全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


dvdnetoffのブログ

2017.11.07  「じれったいロマンス」10話 ソンフンとSecretジウン本当にこのまま終わりなの?

じれったいロマンス OST』10話ではチャ・ジヌク(ソンフン扮)とイ・ユミ(ソン・ジウン扮)が別れる姿が描かれた。

ドング(チュ・サンヒョク扮)がチャ・ジヌクの息子であるということを確認するためにやってきたチャ・デボク(キム・ジョング扮)により、チャ・ジヌクはドングが自分の息子ではないことに気づいた。これにイ・ユミはチャ・ジヌクが錯覚し彼女によくしていたものと誤解し傷ついた。チャ・ジヌクはロマンス直進男の姿はどこへ、王の顔 OST彼女に近寄ることができずしどろもどろになって視聴者をやきもきさせた。

別れを迎えた二人だけでなく、チュ・ヘリ(チョン・ダソル扮)も切なさを爆発させる片思い女として涙させた。オアへ(どうせ妻はヘリ)を夢見ていた彼女はチャ・ジヌクに気持ちを伝えたが冷たく断られ、大粒の涙を見せて片思いを進行中の人々の共感を得た。

じれったいロマンス OST


こうして心臓爆撃ロマンスの代わりに胸の痛い別れでお茶の間に悲しみを伝えている『じれったいロマンス OST』の主人公たちが今後再び甘いロマンスを続けることができるのか関心を高めている。

一方、ソンフンとソン・ジウンはこれまで高まるロマンスと同じくらいに深まる演技力で別れた恋人たちの気持ちを完璧に表現し、しっかりとした感情伝達で好評を受けている。青い海の伝説 OST中でもソンフンは涙まで流して自分に対するもどかしさとイ・ユミに対する申し訳なさなど複合的な感情を溢れださせる内面演技を通じて一層成熟した演技力で視線を集めた。

コメント(0)

2017.11.06  ニーゼと光のアトリエ 愛と芸術で心を癒した女医の真実の物語

1943年、郊外の病院からリオデジャネイロに戻ってきたニーゼはペドロ2世病院の門を叩いた。ニーゼと光のアトリエ DVDそこで同僚の医師が行う電気ショック療法で患者が絶叫する姿を目の当たりにした彼女は大きなショックを受ける。

暴力的な治療行為に異を唱えた彼女は作業療法の担当を命じられる。そこは実質、壊れたものの修理やトイレ掃除など、患者たちを働かせる担当部署だった。そんな冷遇にも怯まず、ニーゼは荒れ果てた病室を快適な場所に変えていこうと奮闘する。

ある日、ニーゼは患者が自由に絵の具を使ってアートに親しむアトリエを開くことを思いつく。ブレードランナー 2049 DVDやがて患者たちの心に少しずつ変化が起こりはじめるが……
現代において精神病患者の人権を尊重するのは当然のことであるが、映画の中にはそこに辿り着くまでの歴史的に重要な一歩が記されている。

ブラジル映画として自国ではリオデジャネイロ国際映画祭で観客賞を受賞した本作を、高く評価したもうひとつの映画祭が東京国際映画祭だった。

しかし、実在するニーゼという女性精神科医は決して広く知られる人物ではない。ニーゼと光のアトリエ DVD日本では同映画祭が彼女の功績を伝える大きな役割を担ったのである。

映画の舞台となっている1940年代当時、精神疾患の画期的な治療法とされていた手術があった。それは多くの患者を廃人同様にし、映画 女教師 DVD時にはその命まで奪ったロボトミー手術である。

日本では、人間をまるでロボットのようにしてしまうことからロボトミーと誤認されていることも多いようだが、実際は医学用語でlobeは葉、すなわち前頭葉を指す。こうした誤った認識が広まるほど、ロボトミーの存在を知った人が同じようなショックを受けたということなのだろう。

コメント(0)

2017.11.03  「キム課長」11話 ナムグン・ミンがジュノに全面戦争を布告

KBS2TV水木ドラマ『キム課長 DVD』11話ではキム・ソンリョン(ナムグン・ミン扮)が再生案プロジェクトを阻止して経理部を解体させたソ・ユル(イ・ジュノ扮)に全面戦争を宣告する姿が描かれた。

今日付けで経理部を解体するというソ・ユルの宣言以降、経理部事務室は整理され、経理部の職員はばらばらに別の部署に配置された。キム・ソンリョンは自分のせいで経理部が分解したという思いに怒りソ・ユルのもとを訪ねた。ソ・ユルに経理部解体を撤回して欲しいと願ったキム・ソンリョンは土下座までして原状回復させてほしいと訴えたが、ソ・ユルはキム・ソンリョンの言葉を聞き入れなかった。

結局キム・ソンリョンは自分を恨むよりも、力の強い女トボンスン DVD機会を伺おうと笑顔で耐えるユン・ハギョン(ナム・サンミ扮)とチュ・ナムホ(キム・ウォンヘ扮)など経理部職員の姿に力をもらい、重大な決心をした。ソ・ユルのもとを再び訪れたキム・ソンリョンは「理事のお言葉通りにゴミのキム・ソンリョンに戻ろうと思います。私もこれからはフェアプレーをしようと思います」と意味深長な発言を投げかけた。

キム課長 DVD


しかし、フェアプレーという単語を聞いて皮肉な笑いを浮かべたソ・ユルは、怪しいパートナー DVD前回それをしようとして痛い目に遭ったのではなかったかと聞き返し、キム・ソンリョンは「私の方式ではなく理事の方式です。理事は絶対に勝つことがフェアプレーじゃないですか。ですからこれからは私も前に出ます。群山式にまともにやります」と群山にいた頃のキム・ソンリョンに変貌して宣戦布告した。

