全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.10.10  マツコが「歯列矯正」を告白「私、意外としゃくれだったみたい」

 タレントのマツコ・デラックス(44)が、7日に放送される日本テレビ系「マツコ会議」(土曜・後11時半)で、「歯列矯正」を行っていることを告白する。

 今、話題のディープな場所と中継を結び、マツコが会議を開き、知られざる場所を深掘りする番組。今回は、最新技術で歯を美しくするという東京・港区の高級デンタルクリニックから中継。マツコは冒頭で「私も今まっただ中ですからね、矯正の。(歯の)裏からやってますよ。3年だ、もう」と歯科医に通っていることを告白。「私、意外としゃくれだったみたいなのよ」といい、奥歯を抜くなどかなり大がかりな治療中だという。 歯科用オイルレス


 高級クリニックは、ホテルのロビーの様なシャンデリアが飾られた待合室で、治療室は完全個室。「歯が命」のセレブらが通っているという。

 さらに院長は、ピンクのYシャツに紫のネクタイに白衣と“ど派手”真っ白な歯でにこやかに手を振る姿にマツコは大爆笑。「先生、好きです」と思わず告白してしまう。 レジン材料


 また、笑顔と歯のバランスの基準の「スマイルライン」や、万能な歯材の「ジルコニア」など最新の歯科治療事情を明らかにするという。

http://adental.over-blog.com/2017/10/-15.html

コメント(0)

2017.10.06  歌・踊りで「長寿」祝う 市民団体・小町雪乃さんが出演

 市内在住の75歳以上の高齢者を祝う「長寿を共に祝う会」が9月23日、1146人が来場する中、パルテノン多摩で盛大に開催された。歯科用インプラント機器

 多摩市では、9月15日〜21日の「老人週間」に合わせて、高齢者に楽しんでもらう1日をと、長寿を祝うイベントを毎年企画。多摩市文化団体連合らを中心に実行員会を結成し、市との共催で実施している。心電計

 当日は、市内で活動する9団体による和太鼓演奏やベリーダンス、マジック、江戸芸かっぽれが披露された他、市内在住の演歌歌手・小町雪乃さんによる歌謡ショーも行われ、会場は盛り上がりを見せた。

 また会場には多摩・貝取両保育園の園児が書いたお祝いの絵も展示。65歳以上の高齢者を対象にした「おたっしゃ21」と題した医師や歯科医師による健康相談、問診や握力検査、片足立ちなどのテスト、介護予防健診なども行われた。

 この日、お祝いに駆けつけた阿部裕行多摩市長は「現在市内に54人の100歳以上の方が元気に暮らしている。これから先も皆さんと共に健康で幸せなまちをつくっていきたい」と挨拶をしていた。

 なお、多摩市内には、今年3月31日以前に75歳以上を迎えた人は1万9883人にいるという。

http://athenadental.exblog.jp/25817430/

コメント(0)

2017.10.05  海藻を食べると歯周病が改善する?カルシウムの取りすぎは動脈硬化や腎臓結石の恐れ

 成人の8割がかかっているとされる「歯周病」。歯を失う原因になるのはもちろん、さまざまな病気を引き起こす要因にもなる。歯周病菌や菌のつくり出す毒素は、炎症を起こした歯ぐきの血管から入り込んで全身に広がり、体のあちこちで悪さを働く。歯科用インプラント機器

 たとえば、歯周病で歯ぐきに炎症があると、そこで「TNF-α」という物質がつくられ、血液中に増える。この物質はインスリンの働きを妨げ、血糖値の調節作用を悪くしてしまう。心電計

 広島県歯科医師会と広島大学による共同研究では、歯周病の治療をすると「ヘモグロビンA1c」(血糖値コントロール状態を示す値)が改善すると報告されている。

 日本糖尿病学会も治療ガイドラインで「歯周病を治療すれば2型糖尿病が改善する可能性がある」と言及している。

 ほかにも、血管内に入り込んだ歯周病菌の刺激によって動脈硬化が進展することも明らかになってきた。重度の歯周病患者は脳梗塞や心筋梗塞を起こすリスクが高まるという研究報告もある。アルツハイマー型認知症と歯周病の関連も疑われている。

http://athenadental.exblog.jp/25798726/

コメント(0)

2017.10.03  2位は歯周病対策! 歯磨き粉選びで重要視する効用の1位は?

