全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


buyshopesのブログ

2017.11.14  グリーンレーザーポインターの規格として波長が記載されている

グリーンだけでは無くそのようなカラーのレーザー購入を検討することも多くなったでしょう。

そこで注意したいのは、何mw(ミリワット)と言う数値です。

この数値は、基本的にはレーザーポインター強力(レーザー光源の消費電力)ですが、

これらも明るさに比例しますので、購入時は明るさの基準に考えるといいでしょう。



まずレーザーポインターカラスの場合、人間の目にかなり明るく見える波長532nm(ナノメートル)を使用しています。

クラブなど暗めの室内でスモークを炊いてのビーム演出時、30mwでも7~10メートルぐらいは強く光が出ています。

それを越えるととたんに光は弱くなっていく感じです。


ところが、超高出力レーザーポインター光線は、ご存知の通りある光を1点に集中して光を発します。

この時、ポインターから発せられる光の波長は1種類で、光が拡散する事なく遠くでもまっすぐな光が届くようになるのです。



これが普段私たちが生活の中で見る光と、人気レーザーポインターとの大きな違いです。


いわゆる「色」は光線の波長によって識別されているが、これはレーザー光においても例外ではなく、このためグリーンレーザーポインターの規格として波長が記載されている場合は、その値から「何色のレーザー光か」を知ることが出来る。単位は主に「nm」(ナノメートル)で示される。


高性能レーザーポインター


グリーンレーザーポインター用途

住宅の修繕業務、ビル、倉庫の保全、確認に

工事現場、建設現場区域の作業指示や説明に

的確な照射で会議のプレゼンテーションに

レーザーポインター星観光案内、各種イベントの指示棒として

コメント(0)

2017.10.19  よってレーザーポインターを白い壁に当てても分散する


5000mWなんてレーザーポインターusbは普通は作れません。ただ、ダイオードを2~3個使えばいけるでしょうけど、出力が高すぎて本体もかなり大きくなるはず。作れたとして、所持・使用するのは違法でもなんでもないですよ。でも強力すぎるので公共の場所では慎重さを求められますよね。違法なのは1mW以上のレーザーポインターを日本で販売することだけです。


中国人が巧みに日本語を使った出力高出力レーザーポインターショップで売ってる3000mWとか5000mWなんかのグリーンはホントは100mWくらいなもんですし。そういう中国人のところのブルー2000mWも実際は800mW程度くらいみたいです。わかってると思いますがショップで買う場合は中国人以外のまともなところからにしましょーね。


ライトの位置が変えられないんでしょ。

ライトを布にあてる方向だけが変えられるのでしょ。



そんな状況でレーザーポインター緑など意味は無いでしょう。

実際に布反射経由で被写体にライトを当てればわかるのではないですか。

目でみて露出の状態がわからなければテスト撮影してみれば良いでしょう。

フィルムで撮影する事は要求されていてもデジタルカメラの使用を禁止されていな限り可能でしょう。


なぜ光を白い壁に当てるのかは、写真の仕事していればお分かりかと思いますが、白に当てることで光を乱反射させて分散させ、柔らかい光にしているのです。

よってレーザーポインターを白い壁に当てても、分散するだけで鏡のような反射はしません。出力上げても壁が焦げるだけです。


例えばレーザーポインターブルー を無力化するには、赤レーザーに対応したゴーグルでないといけません。



ただし、このゴーグルは赤は防げますが、緑や青や赤外線は防げないのです。



緑なら緑、青なら青、赤外線なら赤外線、と対応したゴーグルでないと


http://zjiayou0811.flips.jp


https://calil.jp/user/4898907121


コメント(0)

2017.10.13  レーザー駆除の方法は鳥に適応できない


usbレーザーポインター ペン型 用途: アウトドアスポーツ、野外生存、家庭用応急、災害防止応急修理、警戒防衛、害鳥撃退、天体観測、自動車常備など広範囲に応用する。この超強力レーザーポインターの機能は更にそろっている。


他の駆除の方法と比べて、このレーザー駆除の方法は鳥に適応できない、そして滑走路を全天候型、自動スキャンできる。鳥の生息地と再生の環境を永久劣化される。航空機が動きないの夜明け、夕暮れ時や夜間にレーザー 鳥撃退器が途切れないに動作して空港の滑走路と坪を扫射続ける。電池のマイナス側を内向き、プラス側を尾部向いて置いてから、蓋をしっかり閉じる。(注意:超強力グリーンレーザーポインターで、電池の方向を間違いましたら、内部パーツを焼却する)


レーザーポインター の明るさが低下になると電池の充電や交換してください。


使用しない時には電池を抜いて、幼い子供の手の届かない場所に置いてください。


天文愛好家は他の人が星座を鑑賞と撮影の邪魔しないように、ハイパワーレーザーポインター建築を使用の場合に、頻繁に長時間使用しないでください。


懐中電灯のデザインは簡易で、精巧です。 航空アルミニウム材質で作られて、表面は電気メッキで処理して、手触りが良い,200mw出力電力ですので、マッチを燃やすことができます,焦点調整可能 で、実際によって調整られますから、幅広いの人々に満足していただけます,グリーン200mWレーザーポインター


1 。高出力レーザーポインター自体は、レーザー光を用いた光特性ので間違いなくヒトおよび動物の眼に対して照射されない!

