全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


dvdnetoffのブログ

2017.09.15  韓国映画「軍艦島」炎上 この反日感情が文大統領を追いつめる

今年の夏、韓国の映画興行ランキングで一番注目されたのはハリウッド制作の超大作ではなく、1944~1945年、日本の軍艦島(長崎県端島)の海底炭鉱に強制徴用された朝鮮人たちの悲劇を描いた韓国映画『軍艦島』だった。

前作で1300万人の観客を動員したヒットメーカーのリュ・スンワン監督と、『太陽の末裔』で日本でもブレイクしたソン・ジュンギ、韓国の国民的俳優と呼ばれるファン・ジョンミンなど、韓国映画界を代表するトップスターたちが勢ぞろいした映画『軍艦島 DVD』は、公開前から「今年の夏休みに最も見たい映画」に選ばれるなど話題を独占した。

最高の話題作らしく、2168スクリーンという、韓国映画史上最多の劇場(韓国の映画館全体(2575スクリーン)の実に85%!)を独占して公開された。タクシー運転手 DVD公開初日には歴代最高のオープニングスコアである97万人の観客数を記録し、公開第1週目に400万人を動員するなど、歴代最高記録に向けて絶好のスタートを切った。

しかしその後、予想外の出来事が起きた。過度なスクリーン独占に対する批判とともに、映画の内容が期待したものと違うという否定的な評判がインターネットに殺到したのだ。「日本人の残虐さがきちんと描かれていなかった」「日本人よりも悪い朝鮮人が登場するところに腹が立つ」「軍艦島の実状を描いたのではなく、単なるハリウッド式の脱出映画を作るために軍艦島を利用しただけ」等々。映画 軍艦島 DVDとうとう「植民地主義史観(日本の植民地統治を美化する歴史観)に立脚した親日の映画だ」「制作関係者が朴槿恵(パク・クネ)政権の重要ポストにいた人物だ」といった根拠のないデマの書き込みまでがあふれるようになり、制作会社側で捏造された内容を流布するネットユーザーたちを告訴することを検討しているという。

結局、映画 VIP DVDネットの炎上と否定的な口コミは興行にも影を落とし、当初歴代最高の動員数を狙っていたというのに、今では損益分岐点を心配しなければならないほどの状況に陥ってしまった。

コメント(0)

2017.09.14  映画「朴烈」、在日韓国人・日本人俳優が大挙出演…真正性のある演技で期待感高める

韓国映画「朴烈 DVD」(イ・ジュンイク監督)に出演した在日韓国人と日本人俳優らの熱演が映画への期待感を高めている。

イ・ジュンイク監督の12作品目となる「朴烈」には、在日韓国人と日本人俳優が出演し、真正性のある演技を見せた。「朴烈」は1923年東京、6000人の朝鮮人虐殺を隠そうとする日本に正面から対抗した朝鮮人青年“朴烈(パク・ヨル)”と彼の同志であり恋人・金子文子の実話を基にした作品だ。

劇中、日本内閣の外務大臣、内務大臣など統治時代の暴力性と非道徳的なキャラクターを拒まずに熱演した彼らは劇団「新宿梁山泊」の俳優だ。「朴烈」は韓国映画として初めて日本統治時代の日本政府の首脳部であった内閣シーンを生々しく表現した。

イ・ジュンイク監督は1923年~1926年までに3回交代した日本内閣が朴烈の人生を表現する上でとても重要な要素だと考えた。怪盗グルーのミニオン大脱走 DVD日本語を自然と操る俳優陣のキャスティングが不可欠とし、俳優をうわさを頼りに捜したあげく、「新宿梁山泊」という劇団と共に日本内閣を再演した。

これに関してイ・ジュンイク監督は「新宿梁山泊という団体自体が在日3世の金守珍(キム・スジン)代表が手掛けた。彼は実際にアナーキストとして韓国と日本を繋ぎ、在日同胞が両国で楽に暮らせる文化を追求している。その劇団には在日韓国人もいれば、日本人もいる。『朴烈 DVD』に出演した俳優たちは50~70代で、快く出演を承諾してくださった」と「新宿梁山泊」の意味深い参加を改めて強調した。

