全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


dvdnetoffのブログ

2017.11.14  中国ドラマに「パクリ」疑惑・・・これって日本の名作漫画と同じストーリーじゃない?=中国版ツイッター

中国で放送されているドラマに、同国内のネット上から「ストーリーが日本のマンガ作品のパクリではないか」との指摘が出てきた。

「パクリ疑惑」が出たのは、先月中国国内の衛星テレビ局で放送開始した国産ドラマ「千金女賊」だ。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で660万人以上のフォロワーを持つネットユーザーが11日、「『千金女賊』は細川智栄子さんに版権料(著作物の使用料)を払ったのか」とするツイートを掲載した。

このユーザーによると、「千金女賊 DVD」のストーリーが、日本のマンガ家・細川智栄子さんが妹の芙~みんさんとの共著で1979年-84年に連載した「伯爵令嬢」にそっくりなのだという。ツイートではそっくりな点として「女性主人公が実は令嬢であること、失明したボーイフレンドがいること、事故に遭遇した女性主人公が別の女に身分を乗っ取られること、そのとき記憶を失った女性主人公は男にだまされ、その男のフィアンセとして生活すること」などといった内容を示した。

このツイートを見た微博ユーザーは「パクリパクリパクリ・・・」、「今の脚本家はどうしたんだ」、「千金(日本語で「令嬢」)の2文字すら変えてないことにめまいが」、「中国ドラマのレベルは日本の70年代マンガと同じレベルだということだ」といったコメントが寄せられた。名家の恋衣 DVDまた、過去にも細川さんの別作品「王家の紋章」に似たドラマが作られたことを指摘するユーザーもいた。

千金女賊 DVD」の舞台は1930年代の上海であり、19世紀末のフランスを舞台にした「伯爵令嬢」とは異なる。パクリかどうかの判定はさておき、中国のネットユーザーが危惧しているのは、「既視感」のないオリジナリティあふれるドラマが作れていないという点にありそうだ。

 「パクることがもはやトレンドになっている感じ」という声まである。ストーリーの移植をトレンドにするのは結構だが、オリジナルに対する敬意を示し、名家の恋衣 DVD筋を通すべきだ。ツイート主が懸念しているのも「版権料を払ったのか」なのである。

コメント(0)

2017.11.13  人気中国ドラマ「名家の恋衣」8-11話

名家の恋衣 DVD第8話

〈玲瓏=リンロン〉を解雇された古参の職人・張福(チャン・フー)のことが気になった呉彩虹(ウー・ツァイホン)は、彼の家を訪ねる。心配していたのとは裏腹に、笑顔を見せて彼女に礼を言う張福。聞けば、彼の解雇が決まった直後、彼の息子・蛋殻(ダンコー)が〈玲瓏〉で職を得たという。身に覚えのないことで感謝をされ、腑に落ちない彩虹だったが、工場に戻った彼女が目にしたのは、さらに意外な光景で…。

名家の恋衣 DVD第9話

周邵天(チョウ・シャオティエン)から腕輪を受け取り、伝奇大亨 DVD彼の許嫁となった呉彩虹(ウー・ツァイホン)。江(ジャン)夫人にも挨拶を済ませ〈玲瓏=リンロン〉を去ろうとする彼女は、江余(ジャン・ユー)の引き止めにも応じず、「周りの者は信用するな」という助言にも冷たい言葉を浴びせる。義兄に心配される彩虹が憎らしい方菲菲(ファン・フェイフェイ)は、ある日、百貨店で遭遇した彩虹の妹・彩雲(ツァイユン)に…。

名家の恋衣 DVD第10話

〈富昇=フーション〉の周邵天(チョウ・シャオティエン)は数十の同業者と協力し、安価な商品を市場に提供し始めた。江余(ジャン・ユー)の高圧的とも取れる態度も災いし、〈玲瓏=リンロン〉の顧客も、次第に〈富昇〉へと奪われていく。しかし、〈富昇〉の攻勢も長くは続かなかった。〈玲瓏〉がカネに物を言わせて、大量の工員や技術者を引き抜いたのだ。慌てて金策に駆け回る邵天だったが、そこにも江余の手が回っており…。

名家の恋衣 DVD第11話

江余(ジャン・ユー)の妨害により倒産へと追いやられた〈富昇=フーション〉。呉彩虹(ウー・ツァイホン)と湖州を離れる決意をした周邵天(チョウ・シャオティエン)は、那片星空那片海Ⅱ DVD陸曼(ルー・マン)を呼び出し、以前受けた支援の提案を断るのだった。一方、高利貸しのもとを訪れた彩虹は、自らの体を担保にカネを借りると、原料を共同購入していた同業者たちを訪ね、借金を清算していく。その噂は江余(ジャン・ユー)の耳にも入り…。

コメント(0)