2 。連続レーザ光時間は、原因過熱やレーザーの寿命に影響を与えるのだかどうか、 2分以下でお勧め!

3 。使用していない、子供が所定の位置に取得することは容易ではないときは、バッテリーを取り外して!

4 。レーザー光の明るさが厳しく減少した場合は、バッテリーを充電するか、バッテリを交換するために注意してください。


http://kjbyby.net/show/h16azpb


コメント(0)

2017.10.02  光線の軌跡の見える充電式 USB レーザーポインター


火がつく緑色レーザーポインターで猫をあやせとかめちゃくちゃ書いてますよね。二人で使うなら20mmで十分です。指差すだけでも十分です。肩に顔をつけさせるんですよ。レーザーの軌跡を横から見るから見えにくくなるのです、軸上から見れば弱くても十分です。

光線の軌跡の見える充電式 USB レーザーポインターってどのぐらいの出力が要るか?


色にも関係があるそうですね

日本国内で販売されているレーザーポインター青色って1mw未満で軌跡の見えるのが不可能なのかな?

でも、海外での販売店で1000mwまでの超高出力レーザーポインターを販売されていてびっくり!!!!



海外でのの光線はっきり見えるレーザーポインターは危険ではないのか?大丈夫か?


海外でのの光線はっきり見えるレーザーポインターは危険ではないのか?大丈夫か? 



100mW当たりから黒い物体にあたった場合照射対象が焦げたり燃えたりし始めます。

また、1000mWクラスでは普通の物体あたった時の散乱光ですら網膜損傷の危険があります。



(体験談として532nm、5Wのカラス除け レーザーポインターを扱ったことがありますが反射率99.5%以上のレーザー用ミラーからの散乱光ですら太陽を直視したときのような一時的な(短時間)視力障害になります。)


レーザーポインタに使用されるレーザーダイオードの放射する単位時間あたりのエネルギーの大きさを表す単位です。こういうと難しいですが単純に明るさと考えてもよいでしょう。

1mWでどれだけ届く(見える)のかという質問に関しては回答できません。

あなたの視力や大気の汚染度よって変わるからです。



単位の意味ですが、

mW(ミリワット)のm(ミリ)は1/1000を表す接頭辞ですから

1mW=0.001W

です。

W(ワット)は1秒間あたりのエネルギー量を表します。

蛇足ですがWは大文字です。

0.24と時間(秒)をかければcal(熱量=エネルギー量)に換算できます。

ちなみに1馬力は約750Wです。

このように物理的なエネルギーは等価なので色々な形に換算できます。

同じ光源でも電球や蛍光灯は数十Wですから1mWというのは実際のところとても小さなエネルギーです。ですが安全レーザーポインターというのは光の波長と位相が揃っているので、レンズを使うととてもビーム(スポット)を小さく絞ることができます。そうするとエネルギー密度が非常に高いので直視すると目の網膜を焼いてしまい、最悪は失明するというリスクがあります。さらに数十Wもあれは鉄板を切ってしまうほどのパワーになります


コメント(0)

2017.09.19  わずかにレーザーポインター建築の方が遠くに届く可能性はあります


緑のレーザーは532nm、赤のレーザーは635nm、650nmが主流ですが

見えやすさで比較すると532nm:635nm:650nm=8:2:1となります。



青の超高出力レーザーポインターの波長はそれよりさらに波長が離れているので、

実際には青より緑レーザーの方が10倍以上明るく見えます。

1Wの青レーザーより、その10分の1の出力の100mWの緑レーザーの方が

かなり明るいと言われているほど、グリーンレーザーは視認性が高いです。



また、遠くまで届くかとのことですが

わずかにレーザーポインター建築の方が遠くに届く可能性はあります。

可視光線より長い波長の赤外線が大気に吸収されにくく、

逆に可視光線より短いX線やガンマ線などが大気に吸収されやすいことから、

若干の影響はあるかもしれません。


レーザーポインター


短い←【波長】→長い

(γ線←X線)紫外線←青<緑<赤→赤外線



ただわずかな差でしょうし、この場合は見えやすさという意味です。



まとめると「グリーンレーザーはブルーレーザーより10倍以上明るく見える」

「届きやすさはほとんど関係ない」ということです。


光出力が1mWならばクラスⅡですかね。PSCマークを取得していれば所持、販売はOKです。

PSCマークが付いていればある程度安全性が確保された形なので・・・



但し、最近レーザーポインターカラス効果用としては明らかに大き過ぎる出力10mW~50mWクラスの製品が通販などで

売られていますが、販売や所持する事自体は法令違反となりません。



問題は、この大出力猫レーザーポインター安全を使ってご自身或いは他者がうっかり目にレーザ光を入れた場合


http://immtweet.com/video/view/6


https://www.shortnote.jp/view/notes/ABRSoDID


コメント(0)