朝鮮人を弁護した日本人、ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 DVD布施辰治(ふせたつじ)役もやはり日本の俳優が演じた。やまのうち・たすく(山野内 扶)が演じた布施辰治は日本人であるが、朴烈の弁護人を自ら要望して事件の真相を糾明するために孤軍奮闘し、2004年に日本人として初めて大韓民国建国勲章を授与された人物だ。

コメント(0)

2017.09.13  「嫉妬の化身」19話 コン・ヒョジン、コ・ギョンピョに告白「チョ・ジョンソクが好き」

SBS水木ドラマ『嫉妬の化身 DVD』では、ピョ・ナリ(コン・ヒョジン扮)がコ・ジョンウォン(コ・ギョンピョ扮)の家に入らない様子が描かれた。

ピョ・ナリはイ・ファシン(チョ・ジョンソク扮)が家を出ると、自分も入ることができないとコ・ジョンウォンの家に入らなかった。これにコ・ジョンウォンはイ・ファシンに電話をかけて「3人の同居からお前は抜けた」とし「俺はピョ・ナリと結婚する。簡単にあきらめない」と話した。

翌日、ピョ・ナリはコ・ジョンウォンに「昨日、記者さんが他の女といるのを見た。嫉妬した」とし「本当におかしいけど、これが答えのようだ。雲が描いた月明かり DVD愛すれば嫉妬をする。私の気持ちは記者さんのようだ」と打ち明けた。

嫉妬の化身 DVD


トイレの男女のサインもピョ・ナリとイ・ファシンの変化する感情をそのまま表した。2話でイ・ファシンの暴言に失望したピョ・ナリがトイレを通り過ぎるときにグリーンライトが赤色に変わったと思ったら、8話でピョ・ナリに怒鳴るイ・ファシンの姿が続くときには、嫉妬の化身 DVDその上にグリーンライトが点灯した。特に、16話では生放送中にトイレに行ったイ・ファシンが出てくる頃にトイレサインの男性の部分が削除され、イ・ファシンの素直な気持ちが描かれた。

何よりもパク・シンウ監督の演出力は、悲しかったり重いシーンでより多くの光を放っている。劇中、イ・ファシンが乳がんの宣告だけでなく、青い海の伝説 DVD兄ジュンシン(ユン・ダフン扮)の離婚に続く死、そして葬儀などのシーンなども果敢な演出力を発揮して、ただ涙を誘うよりも、むしろウィットを効かせた。

コメント(0)

2017.09.12  映画「朴烈」、日本人が演じていた?…「アナーキストが作った劇団俳優たち」

映画『朴烈 DVD』(監督イ・ジュンイク)が好評のうちに興行した中で、劇中の日本人キャラクターを実際に日本人が演じて話題になった。

劇中、日本内閣の外務、内務大臣など日本帝国主義時代の暴力性と非道徳的な面のキャラクターを拒まず熱演してくれた彼らは、劇団「新宿梁山泊」の俳優たちだ。リアル DVDイ・ジュンイク監督はリアルな日本の内閣を表現するために、日本語の演技を自然にすることができる俳優を探して噂を頼りに「新宿梁山泊」とともに鮮やかな日本のキャラクターを生き生きと蘇らせた。

イ監督は「『新宿梁山泊』という団体自体が在日韓国人3世のキム・スジン代表が作った演劇劇団だ。この方は、実際にアナーキストで韓国と日本を繋いで、在日韓国人が両国で楽に暮らすことができる文化を追求している方だ」と紹介した。続いて「その極端に在日もいるが、日本人たちもいる。『朴烈』に出演した俳優たちは、ほとんど50~70代で過去に日本が犯した帝国主義時代の間違いを反省し、日帝が行った時代の暴力性を無視せずに反省する気持ちで映画出演に快く応じてくださった」と明らかにした。

