全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


dvdnetoffのブログ

2018.01.16  「力の強い女ト・ボンスン」7話 パク・ヒョンシク&パク・ボヨン&ジスの三角関係が始まる?

JTBC金土ドラマ『力の強い女トボンスン DVD』(演出イ・ヒョンミン、脚本ペク・ミギョン)7話が放送された。この日の『力の強い女ト・ボンスン』7話はト・ボンスン(パク・ボヨン扮)の夢から始まった。ト・ボンスンがジュリエットとなってロミオとなったアン・ミンヒョク(パク・ヒョンシク扮)とダンスを踊っていたが、ト・ボンスンがロミオの足を踏んでしまい、ロミオは悲鳴を上げながら逃げたところで夢から覚めた。

眠から覚めたト・ボンスンはアン・ミンヒョクの家に浸入した暴漢を発見し、アン・ミンヒョクを襲撃しようとした暴漢を制圧して彼らの正体を把握した。暴漢はペク・タク(イム・ウォニ扮)の手下だった。ペク・タクはアン・ミンヒョクの兄、黄金のポケット DVDアン・ドンソク(シム・フンギ扮)の依頼を受けて、彼を襲っていたことが分かった。

アン・ミンヒョクは最も信じていたアン・ドンソクの悪行を知って衝撃を受けた。そのようなアン・ミンヒョクを守ってあげたのはト・ボンスンだった。ト・ボンスンはアン・ミンヒョクの気分を紛らわせるために遊園地に行って一緒に遊んであげ、愛らしい姿を見せた。

そんな彼女を見つめるアン・ミンヒョクの表情はだんだんと甘くなった。力の強い女トボンスン DVD特に帰りのバスの中で祖母と通話をしながら方言を使うト・ボンスンを見つめる目はハートに変わっていた。どんどんとト・ボンスンに魅了されていく様子だった。

友情と恋の間に立つイン・グクドゥ(ジス扮)も同じだ。友人という名前で長い間一緒に過ごしてきた2人。しかし、浪漫ドクターキム・サブ DVDイン・グクドゥは恋人がいたにもかかわらず、ト・ボンスンに過度の関心を持って心配をしている。

特に7話の最後のシーンではキム・グァンボク(キム・ウォンヘ扮)がト・ボンスンに近づくと、駆けつけて彼を制圧する姿が描かれた。ト・ボンスンを脅かす彼の姿に興奮して殴りつける姿は、友人以上の感情を十分に感じさせた。

コメント(0)

2018.01.15  「7日の王妃」15話 パク・ミニョン&チャン・ヒョンソン危機

KBS2水木ドラマ『7日の王妃 DVD』でイ・ヨク(ヨン・ウジン扮)がやっと見つけた密旨をイ・ユン(イ・ドンゴン扮)に渡して、周囲の人々が混乱している姿が電波に乗った。

この日、慈順大妃(ト・ジウォン扮)はイ・ユンに譲位したイ・ヨクを大きく批判した。イ・ヨクは「憎悪していた兄に似てきていた。王にならなければならない理由が見つからない、守ろうとする人だけ守り、この生活で満足するだろう」と答えた。

また、「私を生んで生かしたと、私の運命を牛耳るな」と一喝した。

その一方で、イ・ヨクはシン・チェギョンと甘い新婚を楽しみ、恋する泥棒 DVDタニシの嫁にも素直な気持ちを打ち明けた。彼は「初めて幸せだ、密旨がなくて自由だ、大義や神命より復讐心で手に入れようとしたが、一度くらい兄をもっと信じてあげたかった」と語った。

7日の王妃 DVD


一方、慈順大妃はユン・ミョンヘ(コ・ボギョル扮)を呼んでイ・ヨクの弱点をつかみ、落郷ができないように指示した。7日の王妃 DVD続いて、ユン・ミョンヘとパク・ウォンジョンはシン・スグン(チャン・ヒョンソン扮)がタニシの嫁という組織を知りながら、知らないふりをした事実をイ・ユンに知らせて、2人の間を遠ざけた。シン・スグンが危険になればイ・ヨクが自身の家族を守ろうと王位を再び手に入れることを計算したものだった。

この日、イ・ユンは「お前の独断のせいで、朝鮮がだめになっている」と先王の幻聴と悪夢に苦しめられ刀を突きつけ、內官を殺す狂気を表わした。名前のない女 DVDイ・ユンはイ・ヨクを殺すことに決めた。

イ・ヨクはユン・ミョンヘの行動に異変を感じ、タニシの嫁を助けようと根拠地に向かった。そこでシン・スグンは「すぐにチェギョンと逃げろ」とイ・ヨクに最後のチャンスを与えた。しかしイム・サホン(カン・シンイル扮)にばれてシン・スグンが危機に陥った。

コメント(0)

2018.01.11  「お金の花」11・12話 チャン・ヒョク、ハードキャリーな演技力…また別の悲劇が始まる

MBC週末特別企画『お金の花 DVD』(脚本イ・ミョンヒ、演出キム・ヒウォン、制作UFOプロダクション)11・12話では、ナ・モヒョン(パク・セヨン扮)が悲劇の主人公になる内容が描かれた。チョンアグループの後継をめぐった政治コネクションは破局を迎えた。

ナ・モヒョンはカン・ピルジュ(チャン・ヒョク扮)の実体に近づいた。初恋チョ・インホ(実際のカン・ピルジュ)との思い出が詰まったヤンボン家でカン・ピルジュに出会い、カン・ピルジュがチョ・インホであることを知った。ハッピーシスターズ DVD以後、カン・ピルジュにより心を開いた。

