全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2018.03.22  東大OBが医学部教授になれなくなってきている

 しかし、近年、こうした医学部のヒエラルキー構造は弱体化し、意味のないものになりつつあります。歯科インプラント

 まず、ここ数年、東大OBが医学部教授になれなくなってきています。たとえば筑波大学は、開学から7年しか経っていない1980年当時、教授陣の半数を東大OBが占めていました。しかし現在では1割以下となっています。筑波大だけではありません。群馬大、東京医科歯科大、自治医大など、かつて東大出身の教授が多かった大学では、軒並みその割合が低下しています。歯科用インプラント機器

■私学ナンバーワンの座にあぐらをかいた慶應も凋落傾向

 これは、自校だけで研究者・教育者を育てられる力がついたことと、大学病院の経営上の観点から、臨床能力(実際に患者を診察・治療する力)の高い教授が求められるようになったことが背景にあると考えられます。つまり、臨床が得意ではなくても、東大を卒業すれば論文業績だけで教授になれるという時代ではなくなってきているのです。医学部教授になる人が減れば、医学・医療界における東大の支配力は相対的に低下することになるでしょう。

 東大だけではありません。慶應大も大学病院の1日当たりの外来患者数が減るなど、凋落傾向にあると報じられました(森省歩「慶應大学病院の失墜~順天堂に並ばれた私学の雄」『文藝春秋』2015年6月号)。その背景には、私学ナンバーワンの地位にあぐらをかき、教授の8割を母校出身者が占める純血主義にあると分析されています。

https://athenadental.exblog.jp/26589409/

コメント(0)

2018.03.21  高齢者医療の切り札「口腔ケア」 歯科衛生士不足解消へ支援

 ■東京医科歯科大で復職・離職防止プログラム

 高齢者医療の切り札として口腔(こうくう)ケアの重要性が高まっている。しかし、口腔ケアを担当する肝心の歯科衛生士の数が不足している。そこで、歯科衛生士の復職支援と離職防止を目的とする厚生労働省の事業が立ち上がった。同省の事業としては初の試みで、歯科医療現場への波及効果が期待されている。(大家俊夫) 歯科インプラント

 事業を受託したのは東京医科歯科大歯学部附属病院で、院内に歯科衛生士総合研修センターを設置した。今月2日の記者会見で、若林則幸病院長は「当院の歯科外来は1日約1700人と国内最多で、歯科医療の水準の高さも自負している。今回の受託事業の責務を果たしたい」と表明した。歯科用インプラント機器

 センター長に就任した水口(みなくち)俊介氏(副病院長)は「超高齢社会では摂食嚥下(えんげ)障害、サルコペニア(筋肉量減少)、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)、フレイル(虚弱)、鬱病、認知症などを予防することが求められている」とし、その予防方法として「食べる、話すという口腔機能の維持が欠かせない」と強調した。

 このため、歯科衛生士による口腔ケアがますます必要となっている。しかし、歯科衛生士の免許登録をしている数は約26万人(平成28年度)いる中で、就業している人はその半分以下となっている。

 水口氏によると、歯科衛生士が離職するのは結婚・出産などのタイミングが多い。その後、復職を望んでも、「ブランクがあるため、自分の技術が通用するか不安」といった理由で躊躇(ちゅうちょ)している人も少なくないという。

 品田佳世子副センター長は復職支援・離職防止のプログラムについて「一人一人のスケジュールに合わせてオーダーメードの研修プログラムをつくる。必要な単位数も個々のケースで決めていく」と話す。

 総合研修センターでは必修と選択科目を提供し、座学やシミュレーション研修、臨床を通じて歯科衛生士の技術のほか、医療安全や感染予防などを指導する。個別に面談をして、復職に向けて不安があれば、丁寧に相談に応じることにしている。

 研修の受講料は無料。研修は第1弾として来年1~3月を予定。所定の研修を終えた人には修了証を発行する。品田氏は「歯科衛生士の求人数は多く、プログラムで自信を取り戻して、復職の機会を得てほしい」と願っている。

https://athenadental.exblog.jp/26586673/

コメント(0)

2018.03.20  70歳以降はカロリー摂取を積極的に

 ――「指輪っかテスト」はどうやったらいいのか。

 飯島 まず利き足ではない足のズボンの裾を上げて、ふくらはぎの一番太い部分に両手の親指と人さし指を軽く当てる。隙間ができてしまう人は色々な機能が衰えている可能性があります。歯科インプラント