そして「この60階建ての建物にスーツを着て、キム課長 DVD高級車に乗りながら出退勤すれば本当に綺麗になると思った。けれどスーツを着たヤクザだった」と一針を飛ばした後、「ヤクザはヤクザ式に相手をしてやらないと。紳士的にやってやろうとしたら俺だけが馬鹿を見た」とソ・ユルに噛み付いた。キム・ソンリョンのストレートな挑戦状にひるんだソ・ユルが「ソンリョンが調子に乗った姿をたくさん見ることになりそうだな。本当は今まで面白くなかった」とばかばかしいというように皮肉を言ったが、キム・ソンリョンは「まずはマートに行ってポップコーンを何個か買って食べながら見ていろ。俺が一度まともに見せてやるから」とふてぶてしい態度を取った。

コメント(0)

2017.11.02  イ・ジェフン、「『I Can Speak』時間が過ぎても誇らしい映画になって欲しい」

夏の始まりに映画『朴烈』という熱い作品で観客の好評を得た俳優イ・ジェフンがすっかり秋が来る前にまた再びスクリーンに帰ってくる。作品ごとに新しい挑戦で大衆に楽しさを提供した彼は、今回も前作とはまったく違う雰囲気を醸し出す映画『I Can Speak DVD』でまた違ったキャラクターを見せてくれる。

9月7日、ソウル中区三清洞にてシックニュースと出会ったイ・ジェフンは、いつもと変わらない明るい笑顔を見せて映画について話してくれた。

「『朴烈』を撮影してまた撮影に入らねばならなかったため体力的にはつらかったのですが、この作品と出会って今の時期に必要な映画ではないかと考えました。キラー・セッション DVDこの映画を作ったときに慰安婦被害女性たちに迷惑をかけず温かな慰労となると同時に、今後も映画を見ることになる世代にも影響を与える作品となればという考えになりました。映画に参加した俳優としてとても幸福で感謝しています」

I Can Speak DVD』は43年の年齢差を克服した女優ナ・ムンヒとイ・ジェフンの独特なケミで話題を集めた。予想もしなかった俳優ラインナップに新鮮さを感じる大衆とは違い、イ・ジェフンはシナリオを読んだ瞬間にウクブン役にナ・ムンヒを思い浮かべたと伝えた。

「何の情報もなくシナリオを見たのですが、2~3ページだけ見たときナ・ムンヒ先生が思い浮かびました。その他には代替できるほかの俳優が思いつきませんでした。これは絶対にナ・ムンヒ先生がやらないといけないと考えて会社の代表、制作会社側に話をしました。そちらもそう考えていると言うんです。なので必ず(ナ・ムンヒ先生に)なれば嬉しいという考えが切実でした」

イ・ジェフンは先立って進行された制作報告会、バウンティー・ハンターズ DVDメディア試写会の場で「共にすることができ光栄だった」と重ねてナ・ムンヒに感謝の挨拶を伝えてきた。つねに正しくまっすぐな姿を見せてきたイ・ジェフンであったため、ナ・ムンヒもまた彼を実の息子、孫のように接して二人の温かな関係は映画の中でもそのまま描かれた。

コメント(0)

2017.11.01  台湾ドラマ「アテンションLOVE」 第4話 あらすじ

角を曲がり、鍾少曦(ジョン・シャオシー)から見えなくなった所で立ち止まった顔力正(イェン・リージェン)は、右手を見ると「彼女のこと、嫌いじゃなかったんだ」とつぶやく。

授業中も力正に花びらを取ってもらったことを思い出し、アテンションLOVE DVDぼんやりしてしまう少曦。“たしかに力正はイケメンよ。でも、そろそろ見慣れてもいい頃よね?どうして、あんな気持ちに…”と思いながら、あの時の場所を絵で描いてみる。しかし、うまく描くことができず、破いて丸めてしまう。そして、少曦は日記を書き始める。

翌朝。少曦は少し開いているドアの隙間から、制服に着替えている力正を見かける。名家の恋衣 DVDそんな少曦に気づき「何か用?」とドアを開ける力正。「のぞいてない、通りかかっただけ」と言った少曦は、ジャケットを着た力正を見て「わあ、A組になったの?」と目を輝かせる。「違いが?」と力正が言い、少曦は「もちろんよ。誰でもA組に入れると?」と返す。A組のAはエースって意味よ、A組の卒業生はほとんどが国立大か海外の名門大学に進学するの、と。

「バッジは?」と少曦が聞き、力正は机にあったバッジを手に取る。「分かってるの?これはA組のステータスシンボル。入学した当時、このバッジをつけるのが夢だった」と話す少曦。力正は「なら、あげる」と言う。「要らないわよ」と少曦は言い、アテンションLOVE DVD力正のジャケットにバッジをつける。2人の顔が近づき、互いに意識し合う少曦と力正。

スカートで登校する少曦を見て「スカートもはくのか」とつぶやく力正。
力正は少曦の後ろについて行く。

学校の近くまでくると、なぜ鍾兄貴がA組の生徒と?という声などが聞こえ、少曦は気になる。立ち止まった少曦に「何してる?」と言う力正。少曦は「1人で行って」と言う。力正が理由を聞くと、A組でしょ?と返す少曦。千金女賊 DVD少曦の前まで戻ってきた力正は「他クラスとの登校は禁止なのか?」と言う。何も答えない少曦が、周りを気にしていることが分かり「友達なんだから別にいいだろ?人目なんて気にするな」と力正が話す。笑顔になった少曦は「そうね、友達なら一緒にいて当たり前。堂々とすればいい。行こう」と言って歩き出す。

コメント(0)