全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


buyshopesのブログ

2016.11.28  レーザーポインターled 光が広がらないように設計する方法


レーザーポインターled は、プレゼンテーションのスクリーン上のポインターとして使われるので、光が広がっては困るのです。

したがって、如何に光が広がらないように工夫されているか?という観点でご説明いたします。



光が広がらないように設計する方法の、原理は簡単です。

できるだけ小さい光源から光を出し、少し離れた衝立に用意したできるだけ小さい穴を通過させた光(すなわち広がらない光だけを選ぶ)

を取り出せばよい。すなわち光を絞り込むことです。

これに相当する、レンズ光学の設計をすれば、簡単に実現できます。


レーザーポインター3w


「広がらない光」ができたとしても、効率が悪く、事実上その光はとても弱いものになってしまいます。

ある程度の光の強さを維持しながら、光を絞り込むことは、至難の技で、どうしても妥協が必要になります。(結局光を広げてしまう)



この絞り込みの値は Etendueという概念で定義することができます。 光源の面積x絞り穴の面積/(光源から衝立までの距離:r の2乗)



光束(明るさ)=光源輝度xEtendue



目的に合った明るさを得るためレーザーポインター 猫が使われています。


それは 光源輝度を桁違いに大きくできる光源として特別なものだからです。 レーザーポインターusbの光源輝度は、従来光源の何千倍何万倍も大きいので、

広がらない光、すなわち小型レーザーポインターが可能になったのです。


紫も赤も、100mWでは光線は非常に見えにくいです。夜でもうっっっすらと見える程度です。

動画を撮る環境によって空気中の浮遊物の量も違いますし、光線がよく映るように煙などを焚いている場合もあります。それに加えてカメラの性能も関係してくるので動画で判断することはできないと思います。

長くなりましたが、星を指す目的では紫・赤の100mWはおすすめできませんね。


コメント(0)

2016.11.25  100mw 星空キャップ付レーザーのパーティやカラオケ


遠距離射程レーザーポインター グリーン100mw


星空 レーザー


全ては金属銅で作られて、手触りがいい 。懐中電灯はアルミニウム合金製で、厚くておっとりです。内蔵モジュールが金属銅で作られ、手触りが良い、放熱性も良い


100mw 星空キャップ付レーザーのパーティやカラオケ等で満天の星空を披露したり、お世話になった方への実用的な贈り物としても最適です。


遠距離射程レーザーポインター 緑色は住宅の修繕業務、ビル、倉庫の保全、確認に 工事現場、建設現場区域の作業指示や説明に 的確な照射で会議のプレゼンテーションに 観光案内、各種イベントの指示棒として


お手頃なサイズで、携帯に便利。高品質な金属棒状、純粋の黒色機種レーザー指し棒、ものすごい高輝度で、 室内では光点がまぶしいくらいです。 逆に言えば、緑で視認性も良く、屋外で使用する。


ミニ 緑レーザーポインター5mw レーザー指示棒


耐久性レーザーポインター


一般的に、暗い環境でその軌跡は簡単に捕らえます。特に、夜間時、このレーザーを空に指したら、目が届くところに、きっと明るいグリーン光がに直射するのが見えます。


5mw ミニ レーザーポインター。スリムボデイだから、携帯にも便利。売れ続けるシンブルなペンタイプ ミニ型で携帯性に優れ、教育やプレゼンテーション、ビジネスの現場でよく用いられます 。


2in1星空タイプ、スタイリッシュな高機能グリーンレーザーポインター。 お手頃値段なのでギフトや名入れに最適。バーやカラオケやパーティーや宴会で大活躍! 


 


コメント(0)

2016.11.20  レーザーポインターは着弾点が明るすぎたり温度によって


見えやすさで言えば、ブルー/パープルの5mWより、赤や緑の1mWの方が見えやすいと思います。

ブルー5mWと赤1mWはどちらがより見えやすいかは分かりませんが、

緑1mWの方が見えやすいのは確かです。

人間の目は、

緑>赤>青>紫、の順番に見えやすいように出来ています。


レーザー カラス退治



ただしその光が見えやすいかということと、光のエネルギーの強さは別です。

緑1mWを直視するのと、紫5mWを直視するのでは、

緑1mWの方が眩しく感じるかもしれませんが、危険度は紫5mWの方がはるかに上です。



結論として、ブルー/レーザーポインターブルー

危険な上に見えにくいので、会議や研究発表の場では使いにくいと思います。



また、おそらく5mW出ていると思います。

レーザーポインター星は本来、安全のために5mWのものを1mWの出力に抑えて販売してるので、

5mWのまま売った方が安上がりなんです。

業者にとって偽造する必要性がありません。



なお先に回答されているように、200mWなどのハイパワーであれば、マッチに火が着くかどうかで調べられるのですが

1mWや5mWではどちらもマッチに火は着かないので本当に5mWか確かめるのは難しいです。



個人的には、PSCマークのついた緑1mWをおすすめします。

夜空の遠くまで軌跡が見えて美しいですし、安全です。

ただし猫用レーザーポインターは着弾点が明るすぎたり温度によって出力が大幅に変わる欠点があり、

また赤レーザーは10人に1人と言われる色弱の方に見えにくかったりと一長一短なので、

広い会場で遠くのものを差したり天体観測には緑レーザー、

それほど広くない会場なら赤強力レーザーポインターを使うのが無難だと思います。


コメント(0)