2017.11.10  パク・ソジュン「カン・ハヌルと監督が一緒なら『青年警察2』にも出演したい」

俳優パク・ソジュンが完璧な秋の男の姿を誇った。

最近行われた『@star1 』とのインタビューでパク・ソジュンは動員観客500万人を突破した映画『青年警察 DVD』の所感を伝えた。高い興行成績を収めたことと関連してパク・ソジュンは「似たような時期にそうそうたる映画が公開されたので良い成績を予想できなかった」と謙虚な姿を見せた。続いて彼は「現場で楽しく撮影した映画だったので、おそらくその雰囲気が観客によく伝達されたようだ」と興行の要因を挙げた。

俳優カン・ハヌルとぴったりの呼吸を披露したパク・ソジュンは「どうしても異性よりも同性がほうが楽なのは仕方ない。女性が相手だと近付くときに用心深くなる部分があり、青年警察 DVD同性であれば共通の関心事があるので簡単に親しくなることができる。猿の惑星:聖戦記 DVDカン・ハヌルとは特に会話のコードがよく合い、オンラインゲームも一緒に楽しんだ」と語った。『青年警察2』参加の意思については「カン・ハヌルとキム・ジュファン監督が一緒になら当然出演したい」と意欲を示した。

現在、軍服務中のカン・ハヌルについては「もともと周りの人に配慮できて礼儀正しい友人なので軍生活は元気に過ごせそうだ。VIP DVD心配はしない」と強い信頼を表わした。最後に次回作の計画については「決められたことは何もないが、大衆が新鮮に感じてくれるキャラクターを演じたい」と語った。

コメント(0)

2017.11.09  「キム課長」ナムグン・ミンのブロマンスの相手は誰?

KBS2TV水木ドラマ『キム課長 DVD』17話ではキム・ソンリョン(ナムグン・ミン扮)と呼吸を合わせる3人の男たちに視線が集まった。

チュ・ナムホ(キム・ウォンヘ扮)はキム・ソンリョンと会話しながら良い上司とは「人間が人間に息をさせることが最高だ」という言葉を伝えた中、キム・ソンリョンに今日自分に温かなクマの人形となって欲しいとくすぐったくなるブロマンスの姿を見せた。

続いてキム・ソンリョンはパク・ミョンソク(ドンハ扮)に要領よく彼の父親パク会長(パク・ヨンギュ扮)の話を盗み聞くように助けを求める姿も描かれた。花郎 DVDこの際キム・ソンリョンがパク会長の物まねをしながらパク・ミョンソクとロールプレイを演出して大きな笑いを抱かせた。

キム課長 DVD


またキム・ソンリョンはパク・ミョンソクと酒を飲みながら本心を分かち合った。これにパク・ミョンソクは父親が残忍な面があるとし、キム課長 DVD死ぬところだったキム・ソンリョンを心配しほどほどにしろと格別な愛情を見せた。中でもキム・ソンリョンがパク・ミョンソクに肉を食べさせる姿は和やかな雰囲気そのものだった。

幸せをくれる人 DVDその一方でソ・ユル(ジュノ扮)を助けに向かうキム・ソンリョンが自分とソ・ユルは「愛憎の関係」だと明かしブロマンス三つ巴を見せた。

コメント(0)

2017.11.08  「お父様、私がお世話します」イ・テファンがパク・ウンビンに「書いた文章を読ませて」

MBC週末ドラマ『お父様私がお世話します DVD』にてハン・ソンジュン(イ・テファン扮)がオ・ドンヒ(パク・ウンビン扮)に文を見せて欲しいと話した。

ハン・ソンジュンはオ・ドンヒに「文はたくさん書いたのか」と尋ねた。オ・ドンヒは「少しです。休みの日にでも書き溜めておこうと思っています。ノートブック、本当にありがとうございます」と答えた。

ハン・ソンジュンは「これからは図書館には行かないようにしなさい。青い海の伝説 DVD会社にずっと残ったりもしないで」とし、「あ、ノートブックを借りる代金」と話した。

これに驚いたオ・ドンヒが「お金を受け取ろうというんですか?」と尋ねるとハン・ソンジュンは「当然でしょう。タダがどこにあるんですか」とし「ドンヒさんが書いたものを一番最初に見せてください。そのノートブック、高いんですよ」と話した。

その時ハン・ソンジュンの携帯が鳴った。お父様私がお世話します DVD発信者はパン・ミジュ(イ・スルビ扮)だった。ハン・ソンジュンはオ・ドンヒと歩きながらパン・ミジュと通話し、二人の通話を聞いたオ・ドンヒは一人で先に走り出した。するとハン・ソンジュンは電話を切ってオ・ドンヒの後を追った。

続いて哀切なラブラインを描いていたジョンウン(イ・スギョン扮)にも、まだ残っている自身の感情を隠したままに冷たく目を逸らす姿まで見せ、空港に行く道 DVDより深まる彼の怒りを如実に感じさせた。

中でもキム・ジェウォンは、作品の中でついに自身の弟まで死に追いやったヒョンソプと町内の人々に復讐を決心し、愛する女性に向かう自分の気持ちをとどめるしかない、悲しい状況に処されたヒョヌの感情を自然と描き出した。

コメント(0)