全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.12.15  18年度診療報酬改定 改定率本体0.55%引き上げ 薬価は1.7%程度引き下げ

政府・与党は12月13日未明、2018年度の診療報酬本体の改定率をプラス0.55%とすることを決めた。政府は社会保障費の伸びを6300億円から5000億円へと1300億円圧縮するため、薬価本調査に基づく市場実勢価格(薬価乖離率9.1%)に応じた薬価引き下げで改定財源を確保し、最終的に政府・与党間の詰めの調整を経て本体プラス改定を勝ち取った。前日12日午後には、日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会の三師会が自民党本部を訪れ、岸田文雄政務調査会長、二階俊博幹事長に面談し、2016年度改定(本体+0.49)を上回るプラス改定とすることを求めていた。歯科用インプラント機器

薬価は通常改定分で1.3%程度、特例拡大再算定や市場拡大再算定などの外枠分を含めて1.7%程度引き下げる方向で最終の係数の詰めが行われる。高齢化のピークを迎える2025年に向け、医療従事者の人件費確保や地域医療を守る観点から、前回2016年度改定を上回るプラス改定が不可欠と判断した。心電計

http://athenadental.exblog.jp/26232753/

コメント(0)

2017.12.14  器具未交換、来年報酬下げ 院内感染予防

 厚生労働省は、歯を削る医療機器を患者ごとに交換せずに使い回している歯科診療所に対して来年4月の診療報酬改定から初診料や再診料を下げる方針を固めた。院内感染の予防推進が目的。厚労相の諮問機関の中央社会保険医療協議会に提案し、大筋で了承された。歯科用インプラント機器

 歯を削るドリルを取り付ける柄の部分は「ハンドピース」と呼ばれ、口の中に入れるため、患者ごとに交換して高温の蒸気で滅菌することが日本歯科医学会のマニュアルなどで定められている。心電計

 ところが、厚労省の調査で半数近くの歯科診療所で、消毒液で拭くだけだったり、感染症患者と分かった場合のみ交換したりしていることが判明した。

 厚労省は新たな基準を設けて、使い回しをしている医療機関については、初診料や再診料を引き下げる。基準をクリアした場合は引き上げる。

http://athenadental.exblog.jp/26230080/

コメント(0)

2017.12.13  医療分野における金の需要について

 金は投資商品や資産として保有する以外にも、産業実需として使用・研究されているため、その動向が金価格に影響を与える場合があります。今回はその中でも、【医療分野】における、金の需要と今後の展開について考えていきたいと思います。歯科用インプラント機器
 
 金が使われている代表的な産業としては医療分野が挙げられます。その中でも歯科業界です。2016年におけるテクノロジー関連の金需要は約323トンでしたが、なかでも歯科関連の需要が約18トンと約6%を占めています。その他の医療分野からの金需要と合算すると、もう少し大きい規模感になると思います。心電計
 
 金は人体と長く接触していてもアレルギー反応がほぼないとされているため、歯科素材として多く使われています。クラウン、ブリッジなどよく耳にするものから、技工補助用品、デンチャーなどでも金は重要な材料になっています。

コメント(0)

2017.12.07  行田・愛宕神社で商売繁盛願い酉の市

 行田市行田の愛宕神社で6日、年の瀬恒例の酉(とり)の市が行われ、大勢の市民らが「福をかき込む」とされる熊手などの縁起物を買い求め、商売繁盛や家運隆盛などを祈っていた。

 同神社の酉の市は明治40(1907)年に始まったとされ、111回目。境内には縁起物を売る露店が並び、熊手などの売買が成立すると、「ヨオー」「繁盛!」などと掛け声が飛び交い、威勢のいい手締めが鳴り響いた。 歯科インプラント



 同市の歯科医院院長、大石正人さん(34)は「去年も購入したが、患者さんがいっぱい来てくれました」と笑顔で話した。 心電計



 県内の酉の市は今後、8日に熊谷市の高城神社、14日に春日部市の粕壁神明社などで行われる。

https://latte.la/blog/100220752

コメント(0)

2017.12.05  タールには 「炎症を抑える作用」があった

 実は、タールは身体に有害作用を示すその一方で、「炎症を抑える作用(抗炎症作用)」や「抗ウイルス作用」を持つ成分であり、それ故風邪やインフルエンザに対し予防的、および治療的作用があるのである。歯科用インプラント機器

 そして、これらの作用の歯周病に対する効果もまた、治療的な一面を有する。すなわち、タールが多く含まれている紙巻きタバコを日常的に喫煙していると、歯周病によって生じうる歯茎の痛みや腫れといった症状が、知らず知らずのうちにタールの作用によって抑えられてしまうのである。心電計

 上述した通り、大抵の喫煙者は程度に差はあるものの、歯周病を有している。しかし、タールの作用によりその症状が表面化しないために、例え歯周病が重度に進行していたとしても、気がつかないということが往々にして起こりうるのだ。

 つまり、紙巻きタバコからiQOSに替えたことにより歯茎が痛くなったその原因は、iQOSによる副作用で歯周病が引き起こされたのではない。

 正しくは、タールが削減されたiQOSに切り替えたことにより、元々患っていた歯周病由来の歯茎の痛みや腫れを抑えることができなくなった結果、その症状が顕在化した、ということなのである。

 そのため、もし読者の中に、ここ最近紙巻きタバコからiQOSに替えてから歯茎が痛む…との違和感をお持ちの方がいるとすれば、十中八九、歯周病を罹患していると考えられ、早急に歯科医院の受診をお勧めする。

 以上、歯科医の観点から、紙巻きタバコと次世代タバコiQOSのとの比較、そして次世代タバコiQOSと歯周病の関係性についてについて説明してきた。

http://athenadental.exblog.jp/26202650/

コメント(0)