全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2018.01.31  「3Dガイド技術」とは

「3Dガイド技術」は、CT像から診断した設計に基づき、CT像と3次元的な口腔内像との高精度な合成によってその設計データを口腔内で再現することが可能なシステムです。口腔内の金属反射の自動除去などで解剖学的な構造を明らかにすることで、インプラント埋入精度が従来のコンピュータガイド手術に比べて飛躍的に向上しました。歯科用インプラント機器

歯のかぶせものが多い人、残っている歯の数が少ない人、奥歯のない人などは、今までの技術では正確な位置にインプラントを入れるのが難しかったために手術自体ができないケースも多くありましたが、「3Dガイド技術」を用いることで、リスクの高い患者様にも安全性の高い施術を行うことができるようになりました。心電計

「3Dガイド技術」は、現在のインプラント技術においてはもっとも安全性が高いコンピュータ手術と言えます。また、院長は「3Dガイド技術」の開発者であり特許を取得しているので、この技術を使用することのできる唯一の権威者であり、権利者であります。

http://athenadental.exblog.jp/26400163/

コメント(0)

2018.01.30  知覚過敏の治療法としては、原因別に次のような方法が挙げられます

歯茎下がりが原因の場合
まずは歯ブラシでゴシゴシ力任せに磨かないようにしてみましょう。優しく磨くだけで改善してくることもあります。また、知覚過敏用の歯磨き粉も効果がある場合が多いので試してみると良いでしょう。なかなか改善しない場合には、歯科医院で知覚過敏用のしみ止めの薬を塗ってもらったり、材料でコーティングしてもらったりする方法もあります。歯科用インプラント機器

歯ぎしりや食いしばりが原因の場合
自分でコントロールが不可能な歯ぎしりの場合には、歯科医院で就寝時にはめるマウスピースを作ってもらい、歯へのダメージを防ぐようにしましょう。くさび状欠損ができていてしみている場合には、樹脂の材料をその部分に詰めてもらうことでしみなくなります。
心電計

虫歯の治療、ホワイトニングが原因の場合
虫歯治療後の知覚過敏は治ることが多いので、あまり刺激しないようにして様子を見てみましょう。だんだん痛くなる場合には神経が弱っている可能性があるため、歯医者さんに相談しましょう。ホワイトニングの場合も一時的ですので様子を見ましょう。

歯が欠けてしまった場合
歯が欠けてしみている場合には、虫歯に発展するのを防ぐためにも詰め物をしてもらいましょう。

歯がしみる原因はさまざまですが、歯がしみてすぐに「知覚過敏だ」と決めつけるのはよくありません。虫歯が原因の場合もあるので、しみる症状が出てきた場合には一度、歯科医院で診てもらうことをおすすめします。

http://athenadental.exblog.jp/26397499/

コメント(0)

2018.01.30  ニュースのポイントをコンパクトにまとめた「深層NEWS ここにフォーカス」

ものを噛(か)む力を維持するには歯が丈夫なことよりも舌の力の方が重要だということについて、日本歯科大教授の菊谷武氏が解説する。歯科用インプラント機器

近野キャスター「食べられない理由も、歯がない、歯が衰えているだけでなく、舌がうまく動いていない。この違いというのは?」心電計

菊谷武氏「歯のない方、入れ歯の合ってない方は、噛むことが難しくなるが、歯が悪いせいじゃないかと思ってしまっている方も一方でいて、全て歯のせいにしてしまう。中には、歯は全部健康で残っているけれども、噛むのが苦手になっていく方もいて、そのような方は歯医者さんに行っても『歯はいいですよ』と言われて、行き場所がなくなっているという実態もあって、ある意味、歯のないことや、入れ歯の合わないことが本来の原因を覆い隠してしまって、原因が突き止められないなんてことも実際にはある。歯の方ばっかり着目して」