2016.11.14  赤外線レーザーポインターカラス 撃退でもない限り不可視


クラス2レーザー機器を扱っていた経験のあるエンジニアです。

毎年、目の検査をするのが義務付けだったですね。

先に回答した方のおっしゃるとりですね。

数十mWとかレーザーポインタというのは名ばかりの凶器のような代物が安価に出回っているのはレーザーの恐さを知っている人間にはたまらない話です。PCの動画はもちろん問題ないのですが、この手のクラス3レーザーは直視は当然のこと直視すれば失明、または重篤な網膜の損傷は免れませんし、拡散反射光すら危険です。


>高出力レーザー は何故これほど危険視されているのですか?



目に当たれば失明し、皮膚をも焼くレーザーと言っても

ちょっと強力なエアガンなら同じかそれ以上の危険性ありますよね?

赤外線レーザーポインターカラス 撃退でもない限り不可視でもありません。




それとも殺傷距離が非常に長いのでしょうか?

前に質問したところ、飛行機にまで届いた事例があったそうですが。

普通の懐中電灯の電力が1Wとします。その場合は1meterも行くとすぐ広がるため、遠くにいる人の目に入っても、どうということはありません。しかし、レーザー光の場合は、立体角が10^-9ステラジアンにもなる場合があります。このようにビームがうんと絞られるので、数ワットエネルギーが眼に飛び込むと、水晶体で、さらに絞られて網膜を一瞬で焼きつくすのです。


星空効果レーザーポインター


ライターやナイフの危険性はほとんどの人が知っていますが、

レーザーポインター光の危険性についてはほとんど知られていません。



夜間レーザー光を遠くの建物に照射して光線を見て楽しむ

などということをすると、たまたまその建物に居た人が遠くに

見える明るい光を見て何だろうと注視する。それですぐに

失明はしませんが、網膜の中心を火傷して注視した所が

ぼやけるという視覚障害を負うことがあります。多くの場合

被害者が傷害に気付くのは何日か過ぎた後になります。


波長によって青レーザーポインターの色が変わります。

レーザーは色は関係なしに、強さは出力によって決まります。

グリーンとレッド、パープルの200mwなら全てマッチに着火できると言うことです。

照射されるほうも赤外線を吸収しやすいほうが熱くなります。なので黒が一番いいです。



レーザーは色によって製造が難しかったり、簡単だったりするので、値段が大きく異なります。


http://matome-link.com/iphone/422/


http://site-1029308-2758-4150.strikingly.com/


コメント(0)

2016.11.10  星座観測の100mw程度のレーザーだけどね


クラス2 

1mW未満の出力。0.25秒間未満の直視は問題無いとされる。PSCマーク認定レーザーポインター、主にプレゼンテーション用。 

2001年以降これより上の出力を持つ小型レーザーポインター(正確には電池駆動の携帯用レーザー応用装置)の製造販売、及び輸入販売は法律で禁止されている。


星座観測の100mw程度のレーザーだけどね


Ledライト懐中電灯型赤レーザー


クラス1~2のレーザーだと、空気中のレーザーの軌跡が視認できない為

学術的使用に限り、所持・使用って限定的な認可になっている筈です。

なので地方自治体が使っているからOKではないよ。



それとね、クラス2のカラスレーザーポインター でも0.25秒を超えて直視すると

網膜が焼けるって知ってた? 非常に危険なものなので

取扱は慎重にして欲しいな。



最後に、私が所属するサバゲーチームに現役の警察官が居ますが

個人輸入といえども、所持・使用目的に正当性の無い(何の目的か説明できない)

クラス3以上の2色レーザーポインターを所持しているのが判明した時点で、検挙の対象になるそうだ

ドライバーを持っていても、銃刀法違反で検挙されるのと一緒だそうです。

レーザ光線は例えば国内でレーザポインタとしての販売が許可されているクラス2およびクラス1で1mW未満であっても、直視した場合に回避行動が取られなければ、網膜に恒久的な損傷を与える事になります。

それ以上の出力を持つレーザは凶器以外の何物でも無く、レーザポインタ(レーザー照準器)の目的を越えた製品です。

これらの高出力レーザは管理された施設内でのみ使用されるべきものであり、むやみに照射した対象物を見るだけで、その反射光により失明等の重大な身体の損傷に繋がります。

つまり正面から光線を見なくても、空気中のチリや埃、水蒸気等に反射した物を見るだけでも失明のリスクがあると言う事です。


http://www.buyshopes.com/50mw-led-laser-red-c042.html


http://buyshopes.jigsy.com


コメント(0)