全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


歯科技工用遠心鋳造器のブログ

2017.12.07  行田・愛宕神社で商売繁盛願い酉の市

 行田市行田の愛宕神社で6日、年の瀬恒例の酉(とり)の市が行われ、大勢の市民らが「福をかき込む」とされる熊手などの縁起物を買い求め、商売繁盛や家運隆盛などを祈っていた。

 同神社の酉の市は明治40(1907)年に始まったとされ、111回目。境内には縁起物を売る露店が並び、熊手などの売買が成立すると、「ヨオー」「繁盛!」などと掛け声が飛び交い、威勢のいい手締めが鳴り響いた。 http://www.athenadental.jp/category-2057-b0-歯科用インプラント装置.html


 同市の歯科医院院長、大石正人さん(34)は「去年も購入したが、患者さんがいっぱい来てくれました」と笑顔で話した。 http://www.athenadental.jp/category-2019-b0-心電計.html


 県内の酉の市は今後、8日に熊谷市の高城神社、14日に春日部市の粕壁神明社などで行われる。

https://latte.la/blog/100220752

コメント(0)

2017.12.05  タールには 「炎症を抑える作用」があった

 実は、タールは身体に有害作用を示すその一方で、「炎症を抑える作用(抗炎症作用)」や「抗ウイルス作用」を持つ成分であり、それ故風邪やインフルエンザに対し予防的、および治療的作用があるのである。歯科用インプラント機器

 そして、これらの作用の歯周病に対する効果もまた、治療的な一面を有する。すなわち、タールが多く含まれている紙巻きタバコを日常的に喫煙していると、歯周病によって生じうる歯茎の痛みや腫れといった症状が、知らず知らずのうちにタールの作用によって抑えられてしまうのである。心電計

 上述した通り、大抵の喫煙者は程度に差はあるものの、歯周病を有している。しかし、タールの作用によりその症状が表面化しないために、例え歯周病が重度に進行していたとしても、気がつかないということが往々にして起こりうるのだ。

 つまり、紙巻きタバコからiQOSに替えたことにより歯茎が痛くなったその原因は、iQOSによる副作用で歯周病が引き起こされたのではない。

 正しくは、タールが削減されたiQOSに切り替えたことにより、元々患っていた歯周病由来の歯茎の痛みや腫れを抑えることができなくなった結果、その症状が顕在化した、ということなのである。

 そのため、もし読者の中に、ここ最近紙巻きタバコからiQOSに替えてから歯茎が痛む…との違和感をお持ちの方がいるとすれば、十中八九、歯周病を罹患していると考えられ、早急に歯科医院の受診をお勧めする。

 以上、歯科医の観点から、紙巻きタバコと次世代タバコiQOSのとの比較、そして次世代タバコiQOSと歯周病の関係性についてについて説明してきた。

http://athenadental.exblog.jp/26202650/

コメント(0)

2017.12.04  シリーズ「歯周病」について㉒ 中山歯科医院【栗平駅前】

これも歯周病悪化につながります」と警鐘を鳴らす。粘着性のある食べ物はプラーク(歯垢)残存量が増加し、歯周病菌が増殖しやすいのがその理由だ。歯科用インプラント機器

 かかりつけ医による定期検診の大切さを訴える同院では、磨き方指導から、歯石除去や咬み合わせのバランス調整、ナイトガードの装着など、通院者の状況ごとに丁寧なアドバイス等を実施。「まずは日々の気遣い。歯磨き時の出血や口臭など、異変に気付いたら速やかに相談してみる習慣を持って頂きたいのと、かかりつけの歯科医での定期的な検診が大切です」と話す。心電計

■中山歯科医院(小田急多摩線栗平駅1分)【電話】044・988・3118

9時半〜13時/14時〜18時、休診日…木曜、日祭日

http://athenadental.exblog.jp/26183814/

コメント(0)

2017.11.29  結核の死者170万人 WHOが年次報告

 2016年に新たに発症した結核患者は世界で推定1040万人、結核による死者は同170万人で死因の第9位を占めていることが世界保健機関(WHO)がまとめた結核に関する年次報告で明らかになった。歯科用インプラント機器

 死者の95%以上は低・中所得国で発生していた。WHOの結核対策プログラムの責任者は、予防・治療対策をより加速する必要があり「特に貧しい、恵まれない人々が医療の恩恵を受けられるよう、普遍的な医療制度や社会制度、研究での迅速な行動が求められる」としている。心電計

 報告によると、結核患者はアジアとアフリカに多く、国別ではインドが最多。以下、インドネシア、中国、フィリピン、パキスタンとアジアの国が並び、アフリカのナイジェリアと南アフリカを含めた計7カ国で全体の64%を占めた。

 推計で100万人の子どもが結核を発症し、25万人が亡くなったとみられる。結核を併発するケースが多いことが知られるエイズウイルス(HIV)感染者では、死亡原因の40%が結核だった。

 近年、増加が懸念されている薬剤耐性結核については、主要な薬が効かない結核患者が推定で60万人発生し、そのうち49万人は多剤耐性結核菌によると推計している。

 15年に採択された国連の持続可能な開発目標(SDGs)で、結核はエイズやマラリアなどと並んで30年までに流行を止めるべき感染症と位置付けられた。報告書は、発症数は年間2%減少したものの、当面の目標達成にはこれを年間4~5%まで加速する必要があると強調している。

http://athenadental.exblog.jp/26180570/

コメント(0)

2017.11.27  厚生労働省の研究班が08年度に実施した陽性者に対するアンケートによると

HIVに感染していることを知らない期間に「歯科診療を受けていた」と回答した人は929人中403人(約43%)に上った。つまり、歯科医は日常的に陽性者と接する可能性があるということだ。ならば遠ざけるのではなく、きちんと感染対策をし、治療をすればいいと鈴木さんは考える。沼津市歯科医師会の勉強会が開かれた11月1日夜も、集まった約130人に語りかけた。「患者さんを区別できません。ならば安心安全に、差別・偏見なく治療することが必要なのではないでしょうか。やれることからやればいいんです」 歯科用インプラント機器

 私が鈴木さんと出会ったのは14年5月。福岡県の病院でHIV陽性の看護師が退職を余儀なくされた裁判を取材していた時だ。生島さんが「陽性者を嫌がったり差別したりする医療者もいるけど、そういう人ばかりじゃないんだよ」と紹介してくれた。鈴木さんは温かく迎えてくれたが、最初は記事に取り上げることをためらった。陽性者も、他の患者と変わりなく治療する医療現場が標準であるべきだし、あってほしいからだ。心電計

 陽性者を受け入れる歯科医は確実に増えた。しかし今も診療を拒んだり、診療できないと勘違いしたりする人がいる。その中で鈴木さんはいち早く正確な知識に近づき、できることに力を尽くした。その姿勢はもっと知られていい。

 87年1月、国内で初めて女性のエイズ患者が神戸市で報告され、大きく報道された。私は当時5歳だったが京都に住み、あのころの「エイズパニック」をよく覚えている。ニュースを見た私自身も、神戸にいる親戚は大丈夫だろうか、京都までエイズが飛んでくるんじゃないか--と誤った恐怖心にとらわれたからだ。

 36歳になった今、報道する側に身を置く。未知の感染症と遭遇した時、どう向き合い、どう報じるべきか。鈴木さんが歩んだ道に学ぶべき教訓がある。

http://athenadental.exblog.jp/26174396/

コメント(0)