全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.06.26  暴言を目撃したときの激しい不快感

ニュースとなっている国会議員の暴言テープを聴いた人で、衝撃を受けない人はいないはずだ。ただ週刊新潮を見ると、トップ記事扱いではない。ところがニュースやネットでこれだけバズってしまうのを見ると、自分が被害者ではなくても、暴言を吐く人に対して人は強い不快感を持ち、反応してしまうのだと改めて思わされる。

6月21日夜に発生した架線事故の影響で新幹線に長時間すし詰めになった事件でも、ツィッターでは駅員に心ない暴言を浴びせる客の動画が流れてきた。しかも、リツイート数は4桁に上っていた。公衆での暴言は都市部にいると生で目撃する機会も少なくないが、家にいてもネットでこういった不愉快な場面はいやおうなしにも目撃することができてしまう。そしてまた、不快な記憶として長く残ってしまうものである。歯科インプラント


たしかに、新幹線の中に数時間も閉じ込められれば、自分の思うようにならない苛立ちを制御できない人も出てくるだろう。睡眠不足や疲労の影響もあるかもしれない。しかし冷静に考えれば、駅員に暴言をいくら放っても、事態は好転するどころか、クレーマー対応で貴重な人手をムダに奪うことになり、効率的ではない。駅員にからんでいる暇があるくらいなら、ホテルの予約や仕事先への連絡など、遅延の対策を粛々と進める方が合理的である。

暴言をまともに浴びる職種は、個人のストレス耐性にもよるが、精神的に不調に陥る可能性は高い。テレフォンアポインターは電話口で暴言を浴びやすく、精神不調に陥りやすいとある臨床家から聞いたことがある。医療現場も例外ではなく、わたしも患者やその家族から暴言を受け大きな精神的ショックを受けたことがあったが、なんとか今に至っている。歯科用インプラント機器

しかし、同じような暴言に対しても、図太い人もいれば、折れてしまう繊細な人もいる。精神的ショックにより、メンタル不調に陥った研修医など医療関係者も何人か診てきた。病院でも暴言を見るように、現代社会では暴言はいたるところで目撃するようになってしまった。駅員はもちろん、お店やレストランなど、サービスを提供するならば目撃する可能性は十分にある。



80歳でも歯ますます元気に!いつまでも健康な歯を保つためには?

コメント(0)

2017.06.23  松田聖子 離婚で“三角関係”に決着? 成城豪邸を捨てて愛人と逃避行へ

“恋多き女”松田聖子(54)の話題は尽きない。夫で慶応大学医学部准教授の歯科医K氏(53)が、東京・世田谷区の自宅豪邸から1年ほど目撃されなくなったことで、聖子の3度目の離婚が注目されている。

 この自宅からは聖子の姿も見えなくなっており、元格闘家で11歳年下のマネージャーA氏との“不倫同棲”も噂されているさなか、夫と愛人マネージャーとの“奇妙な三角関係”に再び火が付いた。歯科用インプラント機器


 「2人の関係はいまだに続いているため、夫婦仲がうまくいくはずがない。K氏もあの豪邸からいなくなったなら、離婚の可能性は高い」(レコード会社関係者)

 スキャンダルを肥やしにしてきたと言われる聖子は、'00年に2度目の離婚。その後、A氏と9年間ほど公私にわたり関係が続いていたとされるが、'12年に3度目の結婚相手として選んだのがK氏だった。5年前の6月のこと、治療に訪れた聖子が“ビビビッ”と、神田正輝似のイケメン医師K氏に一目惚れしたのだ。妻子がいた歯科医と略奪婚したわけだ。心電計


 「聖子が建てた豪邸で夫婦生活が始まったが、そこにはそれまでA氏が住んでいたんです。A氏は聖子の再々婚と同時に出て行き、マネージャーも解雇となった。そのため聖子は、完全にA氏と切れたと言われたんです」

 しかし'14年2月、聖子は兄や母親が役員を務め、ひとり娘の神田沙也加も所属する個人事務所から独立。A氏と新事務所を立ち上げたのだ。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=67480

コメント(0)

2017.06.22  糖尿病患者はほぼ歯周病キャリア

西田氏 まさにその通りなんです。歯周ポケットに入り込んで繁殖した細菌が出す炎症性ホルモンが、歯肉から血管に入りこみ、血糖値を下げるインスリンの働きを弱めることがわかっています。体はなんとかして、より多くのインスリンを作ろうとしますが、これが続くと、インスリンを作る細胞が疲弊し、糖尿病を発症します。歯科用インプラント機器



