全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.06.29  お金をかけずに歯を白くするには?

白い歯を手に入れるためには、それ相応の金額が必要になります。しかし、お金をかけずに歯を白くする方法はあるのでしょうか。

30代男性からの相談:「費用を抑えて歯を完全に白くするには何がいい?」

『歯磨きをしているのですが歯の色が変わってしまいます。タバコやコーヒーなどの着色だと思うのですが、歯医者に行ってホワイトニングして欲しいと思うのですが、完全に白くできるのでしょうか。費用のことも気になります。 歯科用インプラント機器


ネットの通販などで歯を白く蘇らせるといった歯磨き粉もでていますが本当に効くのでしょうか。たまに歯医者さんオススメといった記事もあるのですが、歯医者に行かずに元の白い歯を手にいれることはできるのですか。なるべく費用を抑えたいのでいい方法があれば教えてください。』 心電計




歯磨きよりも大切なことがある

コメント(0)

2017.06.28  がん転移のステップとして知られる上皮間葉転換

東京医科歯科大学は6月22日、独自のEMT可視化システムとマイクロRNAライブラリーを組み合わせることにより、上皮間葉転換(EMT)を制御するマイクロRNA(miRNA)を同定したと発表した。この研究は、同大難治疾患研究所・分子細胞遺伝分野の村松智輝助教、稲澤譲治教授ら研究グループによるもの。研究成果は、国際科学雑誌「Scientific Reports」オンライン版で発表されている。歯科用エアモーター


上皮間葉転換(EMT:Epithelial Mesenchymal Transition)は、がん転移のステップの一部として知られている。EMTは、上皮系の細胞が、間葉系形質を獲得する現象であり、間葉系形質を獲得したがん細胞は移動・浸潤能が亢進し、がん転移を起こしやすいと考えられている。EMTを促進する遺伝子やEMTとは逆方向の間葉系形質から上皮系形質へ誘導する(MET: Mesenchymal Epithelial Transition)遺伝子も、数多く報告されており、その分子機構は徐々に解明されてきている。超音波スケーラー用チップ


中1の虫歯、全国最少はあの県 17年連続達成の秘密は

コメント(0)

2017.06.27  中1の虫歯、全国最少はあの県 17年連続達成の秘密は

昨年の新潟県の中学1年生の平均虫歯数は0・44本で、17年連続で全国最少だったという調査結果を県がこのほど発表した。全国平均(0・84本)より大幅に少なく、「虫歯予防先進県」の地位は、地道な取り組みの積み重ねで保たれている。加えて近年は、虫歯が多いとされる家庭環境に課題のある子どもへのアプローチも進んでいる。

 新潟県の虫歯予防策で代表的なのが「フッ素うがい」だ。歯が丈夫になる効果があるといい、弥彦村立弥彦小が1970年に全国で初めて取り入れた。昨年の実施率は県内の小学校で83・9%にのぼる。歯科用インプラント機器


 虫歯は減り続けており、中学1年の平均虫歯数は80年代に比べ、全国では4分の1、県内では11分の1にまで減った。新潟大学歯学部の葭原明弘教授は「新潟の虫歯対策は、フッ素うがいだけではない」と話す。

 給食後などの歯磨き実施率は、小学校が9割以上、中学校も7割以上。中学生ごろに増えるという歯肉炎対策として、デンタルフロスの指導を8割以上の小中学校で行っている。検診で虫歯の恐れがあると判断された子どもに受診を促し、必要に応じて歯の溝を埋める治療を施すこともある。心電計


 日常から歯に関心を持たせる取り組みもある。医師やNPOなどによる「はーもにープロジェクト」では10年以上、小学校の文化祭で相談に乗っている。色が変わるガムなどを使い、かみ合わせや歯磨きの方法を指導する。


http://athenadental.exblog.jp/24626330/


コメント(0)