丸山キャスター「舌が動いていれば、歯が少なくなっても噛むことはできる?」

菊谷武氏「言いにくいことだが、ある意味それも事実。よく言われるのは、きんさん・ぎんさんは2人とも歯は大変少なくなっていたが、かなりしっかりしたものを晩年も召し上がっている。それはまさに、おしゃべりがお上手で滑舌がいい。舌があの方々の噛むことを支えていたというのも一つの事実ではある」「舌が動かないことによる噛めないという症状は、かなり重症化してくる。歯が何本あったって、舌が動かなければ噛むことはほぼできなくなる」

http://athenadental.exblog.jp/26387106/

コメント(0)

2018.01.26  歯科に関わる仕事をしている者は 口の中を見ればその人の立場が想像できる

 自分自身がいつ被害者になるかも、加害者になっているかもわからない「スメルハラスメント」問題。歯科用インプラント機器

 まずは、一人ひとりが「周囲の人に迷惑をかけるリスク」に対して配慮と心配りをすることこそが、スメルハラスメント対策、すなわちスメルマネジメントの第一歩と考える。心電計

 日々の診療において、来院される患者さんの中には企業の役員クラスの方もいらっしゃる。彼らに共通しているのは、自分が“他人に不快と思われるリスク”に対する管理を常にしている点だ。

 我々、歯科に関わる仕事をしている者は、口の中を見れば一目瞭然、その人のバックグラウンドや立場は容易に想像がつく。

 口の中には、その方のマナー、身だしなみ、生活の全てが現れている。当然のことながら、彼らの中に自分が発する臭いに無頓着という人はおらず、誰もが青年のように爽やかである。

 自分の臭いに敏感ということは、相手への気遣いができるということだ。どんなに洒落た服装、持ち物で着飾っていても、自分が発する臭いに無頓着という人は自己管理ができていないことを意味するのではないか。

 目に見えないものに気を配れることも、一流人として必要な資質の一要素であると考える。口の中のことはつい安易に考えがちであるが、体臭の最たるものは「口臭」である。相手と良好なコミュニケーションをとり、より良い成果を上げるためにも、口臭には十分に気を配っていただきたい。

http://athenadental.exblog.jp/26381556/

コメント(0)

2018.01.24  ゲーマーの目を守る眼鏡を開発 蒲郡・ニデック

 エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)と呼ばれる対戦型ゲームのプレーヤーの目を守る-。蒲郡市の眼科医療機器メーカー「ニデック」が、こんな狙いで開発した眼鏡を販売している。歯科用インプラント機器

 国内では「娯楽」のイメージが強いゲームだが、北米や中国、韓国でeスポーツは「競技」と捉えられ、数億円単位の賞金がかかる大会も開かれている。ゲームのジャンルは格闘技、スポーツなどさまざまで、世界の競技人口は一億人以上ともいわれる。心電計

 ニデックが十八日に発売したゲーマー(ゲーム愛好家)向け眼鏡「Gスクエア・アイウェア」の新モデル(一万九千円、税別)は、二〇一六年に売り出した製品(二万八千円)の廉価版。

 パソコンの画面が発する青白い光をカットしたり、まぶしさを抑えたりして目の負担を和らげる機能を備え、フレームはヘッドホンと併用しやすいように工夫されている。

 他社の類似製品と違うのは、プロのゲーマーの視点を採り入れた点。ニデックは一五年、eスポーツのプロチーム「デトネーション・ゲーミング」の運営会社とスポンサー契約を結んだ。選手たちに実際に着用してもらって意見を聞き、今回は三色のレンズをラインアップ。「格闘ゲームなら茶色」「シューティングゲームはグレー」などと、各ジャンルの画面の色を損なわないレンズを選べるようにした。

 ニデックはもともと眼科医の医療機器、眼鏡店の検眼機などを製造。一九七一年の創業当初から「目」にこだわった商品づくりに取り組んでいる。担当者は「目を酷使する若者をサポートすることは、会社の理念の延長にある。日常的にパソコンを使う人にもお薦めしたい」と話す。

http://athenadental.exblog.jp/26378267/

コメント(0)