全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.10.20  横浜クリニック 口の健康と内科疾患

 横浜駅西口徒歩5分にある神奈川歯科大学附属横浜クリニックの7階大会議室で10月28日(土)、「お口の健康状態と内科疾患とのかかわり?」をテーマに市民フォーラムが開かれる。(公社)日本補綴(ほてつ)歯科学会西関東支部主催。時間は午後2時(受付1時半〜)から3時まで。聴講料は無料で事前予約が不要。歯科用インプラント機器

非アルコール性脂肪肝炎に注目

 市民フォーラムは、歯科医師と医師、両方の目線から、口と体の健康の関連性に迫るもの。今話題となっている「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」に注目して講座が開かれる。心電計

 歯科医師の視点からは、同クリニックの井野智院長が登壇。「お口のケアは大丈夫?」をテーマに、近年増加傾向にある歯周病への対策や健康な口を保つためにブリッジ・義歯などの補修の必要性について話す。

 「わかってきたお口と肝臓のかかわり」を横浜市立大学大学院医学研究科の米田正人講師が講演。非アルコール性脂肪肝炎などの肝臓疾患や糖尿病と口の病気の関係について話す。

 問合せは横浜クリニック地域医療連携室【電話】045・313・5047へ。

http://athena.shiga-saku.net/e1374370.html

コメント(0)

2017.10.18  ドライマウスの原因と影響は?

一口に“ドライマウス”といっても、その原因は様々。

緊張やストレス、自律神経のバランスの崩れ、睡眠不足などは、唾液腺の働きの悪化につながります。また、病気や薬の副作用で、口内の水分が少なくなってしまう場合もあります。 心電計


口の中が常にパサパサしている人や口紅が歯につきやすい人は、口の中が乾燥していて、ドライマウスの可能性が大。

ドライマウスは放置すると、口臭の原因になり、歯周病や虫歯のリスクも格段に高まります。 歯科用インプラント機器


さらに症状が悪化すると、食事するだけで口の中に激痛が走るようになることも。水分のない口の中に食べ物を入れるのは、涙が少ない目にコンタクトレンズを入れるようなもの。口の中が切れたり、食べ物を入れただけで痛みが走るようになるというわけです。

http://athena.namjai.cc/e213103.html

コメント(0)

2017.10.17  なぜ「糖尿病予防には歯医者」なのか?<糖尿病1000万人時代>

 最近あちこちの講演先で「生まれ変わったら歯科衛生士になりたい」と語るのは、愛媛県で糖尿病専門のクリニックを開設する内科医・西田亙(にしだわたる)先生。歯科用インプラント機器

 西田先生の「糖尿病を予防したければ歯医者へ」という提言は、昨年11月に日本経済新聞デジタル版で紹介されて大反響だったほか、雑誌「週刊ポスト」の12月9日号でもとりあげられて話題になりました。心電計

■糖尿病を予防したければ歯医者へ行け(日本経済新聞デジタル版)
■日経電子版で大反響「糖尿病予防なら歯医者に行け」は本当か(週刊ポスト)
 糖尿病、肺炎や高血圧、脳梗塞、心筋梗塞など、中高年がかかりやすい病気にならないために、どんな生活習慣が有効なのか? 西田先生が提唱するのは、次の5つのキーワードです。
 1.歯医者
 2.歯間
 3.箸置き
 4.乳酸菌
 5.昆布だし
 前回の記事をお読みくださったかたには、「1.歯医者」と「2.歯間」は大体想像がつくかと思いますが、箸置きって? 乳酸菌って?? 昆布だしって???
 幻冬舎では、そんな西田先生のお話が聞ける健康セミナーを企画しています。5つの奇ワードのほかにも、「最近一部で話題の〈うがい〉ってどうなの?」「いまや糖尿病予防には糖質制限じゃないの?」などの疑問にも、専門医の立場からズバっとお答えいただきます。

 しかも、ご参加くださったかたには、「お口にも腸にも良い」と話題のヨーグルトや、西田先生おすすめの歯ブラシなどのおみやげも進呈予定。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=74125

コメント(0)