チョンアグループ長孫チャン・ブチョン(チャン・スンジョ扮)の父親も明らかになった。チョン・マルラン(イ・ミスク扮)の腹心であるオ運転手(パク・ジョンハク扮)だった。オ運転手はカン・ピルジュがチョンアグループの実質的な長男であるチャン・ウンチョンであることを感じ取って殺害しようとした。しかし、自分の正体を察知したカン・ピルジュの脅迫にひざまずくしかなかった。

お金の花 DVD


チャン・ブチョンは隠してきた野心を表わした。カン・ピルジュにナ・モヒョンとチョンア、息子ハジョンをすべて放棄できないことを強調した。ナ・モヒョンの傷は考えず、息子をチャン・グクファン(イ・スンジェ扮)のもとに連れて行った。

チョンア家の勢力争いはさらに激しくなった。お金の花 DVD会長チャン・ソンマン(ソンウ・ジェドク扮)はナ・モヒョンの父ナ・ギチョル(バク・ジイル扮)の大統領当選を防ぐために必死に動いた。チャン・グクファンとまた別の大統領候補ファン・マンソプの出会いを斡旋した。

チャン・ソンマンの息子チャン・ヨチョン(イム・カンソン扮)は、ナ・ギチョルがチョンアから政治資金を受けたという事実を外部に流した。君の背中にスマッシュ DVD似たような時期、チャン・ブチョンとナ・モヒョンが政略結婚をしたという噂まで広がった。

このままひっかかるカン・ピルジュではなかった。カン・ピルジュはチャン・ソンマンの側近であるウ社長(チョン・ジンギ扮)を利用して、チャン・ソンマンがナ・ギチョルに政治資金を与えたかのように操作した。

コメント(0)

2018.01.10  開封府-北宋を包む青い天-(中国ドラマ)最終回

開封府-北宋を包む青い天- DVD』は、主人公の包拯が王朝内に渦巻いている闇と真っ向勝負を繰り広げていくストーリーですので、包拯と王朝の最高権力者が裁判で直接対決する、という結末が待っているのではないでしょうか。

正義感にあふれている裁判官・包拯が、不正ばかりしている最高権力者の悪事の全てを明らかにしていく様子に注目です。

また、軒轅劍之漢之雲 DVD包拯が王朝の役人を目指すきっかけになった兄の死の真相も最終回付近で明らかになるはずですから、ストーリー序盤の内容を頭に叩き込んでおくと、ストーリーの面白さをより体感できるのでは?と思っています。

開封府北宋を包む青い天 DVD包拯は、日本でいうところの『水戸黄門』の徳川光圀や『大岡越前』の大岡忠相のような存在で、中国時代劇の勧善懲悪ドラマの主人公になるケースが多くなっている事もあり、中国国内では絶大な人気を誇っています。

悪事を働く権力者たちを相手にしても物怖じせず、双世宠妃 DVD王朝の役人という立場でありながら、賄賂を一切受け取らない、という堂々とした姿勢をずっと貫いていく包拯の振る舞いにどうぞご注目ください。

コメント(0)

2018.01.09  「品位のある彼女」19話 容疑者として浮かぶ周辺人物、誰もが怪しい状況

JTBC金土ドラマ『品位のある彼女 DVD』19話ではパク・ボクジャ(キム・ソナ扮)を殺した容疑者として浮上した周辺人物たちの緊張感溢れる物語が繰り広げられた。全員が犯人として疑われるだけの行動でお茶の間を混乱させ注目を集めた。

パク・ボクジャ殺害動機がもっとも十分な人物はアン・テドン(キム・ヨンゴン扮)。パク・ボクジャに自身の会社株式をすべて贈与するほど無限の信頼を見せたアン・テドンは、裏切った後ふたたび戻ってきたパク・ボクジャが与えたふぐ粥を食べて全身に毒が回り救急で運ばれた。あなたが眠っている間に DVDまた再びパク・ボクジャにやられたと考えたアン・テドンは病院を出てパク・ボクジャのいる自身の言えに戻ろうとし、彼女に向かう怒りが殺したいほどに達したという陳述によりさらに犯人である可能性を広げた。

品位のある彼女 DVD


パク・ジュミ(ソ・ジョンヨン扮)も怪しい部分は1つ2つではない。事件発生15日前に保安警備契約を解除し、パク・ボクジャと最後に通話したためだ。品位のある彼女 DVD事件当日、夫アン・ジェグ(ハン・ジェヨン扮)とともにリゾートに滞在していた彼女は放送末尾にリゾート内のコンビニでCCTV確認を問合せ、明かされていない物語が好奇心を刺激している。

彼女の夫アン・ジェグも要注意人物。パク・ジュミとアン・ジェグは夫婦でありながらも互いを殺人犯と疑うほどにパク・ボクジャに対する憎悪に満ちている。陳述に向かう前、パク・ジュミに陳述はどうするべきか悩みだと複雑な心境を打ち明けたアン・ジェグは、この人生は初めなので DVD現場に自分のナイフが落ちていたという事実に驚きの表情を隠すことができず関心を集めた。

血を流して倒れているパク・ボクジャと、彼女の隣に立っているミセス・チョ(ソ・ギョンファ扮)、それを発見し逃げたアン・ジェヒ(オ・ナラ扮)も互いを指名した。最初の通報者ミセス・チョと家にいなかったと嘘の陳述をしたアン・ジェヒ、二人ともパク・ボクジャに良い感情があるわけがないため、可能性を開いている。

コメント(0)