全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


Probuycheap隠しカメラとジャマー専門店のブログ

2016.11.11  店内での万引き対策を主とした防犯カメラシステム

まずは玄関周りです。不審者や詐欺など家の入り口への警戒心は皆さん強いと思いますので、防犯対策の初歩にもなります。あえて隠しカメラを設置しているとわからせるのも防犯に役立ちます。1人暮らしの女性などを狙った犯罪では、留守の確認などで家を訪ねてくるような大胆な行動も増えています。隠しカメラのような防犯よりも、見せるカメラとしての活用も訪問者に対する警戒心をアピールできる方法として有効になるようです。

ストーカー被害などは、証拠が少ないと警察も動いてくれないといいます。そのような身の危険を感じる場面でも、隠しカメラは役立ちます。自分がされた行為や脅し文句など、音声だけではなく撮影しておけるのも強みですね。あなたが嫌がらせを受けているという証拠を残す為に、対象者にカメラの存在を悟られては、迷惑行為自体をやめてしまうと思います。
相手に撮影をしているということを悟られない為に隠しカメラを活用できると思います。
http://www.probuycheap.com/camera/c-21.html
近年増加傾向なのは、充電器型カメラなど実用的な製品になりすましたカメラが増えています。驚きなのは電球型カメラといった電源確保も兼ね備えた製品の登場です。プロの探偵さながらの本格使用も可能なインテリアカメラは一般家庭に多く普及しています。見覚えのないインテリアが生活圏内に急に配置された場合には同居人によるカメラの設置も疑う必要があるかもしれません。家具などに溶け込むような形状のカメラにはフック型のカメラが存在しております。

http://www.probuycheap.com/charger-type-camera/c-21_16.html

店内での万引き対策を主とした防犯カメラシステムです。コンビニやアパレルショップなど万引きの多い店内をしっかりと防犯カメラで録画し、「万引きさせないための抑止力」「」として、使用します。また、従業員による万引き行為を「内引き」といいます。最近では「スタッフがレジのお金を盗む」、「服(商品)を盗む」、「商品を食べてしまう」などの対策用に小型 カメラを設置する機会も増えています。万引きはお客様だけがするモノではありません。店員が行う万引きを「内引き」といいます。レジやバックヤード、食料倉庫に防犯カメラを設置して内部の不正も抑止します。
http://www.probuycheap.com/mini-camera/c-21_5.html
店舗等では営業時間だけでないく、閉店後の様子も心配になります。閉店後の店舗は非常灯だけでほぼ真っ暗な状態のため、そのような状態の場所を撮影するには、赤外線ライトが搭載されているカメラが必要となります。ただ店舗では過剰な防犯対策をしすぎるとお客さんが店舗に入り辛くなるので、注意して対策をおこないましょう

http://peatix.com/group/45211

コメント(5)