全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2018.02.07  猛威ふるうインフルエンザ 高熱出ない隠れタイプも

 インフルエンザが大流行している。手洗い、うがい、マスクによる予防が大切なことは言うまでもないが、かかってしまったら、周囲にうつさないことが何より重要になる。自分や家族がかかったと思った時、どう判断し、行動すればよいか。「隠れインフルエンザ」と呼ばれる今年の傾向も踏まえて紹介する。歯科用インプラント機器

 まずは普通の風邪とどう見分けるか。インフルエンザは三八度以上の高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの症状が急速に現れるのが特徴。これとほぼ同時か少し遅れて鼻水やせきなどの症状も出てくる。心電計

 熱が上がらないケースもある。呼吸器内科が専門で、名古屋市立大病院感染制御室長の中村敦教授(55)は「ワクチンを接種していると発熱のピーク時の体温が一度ほど低くなる」と話す。体温調節の機能が低い高齢者やステロイドなどの抗炎症薬を使っている場合は熱が出ないこともある。

 今年は、こうした条件に該当しないのに熱が上がらない人が大勢いるとみられ、インターネット上などで「隠れインフルエンザ」と話題になっている。かくいう中村さんもB型にかかったが、発熱はまったくなく、悪寒が続いて検査したら陽性だった。

http://athenadental.exblog.jp/26422948/

コメント(0)

2018.02.06  歯周病は万病のもと 熊本市で肥後医育塾

 市民向けの医療セミナー「第63回肥後医育塾」が4日、熊本市中央区のホテル熊本テルサであり、熊本大の歯科医師4人が「歯科口腔[こうくう]外科医療の最前線」と題し講演。口の中の細菌が病気につながる例を示し「歯周病は万病のもと。予防や治療が重要」と話した。歯科用インプラント機器

 肥後医育振興会と化学及血清療法研究所、熊日が主催。熊大病院歯科口腔外科の廣末晃之助教と福間大喜助教、熊大大学院歯科口腔外科学分野の吉田遼司准教授と尾木秀直助教が登壇し、市民約250人が聴いた。心電計

 廣末助教は、口の中を「栄養が豊富で温度、湿度が高く、細菌がすむのに好都合」と説明。歯の磨き残しから歯周病が進み、歯と歯茎の間にできる「歯周ポケット」を通って細菌が体内に入ると、脳疾患や心疾患、糖尿病の悪化などにつながると話した。

 口内に善玉菌や悪玉菌が混在する「口腔フローラ」という考え方も解説。「口腔ケアでフローラのバランスを整えて、病気予防に努めてほしい」と訴えた。

 吉田准教授は、舌や歯茎に多い口腔がんについて講演。がんは白や赤に変色することから、鏡を使って自分で口内を見るセルフチェックを勧めた。(林田賢一郎)

http://athenadental.exblog.jp/26419512/

コメント(0)

2018.02.05  インフルA・B型ダブルパンチ―最新予防法はお茶うがいと舌磨き

今冬のインフルエンザはA型とB型が同時にやってきているという。「モーニングショー」が感染予防の知恵を紹介した。最近、厚生労働省の予防法から消えたものがあった。うがいだ。司会の羽鳥慎一は「インフルエンザについては、うがいの予防効果が証明されていないというんです」という。歯科用インプラント機器

もっとも、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「風邪に関しては、うがいは効果があります」と反論する。ただ、水よりもお茶がいいらしい。静岡県立大の研究グループが水とお茶のうがい効果を比較したところ、3か月後のインフルの発症が、水では10%、緑茶では1.3%だった。お茶に含まれるカテキンの効果だという。心電計

吉永みち子(作家)「お茶でうがいしてますが、飲んじゃっていいのかしら」

大谷「私は飲んでます。患者さん一人を診察したら、そこでひと口飲みます」

カテキン効果は濃度より回数、温度は高い方が有効性が高い。紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶でも同じ効果があるが、麦茶、ルイボス、マテ茶、ハーブ・ティーはカテキンなし。

http://athenadental.exblog.jp/26410220/

コメント(0)

2018.02.02  敷地外喫煙やポイ捨て懸念 郡山・公共施設全面禁煙から2カ月

 郡山市が市の公共施設敷地内を全面禁煙化して2カ月。今のところ目立った混乱はないが、不特定多数が集まる公共施設では市民から分煙などの対策を求める声もあり、毎年夏に開成山公園で開かれているイベント「ビール祭」などへの影響も懸念される。歯科用インプラント機器

 ◆◇◇一定の効果

 「子どもへの影響を考えると、率先した受動喫煙対策の取り組みは評価できる」。手続きなどで市役所を利用する郡山市の会社員男性(48)は、自身も喫煙者だが、一定の理解を示す。市役所内では、禁煙やたばこを吸う本数が以前より減るなど、市職員への一定の効果が見られる。心電計

 市職員が喫煙する場は、個人で借りている敷地外の駐車場の車中や、飲食店などさまざま。喫煙者の一人は「人目を気にするようになった」と漏らす。

 一方、市民からは敷地外での喫煙やポイ捨て増加などを心配する声も上がる。昨年12月に行われたイベントでは、敷地外の路上に灰皿を設置、煙が風で会場内に流れたため撤去する事態となった。同市の会社員女性(43)は、敷地外の路上で喫煙者を目にすることも少なくないとし「印象が悪い。他の人の迷惑にならないか疑問だ」と分煙態勢の整備を求める。

http://athenadental.exblog.jp/26406984/

コメント(0)

2018.02.01  筋肉再生する細胞、体外培養に成功 治療応用の可能性

 傷ついた筋肉の繊維を再生する「筋サテライト細胞」を体外で培養する方法を開発したと、東京医科歯科大や大阪大などのチームが12日、米科学誌ステム・セル・リポーツに発表する。衰えた筋肉を増やす治療に応用できる可能性があるという。歯科用インプラント機器

 筋肉が傷つくと、筋繊維の表面についている筋サテライト細胞が分裂を開始して数を増やし、筋繊維に変化して筋肉を再生する。しかし、筋サテライト細胞を体外に取り出すとすぐに変化してしまうため、変化しないままの状態で培養し、増やすことは難しかった。心電計

 チームは、ひざをけがした患者の手術の際に余った筋肉の組織を詳しく観察。筋サテライト細胞が、複数の「ラミニン」というたんぱく質で2層に包まれていることを見つけた。そこで、筋サテライト細胞をラミニンを含む液に浸した後、別のラミニンの上で培養すると、変化しないまま増えた。この細胞をマウスの足に移植すると筋繊維に変わることも確認した。

 東京医科歯科大の赤澤智宏教授は「この細胞を移植すれば筋繊維を増やすことができる。筋ジストロフィーなどの病気の治療につながる可能性がある」と話す。

http://athenadental.exblog.jp/26403357/

コメント(0)