森氏 もう1つ、唾液が少なくなることによる味覚障害も糖尿病を悪化させます。歯周病がひどくて味がわからなくなって偏食になる人は山ほどいます。ハンバーガーとかフライドチキンとか濃い味にながれ血糖値が上がります。

 ――糖尿病患者のうち、歯周病が原因である比率はどの程度でしょう。心電計


 森氏 データとしてはありません。ただ、歯周病が国内に8000万人で、糖尿病が予備軍いれて2200万人ですから、糖尿病患者はほぼ歯周病を持っていると考えていいですよね。

 ――学術的にはどれだけ立証されているのですか。

 西田氏 最初は1993年に、アメリカの歯科医が発表した論文がきっかけでした。糖尿病には、腎症、網膜症、神経症などの合併症がありますが、その第6が歯周病である、というものです。その後15年たってようやく、日本糖尿病学会の治療ガイドラインに歯周病が合併症の一つとして登場しました。

 森氏 その後も両者の相関関係はあまり注目されずに来ましたが、去年あたりから風向きが変わってきましたね。歯をケアすると血糖値が改善し糖尿病が良くなるというのが学問的にもコンセンサスになりはじめていると思います。

http://athena.shiga-saku.net/e1347586.html

コメント(0)

2017.06.22  Oculus RiftのARで歯科治療支援、ソフトバンクとモリタが開発

ソフトバンク傘下のシステム開発企業リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(東京・港)と、歯科医療機器販売大手のモリタ(大阪府吹田市)は2017年4月中旬までに、ヘッドマウントディスプレー(HMD)によって歯科治療を支援するシステムを開発した。2年後をめどに、歯科大学などにおける教育・研修用途での実用化を目指す。歯科用エアモーター


モリタの森田晴夫代表取締役社長は「当社は、画像診断やCADなどコンピュータを使って歯科医療を革新する取り組みを推進してきた。未来を見据えたときに、AR(拡張現実)やMR(Mixed Reality=複合現実)を活用することで、治療の精度を高められると考えた」と話す。

 新システムは、仮想空間(画像診断結果)と現実空間(目の前の患者の姿)を複合させるMR技術を活用する。歯科医師は米オキュラスVRのHMD「Oculus Rift cv1」を装着した状態で治療する。超音波スケーラー用チップ


 HMDの画面上では、事前に実施したレントゲン写真などの画像診断結果と患者の姿をリアルタイムで重ね合わせて表示する。肉眼では見えない内部の神経などもマーキングして表示される。

 従来は画像と患者の姿を交互に見て、神経の位置を推測しながら治療を進める必要があった。新システムでは、視線を目の前の患者の口内に集中させたまま、神経の位置を正確に把握しながら傷めないように治療を進められる。



コメント(0)

2017.06.20  歯が痛いときにしてはいけない行為を歯科医師が解説

体に何らかの痛みが生じたら、医療機関を受診するのが普通だろう。ただ、もしも抜き差しならない状況に置かれていれば、すぐに医師のもとを訪れることはかなわない。

そのような際は自分で痛みを何とかしようと対処しがちだが、時にはかえって逆効果となってしまうこともある。素人の"禁忌行為"は、後の治療行為を難しくさせる可能性を秘めているため、細心の注意が必要だ。歯科用エアモーター


今回は、M.I.H.O.矯正歯科クリニックの今村美穂医師に「歯が痛いときにしてはいけない禁止行為」についてうかがった。

運動や入浴で痛みが増す恐れ

歯痛にさいなまれた際に誤った行動をしてしまうと、痛みがよけいにひどくなる恐れがある。歯の痛みは大人でも耐えられないケースがあるが、その痛みをさらに増大させるとなれば、まさに"禁忌行為"だろう。

では、実際のところはどういった行動がNGなのか。今村医師は血行をよくする行為全般は痛みを誘発する恐れがあると話す。超音波スケーラー用チップ


「歯根の中の小さな歯髄腔という管の中に『歯髄神経』と呼ばれる神経があるのですが、その神経が細菌に感染することで歯の痛みが起きます。その際、その神経の炎症を助けようと白血球などの抗炎症細胞が集まってきますが、神経の存在する歯髄腔は小さく細いです。そのため拍動性の圧がかかり、痛みを発します」

血行の循環をよくすることは、血液の流れが活発になることを意味している。すると、歯髄腔の中の神経にますます圧がかかり、痛みが増加するというわけだ。

血行がよくなる主な行為は以下の通り。

コメント(0)