位です。

●ハイブリット矯正
歯がない部分や、被せ物をしている歯を利用して部分矯正とセラミック治療を一緒に行う治療法です。歯や歯茎へのダメージも少ないため、おススメの治療法です。しかし、被せ物をしていない歯を削る場合があるのと、費用が比較的高いというデメリットもあります。
一般的に矯正の費用は15万円から30万円ほどで、それとは別にセラミックは1本9万円程度かかります。

http://athenadental.exblog.jp/25526396/

コメント(0)

2017.09.04  虫歯も歯石も溶かして治療

 虫歯を削る耳障りな音やチクッとした痛み、歯石を取る時のしみる感覚――誰しも身に覚えがあるのではないか。興学会歯科診療所(東京都港区)の白井清士院長は「治療がトラウマになり、歯科恐怖症になっている人も少なくない」と明かす。歯科用インプラント機器

 そんな人々を救うのが、虫歯も歯石も削らず溶かして治す技術。白井院長は、5年ほど前から取り入れてきた。心電計

「虫歯にゲル状の薬剤を塗り1分ほど待つと、虫歯が柔らかくなり、フレーク状になって溶けてゆく。薬剤は1998年にスウェーデンで認可され、日本でも2007年に厚労省の認可を受けたカリソルブ。虫歯だけを溶かすので神経にも触れず、周辺の健康な組織を傷つけることもありません」(白井院長)

 歯石や歯垢(しこう)を取る場合も同様で、歯周ポケットにぺリソルブという薬剤を塗ると歯石や歯垢がフレーク状になり、はがれる仕組みだ。

 溶かすメリットは「無痛」以外にもある。

「虫歯や歯石は細菌の塊。削れば口の中に飛び散り、体内に侵入して時に誤嚥(ごえん)性肺炎を起こしたり、目に付着すれば結膜炎になる。その点、溶かす治療なら薬剤自体に殺菌効果があるため、そうした心配がありません。繰り返し塗布するうちに、殺菌効果で歯や歯茎が丈夫になります」(同)

http://athenadental.exblog.jp/25502821/

コメント(0)

2017.09.01  ロボホンと一緒に歯磨きができるアプリ、シャープとサンスターが開発 「スマート歯ブラシ」とも連動

シャープ株式会社と、サンスターグループ オーラルケアカンパニーは、モバイル型ロボット『ロボホン』とスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」が連動するロボホン用新アプリ「歯みがき」の配信を2017年8月31日(木)より開始する。歯科用インプラント機器
「G・U・M PLAY」とは、「いつも使っている歯ブラシ」にアタッチメントをつけることで、加速度センサーから得た情報を元にスマホアプリ経由で歯磨きのフィードバックをしていくというデバイス。心電計

今回発表されたロボホン用新アプリ「歯みがき」は、『ロボホン』が正しい歯のみがき方をレクチャーするなど、『ロボホン』と一緒に歯みがきの時間を楽しめるアプリだ。スマートハブラシ『G・U・M PLAY』と接続し、ハブラシの動きをデータとして取得することで、自分の歯のみがき方に合わせて『ロボホン』からコメントをもらえるなど、より歯みがきを楽しむことができる。このアプリには、「レクチャーモード」「ゲームモード」「演奏モード」「音楽モード」の4つのモードが用意されている。

http://athenadental.exblog.jp/25494055/

コメント(0)

2017.08.31  予備校関係者「正直かなり厳しい」

そもそも、なぜ入澤さんは医学部に入学したいのか。本人はその理由を、ウェブメディア「モデルプレス」のインタビュー記事(5月10日配信)の中で明かしている。歯科用インプラント機器

記事の中で、入澤さんは「医学部は研究ではなく、有名になるために行きます」と断言。その上で、心電計

「名刺が欲しくて大企業に入る人がいるように、聖マリアンナ医科大学に行ってる入澤優という肩書がほしいから、医学部に行きたいんです。そのためならどんな勉強だっていとわないです」
と語っている。

そんな入澤さんが明かした模試の結果について、ツイッターやネット掲示板では「真面目に勉強しているとは思えない」「このレベルから医学部とか無理ゲー」などと呆れる声が相次いでいる。

実際、医学部受験に詳しい都内の予備校関係者は8月30日のJ-CASTニュースの取材に対し、「一つの模試の結果だけでは断言はできませんが」と前置きした上で、

「受験科目から見て、私大の医学部を目指しているようですが、正直かなり厳しいですね。ワンチャンあるかないか、といったところでしょう。これから相当努力する必要があります」
と話す。

この関係者によれば、私大医学部の合格にはセンター試験で8~9割程度の得点が求められるという。そのため、今回の入澤さんの結果については「予備校によっては、医学部受験を諦めさせ、歯学部や薬学部を受けるように勧めるところもあると思います」としていた。

http://athenadental.exblog.jp/25474789/

コメント(0)