全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2018.03.27  沖縄ではしか患者、4年ぶり発生 台湾からの観光客

 沖縄県地域保健課は23日、台湾から17~19日に沖縄本島へ観光に来ていた30代男性が麻疹(ましん)(はしか)に感染していたと発表し、県民や医療機関に注意喚起を呼び掛けている。県内での患者発生は2014年1月以来、約4年ぶり。男性は現在、中部保健所管内の施設で療養中。関係保健所が男性の接触者で感染している人がいないか調査している。歯科インプラント

 はしか患者と接触した場合、接触後7~21日間の健康観察が必要。男性の訪問先や利用した交通機関、宿泊施設などが広範囲に及ぶため、同課では24日~4月9日に発熱や発疹など症状が現れた場合、必ず医療機関に「はしかかもしれない」と連絡した上で、医療機関の指示に従って受診するよう呼び掛けている。歯科用インプラント機器

https://athenadental.exblog.jp/26607215/

コメント(0)

2018.03.26  「次に大量閉校するのは薬科大ではないか」

獣医学部は入試段階では大人気だが、合格後の就職先は公務員獣医師など比較的安定はしているものの高収入とは言い難い。歯科インプラント

私立歯科大は人気凋落を反映してか、全体的な学費値下げや奨学金制度を設けて挽回をはかる動きが目立つ。職人的な仕事が多いので、ITに置き換わるリスクは内科医師よりも少ないだろう。国家試験を突破できる基礎学力があり手先が器用な学生には、世間で思われているよりも将来は明るいかもしれない。歯科用インプラント機器

薬科大はすでに過剰の兆しがあるにもかかわらず、さらなる新設が控えている。合格後の待遇は今のところ安定しているが、医療のIT化や社会保障費の見直しが進めば、近い将来に調剤費も大ナタが振るわれるだろう。

医療系ではないが、2000年代のピーク時に74校あった法科大学院はその後、半数近くが閉校した。次に大量閉校するのは薬科大ではないかと、筆者は推測している。好きで選ぶならばよいが、単に「安定して給料もよさそう」という理由での薬科大進学は、今後はあまりお勧めできないのが筆者の見解である。

http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000549422.html

コメント(0)

2018.03.24  HIV感染者と患者77人 17年 福岡県「増加傾向変わらず」 過去2番目の多さ

 福岡県は、2017年の1年間に県内の医療機関から新たに報告されたエイズウイルス(HIV)感染者とエイズ患者の合計が速報値で、過去最多だった前年から15人減の77人だったと発表した。統計上は減少した形だが、1989年の集計開始以来2番目の多さで、県は「この10年間の増加傾向は変わっていない」としている。歯科インプラント

 77人の内訳は、HIV感染者53人、エイズ患者24人。男女別では男性74人、女性3人。年代別では30代が29人と最も多く、40代が20人、50歳以上が14人。感染した地域が国内とみられるのは72人だった。歯科用インプラント機器

 HIVは感染するだけではほとんど症状が出ないため、感染の広がりがつかみにくい。感染後に免疫力が徐々に低下して体の抵抗力がなくなり、健康なら問題のないウイルスなどの感染症にかかるとエイズ患者と診断される。無症状の期間は数年から10年程度。

 HIV感染は、病院で受診した際に判明するほか、保健所が匿名で応じる無料のHIV検査で分かるケースもある。ただ保健所での延べ受診者数は近年、年間5千~6千人台で、過去最多の7753人が受けた08年と比べ低迷している。

 県は17年に一部の保健所でHIV検査を夜間・休日でも受けられるようにしたが、同年に検査を受けた人は前年比7・2%増の延べ5745人にとどまった。

 県は「治療の進歩により、感染しても早期発見で治療を続ければ、発症を防げて感染前と変わらない生活を送れる。不安がある人は早めの検査を受けてほしい」と呼び掛けている。

https://athenadental.exblog.jp/26595891/

コメント(0)

2018.03.23  【熊本県感染症情報】ロタウイルス胃腸炎に注意

 12~18日の県感染症情報によると、ロタウイルスによる感染性胃腸炎患者は3人で、4週連続で報告された。例年3~5月、乳幼児を中心に流行するため、県健康危機管理課は注意を呼び掛けている。歯科インプラント

 ロタウイルスによる胃腸炎は、高熱になりやすく、白っぽい下痢などが特徴。脱水症状がひどくなると、点滴や入院が必要になる。歯科用インプラント機器

 ロタウイルスは感染力が強く、わずかなウイルスが体内に入るだけで感染する。大人は感染しても症状が軽く、気付かない場合が多い。乳幼児のおむつ交換時は使い捨てのゴム手袋を使い、手はせっけんで丁寧に20秒以上かけて洗う。

 80定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は403人で前週より219人減った。定点当たりの患者数は5・04人。すべての地域で警報レベルが解除された。

 エイズ(後天性免疫不全症候群)が1人報告された。(清島理紗)

https://athenadental.exblog.jp/26593493/

コメント(0)

2018.03.22  東大OBが医学部教授になれなくなってきている

 しかし、近年、こうした医学部のヒエラルキー構造は弱体化し、意味のないものになりつつあります。歯科インプラント

 まず、ここ数年、東大OBが医学部教授になれなくなってきています。たとえば筑波大学は、開学から7年しか経っていない1980年当時、教授陣の半数を東大OBが占めていました。しかし現在では1割以下となっています。筑波大だけではありません。群馬大、東京医科歯科大、自治医大など、かつて東大出身の教授が多かった大学では、軒並みその割合が低下しています。歯科用インプラント機器

■私学ナンバーワンの座にあぐらをかいた慶應も凋落傾向

 これは、自校だけで研究者・教育者を育てられる力がついたことと、大学病院の経営上の観点から、臨床能力(実際に患者を診察・治療する力)の高い教授が求められるようになったことが背景にあると考えられます。つまり、臨床が得意ではなくても、東大を卒業すれば論文業績だけで教授になれるという時代ではなくなってきているのです。医学部教授になる人が減れば、医学・医療界における東大の支配力は相対的に低下することになるでしょう。

 東大だけではありません。慶應大も大学病院の1日当たりの外来患者数が減るなど、凋落傾向にあると報じられました(森省歩「慶應大学病院の失墜~順天堂に並ばれた私学の雄」『文藝春秋』2015年6月号)。その背景には、私学ナンバーワンの地位にあぐらをかき、教授の8割を母校出身者が占める純血主義にあると分析されています。

https://athenadental.exblog.jp/26589409/

コメント(0)