2017.06.26  暴言を目撃したときの激しい不快感

ニュースとなっている国会議員の暴言テープを聴いた人で、衝撃を受けない人はいないはずだ。ただ週刊新潮を見ると、トップ記事扱いではない。ところがニュースやネットでこれだけバズってしまうのを見ると、自分が被害者ではなくても、暴言を吐く人に対して人は強い不快感を持ち、反応してしまうのだと改めて思わされる。

6月21日夜に発生した架線事故の影響で新幹線に長時間すし詰めになった事件でも、ツィッターでは駅員に心ない暴言を浴びせる客の動画が流れてきた。しかも、リツイート数は4桁に上っていた。公衆での暴言は都市部にいると生で目撃する機会も少なくないが、家にいてもネットでこういった不愉快な場面はいやおうなしにも目撃することができてしまう。そしてまた、不快な記憶として長く残ってしまうものである。歯科インプラント


たしかに、新幹線の中に数時間も閉じ込められれば、自分の思うようにならない苛立ちを制御できない人も出てくるだろう。睡眠不足や疲労の影響もあるかもしれない。しかし冷静に考えれば、駅員に暴言をいくら放っても、事態は好転するどころか、クレーマー対応で貴重な人手をムダに奪うことになり、効率的ではない。駅員にからんでいる暇があるくらいなら、ホテルの予約や仕事先への連絡など、遅延の対策を粛々と進める方が合理的である。

暴言をまともに浴びる職種は、個人のストレス耐性にもよるが、精神的に不調に陥る可能性は高い。テレフォンアポインターは電話口で暴言を浴びやすく、精神不調に陥りやすいとある臨床家から聞いたことがある。医療現場も例外ではなく、わたしも患者やその家族から暴言を受け大きな精神的ショックを受けたことがあったが、なんとか今に至っている。歯科用インプラント機器

しかし、同じような暴言に対しても、図太い人もいれば、折れてしまう繊細な人もいる。精神的ショックにより、メンタル不調に陥った研修医など医療関係者も何人か診てきた。病院でも暴言を見るように、現代社会では暴言はいたるところで目撃するようになってしまった。駅員はもちろん、お店やレストランなど、サービスを提供するならば目撃する可能性は十分にある。



80歳でも歯ますます元気に!いつまでも健康な歯を保つためには?

コメント(0)

2017.06.23  松田聖子 離婚で“三角関係”に決着? 成城豪邸を捨てて愛人と逃避行へ

“恋多き女”松田聖子(54)の話題は尽きない。夫で慶応大学医学部准教授の歯科医K氏(53)が、東京・世田谷区の自宅豪邸から1年ほど目撃されなくなったことで、聖子の3度目の離婚が注目されている。

 この自宅からは聖子の姿も見えなくなっており、元格闘家で11歳年下のマネージャーA氏との“不倫同棲”も噂されているさなか、夫と愛人マネージャーとの“奇妙な三角関係”に再び火が付いた。歯科用インプラント機器


 「2人の関係はいまだに続いているため、夫婦仲がうまくいくはずがない。K氏もあの豪邸からいなくなったなら、離婚の可能性は高い」(レコード会社関係者)

 スキャンダルを肥やしにしてきたと言われる聖子は、'00年に2度目の離婚。その後、A氏と9年間ほど公私にわたり関係が続いていたとされるが、'12年に3度目の結婚相手として選んだのがK氏だった。5年前の6月のこと、治療に訪れた聖子が“ビビビッ”と、神田正輝似のイケメン医師K氏に一目惚れしたのだ。妻子がいた歯科医と略奪婚したわけだ。心電計


 「聖子が建てた豪邸で夫婦生活が始まったが、そこにはそれまでA氏が住んでいたんです。A氏は聖子の再々婚と同時に出て行き、マネージャーも解雇となった。そのため聖子は、完全にA氏と切れたと言われたんです」

 しかし'14年2月、聖子は兄や母親が役員を務め、ひとり娘の神田沙也加も所属する個人事務所から独立。A氏と新事務所を立ち上げたのだ。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=67480

コメント(0)