全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.11.16  小学校歯科検診で無許可抜歯 対象児童、検査で問題なし 兵庫

 兵庫県姫路市の安室東小学校で6月にあった歯科検診で、歯科医が保護者に無断で児童の乳歯を抜いた問題で、市教育委員会は14日、抜歯をされるなどした児童42人に肝炎ウイルス検査を行い、いずれも陰性だったと発表した。歯科用インプラント機器

 市教委によると、同校の歯科検診は6月14、15日に全校児童849人に実施。担当した男性歯科医が歯の状況を診察した際、学校側に報告せずに2~6年生30人の乳歯を抜いたことが判明した。その後、別の児童12人も口内で出血した可能性があることが分かった。心電計

 市教委は市医師会の助言を受け、8、9月にこれらの児童計42人に対し、B型・C型肝炎ウイルスに感染していないかを確認する検査を実施。全員が陰性だったという。今後、希望があればスクールカウンセラーを派遣し、児童の心のケアに努める。

http://athenadental.exblog.jp/26144709/

コメント(0)

2017.11.15  自歯に勝るものなし

 佐藤―「区長ご自身の関心はいかがですか?」 歯科用インプラント機器

 征矢―「3カ月に一度、定期健診に行っています。ちゃんと磨いても虫歯になることがありましたが、磨き方を習ったり、歯間ブラシも使うようになりました」心電計

 佐藤―「3カ月に一度行っている方はまだまだ少ないと思います。例えば旅行先のご馳走でも、硬くて食べられなかったら…」

 征矢―「それはさみしいですね」

 佐藤―「80歳で20本の歯を残そうという8020運動の調査でも、自分の歯に勝るものはないという答えが圧倒的です」

 征矢―「無くなってみないとわからないですが、やはり口の中は大事ですね」

連携強化を

 佐藤―「理想としては、鶴見区が『定期健診型予防歯科の秋葉原』になればと思っています。本会会員の歯科医院に行けば、定期健診をしっかりやってくれて、皆、口の中が綺麗になる。どれ位かかるかわかりませんが、世界でも有数の健口な町を目ざしたいですね」

 征矢―「区民の健康な歯のために、引き続き良い関係を築いていきましょう」

http://athenadental.exblog.jp/26115335/

コメント(0)

2017.11.09  歯科医院を移転する時に考えるべきメリットとデメリット

2017年2月の厚生労働省の調査によると、歯科診療所は全国に68,874件あるとされています。その数は全国のコンビニ数の約54,500件をも超えており、歯科医院同士の競争の激しさを物語っています。そして、歯科医院数の増加は2011年8月にピークを迎え、その後は頭打ちとなっていることから、現在のマーケットは既に飽和状態であることが考えられます。このような背景があるため、歯科医院の移転も頻繁に見られるようになり、各医院が集客に躍起になっているのが現状です。歯科用インプラント機器

■歯科医院を移転して集客を最適化する
少ない患者を多数の歯科医院で取り合っているマーケットの飽和状態が考えられます。現在の「歯科医サバイバル競争」で生き残るには、これまで以上に経営に力を注ぐ必要も出てくることでしょう。そのためには、集客数を伸ばすことが大事です。心電計

人が多い所には歯科医院も多い傾向があります。そのため、その分競争が激しくなります。いくら、歯科医としての腕がよくても、新規の患者を増やす、最後まで治療を続ける、治療終了後も定期的に検診する患者を増やすなどの工夫をしなければ生き残れないのです。

http://athenadental.exblog.jp/26106107/

コメント(0)

2017.11.08  日歯連の元副理事長に禁錮刑求刑 迂回献金事件で東京地裁

 政治団体「日本歯科医師連盟(日歯連)」の迂回献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入、量的制限超過)の罪に問われた元副理事長村田憙信被告(72)の論告求刑公判が24日、東京地裁(前田巌裁判長)で開かれた。検察側は禁錮2年6月を求刑した。歯科用インプラント機器

 検察側は、参院選立候補者側への寄付について、被告が日歯連の常任理事会で「迂回の形を取る」と説明していたと指摘。「組織の利益を最優先し、国民の政治不信を招く悪質な犯行だ」と述べた。弁護側の最終弁論は11月16日に実施される。心電計

 日歯連の前会長高木幹正被告(72)と元会長堤直文被告(75)も規正法違反罪で起訴され、公判中。

http://athenadental.exblog.jp/26098450/

コメント(0)

2017.11.07  歯周病予防で万病予防 歯科ドック実施中 あざみの総合歯科医院

 「むし歯になってから歯科に行く――。この繰り返しではいずれ歯は無くなります」。そう話すのは今宮歯科医院からリニューアルした「あざみの総合歯科医院」の今宮圭太院長だ。歯科用インプラント機器

 80歳で歯を20本残すことを目指す「8020(はちまるにいまる)」運動だが、本来は1本も失うことなく、「8028」を目指すべきもの。そのために必要だと今宮院長が考えているのが「歯が悪くならないように歯科医院に行く」ことだ。心電計

 むし歯や歯周病は進行させない、発病させない予防処置が第一。特に歯周病は進行すると歯肉がやせ、歯を失う要因となるだけではなく、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病といった重篤な病気の要因にもなる。口腔内の健康維持に意識を持つことは、全身の健康維持にもつながるというわけだ。

 「美容院などと同じ感覚で利用してもらいたい」と話す今宮院長は、今回のリニューアルにあたり、清潔でホスピタリティ溢れる待合室や診療ブースを整備。国内初導入の最新医療機器に加え、安全で高品質な素材、ヨーロッパ規格をクリアする衛生機器など、上質な医療を提供する環境を整えている。今宮院長は「症状が出ていない時こそ、歯科医院に行くべき時。まずは1度、歯科ドックをご利用ください」と話している。

http://athenadental.exblog.jp/26045676/

コメント(0)