ジーユーエヌはこのほど、「歯と歯ぐきの健康に関する調査」の結果を明らかにした。同調査は7月21日~25日、全国の10~60代の男女600人を対象にインターネットで実施したもの。歯科用インプラント機器

自分の歯と歯ぐきの健康に自信があるか聞いたところ、合計で51.7%が「自信がない」「あまり自信がない」と回答した。現在、口まわりでどのようなことが気になっているかという問いには、31.3%が「歯垢・歯石」、28.5%が「口臭」、28.2%が「虫歯」と答えている。性別で見ると、女性は「黄ばみ・ステイン」が男性よりも14ポイント高かった。心電計

歯や歯ぐきのケアが大事だと思うか尋ねると、88.5%が「大事だと思う」もしくは「やや大事だと思う」と答えた。しかし、普段から歯や歯ぐきのケアが十分にできているか聞くと、「十分できている」または「ややできている」と答えた割合は合計で26.0%にとどまっている。大事だと思う"意識"と"実施"には、ギャップがあることがわかった。

歯や歯ぐきのケアができていないと回答した人に「ケアが十分にできていない理由」を聞いたところ、44.6%が「面倒くさいから」と回答した。「何をしていいかわからないから」(37.7%)、「時間がないから」(26.8%)という回答も多く、歯や歯ぐきのケアができないのは「ケアの手間」にあることがわかった。

http://athenadental.exblog.jp/25790254/

コメント(0)

2017.10.02  短命県青森から「寿命革命」弘前大の健康ビッグデータに企業熱視線

 国内の各大手企業が、弘前大が実施する住民合同健診のデータに熱視線を注いでいる。膨大な健康情報を利活用したい企業側と、多角的な分析と研究を進めたい大学側の思惑が一致。健康法や病気予防サービスの開発を進め、短命県ワーストの青森の地から「寿命革命」を目指す。(青森総局・横川琴実)歯科用インプラント機器

 口腔(こうくう)ヘルスケアのライオンは、2014年に弘前大の研究に参画した。口中の細菌数や潜血を調べる唾液検査システムを使い、歯周病と生活習慣病の関連解明が目標。心電計

 担当者は「弘前大の健康ビッグデータは宝の山。医科と歯科を同時に検査する健診は他にない。口腔状況と病気との関連が分かれば口腔ケアの重要性が高まるはずだ」と語る。嗅覚と神経変性疾患との関連を調査する製薬会社エーザイも同様に「この種の研究事例は国内にない」と意義を強調する。

 内臓脂肪の蓄積原因を探りたい花王は、地元企業と連携し「ヘルシー弁当プログラム」を始めた。

 約3カ月間試食した従業員の約8割に、内臓脂肪低減と血圧低下が確認できたという。担当者は「ビッグデータの解析を進め、個々の特長に合う商品を開発できれば新しい市場が生まれる」と期待する。

 弘前大のデータ蓄積開始は05年。県内でも特に短命傾向の弘前市岩木地区(旧岩木町)を舞台に、短命県返上のモデルを作る「健康増進プロジェクト」をスタートさせた。

 年1回の健診は約10日間にわたる。(1)ゲノム(2)体力や口腔衛生など生理・生化学データ(3)生活習慣(4)社会環境-を包括的に調査。1人を健診するのに最長7時間かかるが、1日当たり100人の協力が得られ、蓄積データは20~90代の延べ2万人分に上った。

http://athenadental.exblog.jp/25752797/

コメント(0)