2017.10.16  マブチモーター社長宅殺人事件の死刑囚、拘置所で死亡 

法務省は17日、小田島(現姓・畠山)鉄男死刑囚(74)が食道がんのため、16日深夜に東京拘置所で死亡したと発表した。2002年に千葉県のマブチモーター社長(当時)宅などで計4人を殺害した3件の事件で強盗殺人や現住建造物等放火などの罪に問われ、死刑が確定していた。

 同省によると、小田島死刑囚は今年1月にのどの違和感を訴え、検査で食道がんと判明。本人の意思で、拘置所内で症状を緩和する治療を続けていたという。 led光照射器


 小田島死刑囚は02年8月、守田克実死刑囚と共謀し、当時のマブチモーター社長宅で、社長の妻と長女を殺害。現金などを奪い、社長宅を半焼させた。同年9月と11月にも東京都目黒区の歯科医師と、千葉県我孫子市の金券ショップ経営者の妻を殺害し、現金や貴金属などを奪った。

 07年3月、千葉地裁で、いずれの事件も主導したと認定され、死刑判決を受けた。控訴したが同年11月に取り下げて確定。当時の弁護人を務め、今年2月と7月に拘置所で面会したという金子好一弁護士は朝日新聞に「『覚悟はできているから、(積極的な)治療は断った』と言っていた」と話した。(小松隆次郎) 法務省は17日、小田島(現姓・畠山)鉄男死刑囚(74)が食道がんのため、16日深夜に東京拘置所で死亡したと発表した。2002年に千葉県のマブチモーター社長(当時)宅などで計4人を殺害した3件の事件で強盗殺人や現住建造物等放火などの罪に問われ、死刑が確定していた。

 同省によると、小田島死刑囚は今年1月にのどの違和感を訴え、検査で食道がんと判明。本人の意思で、拘置所内で症状を緩和する治療を続けていたという。

 小田島死刑囚は02年8月、守田克実死刑囚と共謀し、当時のマブチモーター社長宅で、社長の妻と長女を殺害。現金などを奪い、社長宅を半焼させた。同年9月と11月にも東京都目黒区の歯科医師と、千葉県我孫子市の金券ショップ経営者の妻を殺害し、現金や貴金属などを奪った。 歯科口腔内カメラ


 07年3月、千葉地裁で、いずれの事件も主導したと認定され、死刑判決を受けた。控訴したが同年11月に取り下げて確定。当時の弁護人を務め、今年2月と7月に拘置所で面会したという金子好一弁護士は朝日新聞に「『覚悟はできているから、(積極的な)治療は断った』と言っていた」と話した。(小松隆次郎)

http://blog.eigyo.co.jp/luccye/article/286602

コメント(0)

2017.10.12  薬と健康の週間 17日から23日まで

 医薬品を正しく使用することの大切さのほか、薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの人に知ってもらうために、啓発活動を行うもの。1949年に「全国薬学週間」が開催されたことを契機に1978年から「薬祖神祭の日」である10月17日 から23日 までの1週間を「薬と健康の週間」と定めている。この機会に、自身の健康や医薬品、薬剤師の役割についてなど考えてみては?歯科用インプラント機器


健康テーマに講演会

 本日12日には、区の医師会、歯科医師会と合同の区民公開講座(参加無料、申し込み不要)が港北公会堂で行われる。定員先着500人。同講座は、港北区健康づくり月間事業の一環。開場は午後1時。歯科用インプラント機器


 「今、あなたにできる健康づくり」をテーマに講演会を実施。【1】「排尿障害と上手く付き合って行くには?〜泌尿器科医からのアドバイス〜」(講師=港北区医師会 すがわら泌尿器科・内科 菅原草氏、午後2時40分〜3時20分)、【2】「歯科医院ですすめる健康へのアドバイス」(講師=港北歯科医師会 楓歯科クリニック 浦東直利氏、同3時20分〜4時)、【3】「陰陽五行説による健康づくり」(港北区薬剤師会 坂本薬局 坂本悟氏、同4時〜同40分)。

 また、1階ロビーと2階会議室を会場に「動脈硬化測定」「医療相談」「介護食展示」「健骨度測定」「お薬相談」が予定されている(午後1時〜2時)。

 「健康づくりを考えるきっかけになればと思う。なお、相談や測定に関しては先着40人となりますので予めご了承ください」と同会は話している。

http://athenadental.exblog.jp/25843325/

コメント(0)