 ――口の機能を鍛えるトレーニングにはどんなものがあるのか。

 小原 「パパパパパ……」「タタタタタ……」「カカカカカ……」とそれぞれ10回繰り返して発音する。「パ」はくちびるの筋力を向上させ負担なくのみ込めるように、「タ」は舌が上あごにつくことで食べ物をのどに送りやすく、「カ」は舌の奥の動きを向上させ、むせることを予防することにつながる。面倒な人は、全てが入った「パンダのタカラモノ」と言ってみる。舌やくちびるを使っていることを意識しながらやるといい。歯科用インプラント機器

 ――フレイル対策には「ギアチェンジをする」ことが必要だとはどういう意味か。

 飯島 中年から高齢者への入り口は、太らないようカロリーを控える気持ちが必要だ。だが、70歳ぐらいになると、フレイル予防では、むしろカロリーは積極的に摂取しなければいけない。かみ応えのある肉とか咀嚼(そしゃく)する機能を維持できるものを積極的に食べていかないといけない。年齢で決めることではなく、どのような病気を持っているかも考慮しながら、徐々にカロリーのとり方を「ギアチェンジ」していくといい。

 ――ささいな口の機能の衰えに気づくには。

 小原 例えば、スティックの生にんじんが食べにくくなって、食べなくなるとか、食べ物の選び方が変わってくる。あるいは、歯医者で水を出しながら歯石を取ってもらうとき、ゲホゲホしてしまう。そうしたことを「年のせいだから」と済ませるのではなく、口の機能が低下しているサインだと気づければ、機能を強化するチャンスにつなげることができる。

https://athenadental.exblog.jp/26567789/

コメント(0)

2018.03.16  70歳以降はカロリー摂取を積極的に

 ――「指輪っかテスト」はどうやったらいいのか。

 飯島 まず利き足ではない足のズボンの裾を上げて、ふくらはぎの一番太い部分に両手の親指と人さし指を軽く当てる。隙間ができてしまう人は色々な機能が衰えている可能性があります。歯科インプラント

 ――口の機能を鍛えるトレーニングにはどんなものがあるのか。

 小原 「パパパパパ……」「タタタタタ……」「カカカカカ……」とそれぞれ10回繰り返して発音する。「パ」はくちびるの筋力を向上させ負担なくのみ込めるように、「タ」は舌が上あごにつくことで食べ物をのどに送りやすく、「カ」は舌の奥の動きを向上させ、むせることを予防することにつながる。面倒な人は、全てが入った「パンダのタカラモノ」と言ってみる。舌やくちびるを使っていることを意識しながらやるといい。歯科用インプラント機器

 ――フレイル対策には「ギアチェンジをする」ことが必要だとはどういう意味か。

 飯島 中年から高齢者への入り口は、太らないようカロリーを控える気持ちが必要だ。だが、70歳ぐらいになると、フレイル予防では、むしろカロリーは積極的に摂取しなければいけない。かみ応えのある肉とか咀嚼(そしゃく)する機能を維持できるものを積極的に食べていかないといけない。年齢で決めることではなく、どのような病気を持っているかも考慮しながら、徐々にカロリーのとり方を「ギアチェンジ」していくといい。

 ――ささいな口の機能の衰えに気づくには。

 小原 例えば、スティックの生にんじんが食べにくくなって、食べなくなるとか、食べ物の選び方が変わってくる。あるいは、歯医者で水を出しながら歯石を取ってもらうとき、ゲホゲホしてしまう。そうしたことを「年のせいだから」と済ませるのではなく、口の機能が低下しているサインだと気づければ、機能を強化するチャンスにつなげることができる。

https://athenadental.exblog.jp/26563384/

コメント(0)

2018.03.14  マダニ感染症向け臨床患者登録開始 アビガンで富山化学

 マダニから感染する致死率の高い感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に対する初の治療薬承認に向け、富士フイルムグループの富山化学工業(東京)は12日、製品化の最終段階となる臨床第3相試験(フェーズ3)の患者登録を始めたと発表した。歯科インプラント

 同社が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」を使う。治療法のないSFTSにも効果が期待できるとし、同社はフェーズ3を終える見通しの2年後をめどに製造販売承認を申請する考えだ。歯科用インプラント機器

 同社によると、フェーズ3では約30人分の症例を集めることを目標とし、期間は2年間を想定。このほど国内の医療機関で受け入れ体制が整った。

https://athenadental.exblog.jp/26560876/

コメント(0)