全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


Probuycheap隠しカメラとジャマー専門店のブログ

2017.04.21  隠しカメラは何といってもカメラに見えない

隠し撮りの手法です。人が近づくと自動撮影するカメラもおすすめで、撮影の日時が記録としてきちんと残るものを選ぶと証拠になります。いざと言う時にも使えるドライブレコーダーが活躍します。意外とドライブレコーダーと防犯カメラを併用している人が多くいます。
http://www.probuycheap.com/camera/c-21.html

防犯カメラは、見た目にカメラと分かることがメリットです。カメラがあると思って犯行を思いとどまってくれればいいんですが、そうならなかったときが問題です。一人暮らしや共働きの場合は、仕事に行っている間は、留守番をしているのは、ペットだけです。ペットのことが一日中、気になっている人もいますよね。また、家に帰ってきたら、部屋が散らかっていて困っている人もいるかもしれません。充電器型カメラを使うには理由があります。カメラのレンズが気になるペットが意外に多いんです。自然に撮影をすることができます。
http://www.probuycheap.com/charger-type-camera/c-21_16.html

録画をする場合には、撮りたい場所にカメラを合わせて位置が決まった時に、録画のボタンを押して録画を始めますよね。撮影した動画を保存するのは、隠しカメラに内蔵されたメディアです。隠しカメラは何といってもカメラに見えないことが最大の特徴です。これが家の中で取り付ける家庭用防犯カメラとしても効果的に働きます。防犯カメラに一番映っているのは他ならぬあなたや、あなたの家族です。玄関に小型 カメラを設置したら、毎日玄関を通るあなたは毎日撮影されています。カメラに気づいていても気にせず入ってくるタイプ。又はカメラに気づいてもいない者もいるでしょう。いずれにしてもこのタイプは外に防犯カメラがあろうとも関係なく入ってくるので非常に厄介です。
http://www.probuycheap.com/mini-camera/c-21_5.html

カメラを壁や天井に固定しても、SDカードを取り出せるように作られているので簡単に外せますからあまり意味がありません。真っ暗な部屋では撮影できません。それに取り付け位置に問題があります。天井に固定しないといけないので、毎日映像を確認するといっても、カメラをその度外さないといけないので非常に手間がかかります。格安になった隠しカメラですが、性能が上がってきたことで撮影スタイルも広がってきています。これまでの火災報知器型カメラは写真を撮影する使い方が一般的でしたが、現在では動画撮影にも対応して利用用途が一気に広がりました。

http://www.probuycheap.com/fire-alarm-type/c-21_6.html

コメント(0)