全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


dvdnetoffのブログ

2017.10.13  「空港に行く道」キム・ハヌルとイ・サンユンがぎりぎりの飛行機再会

KBS2水木ドラマ『空港に行く道 OST』は人生の二度目の思春期を経験する二人の男女を通じて、共感と慰労、究極の愛を見せる感性ロマンスドラマだ。深みのある伝統ロマンス、感性ロマンスの真価を発揮してお茶の間の好評を呼び起こしている。

『空港に行く道』の主軸となるのは、各自違う理由から人生二度目の思春期を迎える二人の男女チェ・スア(キム・ハヌル扮)とソ・ドウ(イ・サンユン扮)だ。二人の男女は似たような痛みを体験し、顔も知らない状態で互いに共感し、互いの癒しとなった。じれったいロマンス OSTそんな二人がいくつかの意味で、徐々により「ぎりぎり」になっている。

去る4話にてチェ・スアとソ・ドウは再び互いの癒しとなった。ソ・ドウは死んだ娘エニ(パク・ソヨン扮)が抱いていた秘密に一歩近づいた。その際携帯電話の向こうでチェ・スアがエニとソ・ドウの気持ちを理解してくれた。計り知れない感情が津波のようにあふれた瞬間、ソ・ドウは心の奥深い場所の話を口の外に出した。チェ・スアに向かう「会いたい」と話したのだった。

空港に行く道 OST


「会いたい」という告白から二人の男女の関係がどのように変化するのか、お茶の間の関心が集中した状況。こんな中で10月5日『空港に行く道 OST』制作陣は二人の男女の関係の急変を推測できる5話のワンシーンを公開し、視聴者の好奇心を刺激した。

公開された写真の中でチェ・スアとソ・ドウは同じ飛行機に搭乗した姿だ。二人が初めて互いに向き合った場所もまた飛行機だった。乗務員であるチェ・スアと乗客として飛行機に乗ったソ・ドウ。じれったいロマンス OST最初の出会いと似た状況であるが、二人の顔と二人の表情はそのときとは比較できないほどに変わっている。

コメント(0)

2017.10.12  「結婚契約」10話、イ・ソジンがユイに「行けるところまで行ってみよう」

MBC週末ドラマ『結婚契約 DVD』10話では、ハン・ジフン(イ・ソジン)とカン・ヘス(ユイ)がお互いの気持ちを確認し、キスを交わす場面が電波に乗った。

この日、カン・ヘスは早朝から島を去り、ミラン(イ・フィヒャン)に「その手術、必ず受けて。時間が経過したら私がしてあげることが難しいかもしれない」と話した。

これにミランは「その手術は受けないことにした。私の心は花の雨 DVD頑張って生きなさい。楽しくて幸せなことだけを願う。子どもをしっかり育てて良い男に出会って結婚もして」とヘスの手を握った。

結婚契約 DVD


その後、ミランはハン・ジフンに「あの子、上手く整理してあげて。あまり情を移してはだめ。情が移ると苦しくなる」とジフンを心配した。結婚契約 DVDジフンはミランの話を聞くやいなや、港に走って行ったが、すでに船は去った後だった。

その後、ハン・ジフンはソウルでカン・ヘスに会った。太陽の末裔 DVD彼は「あんな風に先に行かなくてはいけなかったのか。後でちょっと会おう。話がある」と話した。

しかし、カン・ヘスは「いえ、話すことはない。昨日のことは間違いだった。後で連絡する」と不快な気配をのぞかせた。

ハン・ジフンは「私は間違いではなかった。君も間違いではなかっただろう。一度、行けるところまで行ってみよう」とヘスの手を握ったが、ヘスは確答を与えなかった。

コメント(0)

2017.10.11  韓国ドラマ【幸せをくれる人】のあらすじ49話~51話

ジャギョンは妊娠するが、出産する気はない。
母セラも、出産しないことをソクジンに認めさせようとするのだった。

ハユンは入院するが、それを知らされていないウンヒ。

ハユンは白血病だと知った、ゴヌ。幸せをくれる人 DVD
ウンヒとハユンを思うと、胸が張り裂けそうで…。

ハユンの見舞いに来た、ミョンソン。
ハユンは、ウンヒが自分の病気を知っているのか心配する。恋のゴールドメダル DVD

母に心配をかけたくないハユンの姿に、ミョンソンは胸が詰まるのだった。
そんなミョンソンにも、ハユンは優しさを見せる…。

ハユンの元に駆けつける、ウンヒ。
ウンヒは、病室の前に座るソクジンに文句を言わずにはいられない。

ソクジンもまた、ウンヒに言い返すのだった。

深い悲しみに暮れる2人は…?幸せをくれる人 DVD

ハユンの絵を見つめる、ウンヒ。
ウンヒは、ハユンのために何ができるかを悩む。

必ずハユンを助けると心に決める、ウンヒ。お父様私がお世話します DVD
ゴヌは、ウンヒならハユンを助けられると励ますのだが…。

コメント(0)

2017.10.10  中国ドラマ「孤高の花 ~General&I~」第1話 「 戦いの狼煙」

群雄、争う中原の地で、燕と晋は長く戦っていた。
仲夏の頃、大干ばつに遭った燕を、晋の大将軍・楚北捷(そほくしょう)が10万の大軍で攻めた。燕は敬安(けいあん)王子・何侠(かきょう)が前線へ。
両軍は燕南部の要塞・蒲坂城壁で対峙した。孤高の花 DVD

蒲坂。10万の晋軍が進攻。「川が干上がった。行く手を拒むものはない。いつでも蒲坂に攻め込めるが、相手が敬安王ではなく、王子とは物足りぬ」と言う楚漠然(そばくぜん)。仮面をつけた晋の大将軍・楚北捷は「父に劣らず、王子もつわものだ。戦での手柄も多い。油断は禁物だ」と言う。