朝鮮人のために弁護した日本人「布施 辰治(ふせ たつじ)」も、怪盗グルーのミニオン大脱走 DVD実際の日本の俳優の山野内 扶(やま のうち たすく)が演じた。

布施 辰治は日本人だが、『朴烈 DVD』の弁護人を自ら要望して、事件の真相を究明するのに苦労した。 2004年に日本人初の大韓民国建国勲章を授与されたことがある。

一方、『朴烈』は1923年に東京を背景に、6000人の朝鮮人虐殺を隠蔽しようとする日本に正面から対抗し、朝鮮最高不良青年「朴烈」と彼の仲間で恋人 の「フミコ」の信じ難い実話を描いた映画だ。去る6月28日に公開されて2日基準累積観客数230万人(映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワーク基準)を突破して多くの愛を受けた。

コメント(0)

2017.09.11  「ダイヤモンドの恋人」13-15 のあらすじ

ダイヤモンドの恋人 DVD第11話

祝賀会をあとにしたドゥオは、車内で突然ヅーリャンに襲われるが、危機一髪のところでイーミンに助けられる。重傷で入院したヅーリャンのケガを見て、シャオは不審に思う。一方、
ガオ・ウェンの昔の恋人ビンは、ウェンのマネージャーに取り引きを持ちかけ、ウェンとシャオ社長の交際の真実も告げた。マネージャーはウェンに復縁をやめるよう説得する。実はビンはヅーリャンと手を組んでいて、ウェンに近づいたのはヅーリャンの差し金だった。

ダイヤモンドの恋人 DVD第12話

ドゥオはついにシャオ・リャンに告白される。恋が進展したことをうれしそうに報告するドゥオを見て、イーミンはますます落ち込んでしまう。私のキライな翻訳官 DVD一方、ウェンに振られたハン・ビンが本性を現わし始める。かつて撮影したウェンのヌード写真をネタに、シャオをゆすったのだ。シャオから事情を聞いたウェンは、ビンと決別するが、ビンに金銭を渡さなかったため、ヌード写真を公開されてしまう。そしてウェンはすべての仕事を失ったのだった……

ダイヤモンドの恋人 DVD第13話

ガオ・ウェンはすべての仕事がキャンセルとなり、引退の危機に追い込まれる。それでもプライドを守るため、ウェンはシャオ・リャンとの契約恋愛をも打ち切ることを決め、破局会見を開く。社内のトラブルにドゥオを巻き込みたくなかったシャオは、ドゥオに退職を勧めるが、ドゥオはそれを拒み、デザイナーになるべく仕事に没頭する。ヅーリャンと一緒に会議に出たりするドゥオの様子を見て、シャオは心が落ち着かない。

ダイヤモンドの恋人 DVD第14話

スキャンダルで仕事を失ったガオ・ウェンは、家に引きこもり、酒浸りの日々を送っていた。見かねたイーミンはウェンを外に連れ出し、一般人の生活を楽しむよう勧める。高級車から中古車に乗り換え、スーパーで買い物するウェンは、以前よりも生き生きしていた。一方、ドゥオは新商品のデザイナーになるべく、ジュエリーのデザイン案を考える。ミーユエ王朝を照らす月 DVDしかしデザイン案をシャオ社長に酷評されて煮詰まったドゥオは、イーミンにアドバイスを求める。

ダイヤモンドの恋人 DVD第15話

新商品のデザイン案が採用されて喜ぶドゥオだったが、シャオ・リャンから仕事か自分かどちらかを選べと言われたことや、同僚たちに妬まれていることを知りがっかりする。冷たい態度を取ってもドゥオのことが気になるシャオ社長は、食事会に行くがドゥオは帰った後だった。そこでシャオとヅーリャンが話をしていたところ、スーユエンが立ち聞きしてしまったのでヅーリャンはこれを機にスーユエンを手なずけようと彼女に近づく。

コメント(0)