蒲坂城壁に敬安王家の侍女・白娉婷(はくへいてい)が到着する。出迎えた何侠が「援軍は来たのか?」と尋ねると、みんなの前では「はい、10万の軍が」と答える白娉婷。しかし何侠にだけ、そっと「若君、お話が」と言う。ミーユエ王朝を照らす月 DVD

何侠は2人だけで話せる場所へ白娉婷を連れてくと「援軍は来ぬのだな」と言う。「敬安王様が“蒲坂は死守せよ”と」と伝える白娉婷。しかし何侠はわずか8千の兵で、敵軍10万からどう守ればいいのか分からない。白娉婷は何侠に近づき「ご安心を。私に考えがございます」と告げる。

中国ドラマ 孤高の花 DVD


何侠は橋まで来ると、楚北捷に「1対1で私と戦えるか?」と言う。応じる楚北捷。
白娉婷は何侠に「私の琴の音が合図です。天象を読むと、午の三刻に大雨が降ります。その時、楚北捷を川に引き込めば敵軍は壊滅を」と話ていた。

白娉婷が静かに琴を弾き始める。橋の上で激しく戦う楚北捷と何侠。楚漠然は琴の音が怪しいと思い矢を放つが、白娉婷は怯まない。やがて雷が鳴り始め、激しい雨が降り出す。

頃合いを見計らい、何侠は「楚北捷。お前に蒲坂は落とせぬ」と言うと、ミーユエ王朝を照らす月 DVD馬に乗って蒲坂城壁へ戻って行く。それを追いかけるように「攻め込め」と命じる楚漠然。兵たちは干上がった川へ進んでいく。
楚北捷は異変を感じ「止まれ」と言う。しかし既に遅く、兵たちは流れてきた大水に飲み込まれてしまう。
蒲坂城壁を見ながら「勝負はまだついておらぬ」とつぶやく楚北捷。

戦いには勝利したが、白娉婷は皇帝陛下がなぜ何侠を前線に行かせたのかが分からない。何侠は「考えるな、そなたがいれば心配ない。中国ドラマ 孤高の花 DVD敵は退いた、もう安心だ」と言う。白娉婷は「いえ、退くのが早すぎます。若君、楚北捷とは何者です」と尋ねる。何侠は「つわものだ。全盛期の父上でも、勝算は多くて五分ほどだろう」と答える。

楚北捷がたやすく諦めるのは妙だと思った白娉婷は「晋軍の犠牲は小さく、私たちは援軍がない。軍を少し立て直せば楚北捷は再び燕を攻撃できるのに、あっさり退きました。何かが変です。計略かもしれません」と話す。念のため、若君は皇宮に戻られませんよう、と。しかし「私が戻らぬと、父上と母上がお困りに。新しい皇帝陛下は、地位のある母上を疎んじている。私が戦で死ねば、陛下は兵権を握り父母を制圧する。こたび私は国のために出兵せざるを得なかった。進退窮まる状況だが、あとへは引けぬ。負けも許されぬ。こたびは勝った。陛下も私に手を出せぬであろう」と話す。

コメント(0)

2017.10.09  「雲が描いた月明かり」18話(最終回)パク・ボゴムとキム・ユジョンの幸せな結末

KBS2月火ドラマ『雲が描いた月明かり DVD』の最終回では、世子イ・ヨン(パク・ボゴム扮)とホン・ラオン(キム・ユジョン扮)が痛みを乗り越えて、その愛を叶える姿が描かれた。

この日、イ・ヨンはチョ・ハウン(チェ・スビン扮)が渡した毒の入った煎じ薬を飲んで倒れた。そこで、チョン・ヤギョン(アン・ネサン扮)は、ホン・ラオンを医女に偽装させて一緒に宮に入った。ホン・ラオンはイ・ヨンを手厚く看護し、その後、イ・ヨンは意識を取り戻して、2人は切ない再会を果たした。

中殿(ハン・スヨン扮)は秘密にしてきた自分の子どもを消そうとした。嫉妬の化身 DVDしかし、その現場が発覚して、このような事実をすべて知ったイ・ヨンは、中殿に最後のチャンスを与えようとした。しかし、中殿は最後までこれを拒絶し、イ・ヨンは「中殿の座からおりろ」と命じた。

雲が描いた月明かり DVD


ホン・ラオンが宮の中にいるという事実を知ったキム・ホン(チョン・ホジン扮)は部下たちにホン・ラオンを殺してでも連れて来るように命じた。これにキム・ユンソン(ジニョン扮)は自分の気持ちを試してみたいと嘘をついた後、ホン・ラオンのいる場所に向かい、キム・ホンの手下たちと戦って、致命傷を負い、倒れてしまった。雲が描いた月明かり DVD結局、彼はホン・ラオンが見守る中で目を閉じた。

また、一枚の手紙を受けとったイ・ヨンは、キム・ホンの契約を知ることになり、斬首を命じた。しかし、キム・ホンは最終的にキム・ユンソンの部屋に残されていた銃で自決した。イ・ヨンの心を察したチョ・ハウン(チェ・スビン扮)は世子嬪の座から退き、後宮を去った。イ・ヨンはホン・ラオンの功績を認めて、すべての罪を赦免した。

その後、イ・ヨンは王席についた。我が家のロマンス DVDホン・ラオンはきれいな女性の姿でイ・ヨンのそばに留まった。その後、2人は花の道を歩くことになり、甘いキスをしてハッピーエンドを迎えた。

コメント(0)