全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


dvdnetoffのブログ

2017.02.28  『青い海の伝説』海から戻ってきたチョン・ジヒョン、イ・ミンホとの再会でハッピーエンド

ドラマ『青い海の伝説』が水木ドラマ1位をキープしながら終了した。

26日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、25日に放送されたSBSの水木ドラマ『青い海の伝説 DVD』第20話は全国基準で17.9%の視聴率をマークした。これは、前回の21%よりも3.1%下落した数値。だが『青い海の伝説』は、KBS第2『キム課長』(7.8%)、MBC『ミッシングナイン』(4.7%)を退けて水木ドラマ1位をキープした。

『星から来たあなた』のパク・チウン作家とチョン・ジヒョンの再会、イ・ミンホの3年ぶりの復帰で話題を集めた『青い海の伝説』は、THE K2 DVD20話放送中一度も水木ドラマ1位の座を逃したことがなく、大きな人気を博した。ドラマ『青い海の伝説』は、甘いロマンスにスリラージャンルを加味したような緊張感があった。前世と現生を行き来する俳優らの熱演により、ドラマへの没入度を高めた。

青い海の伝説 DVD


青い海の伝説 DVD』最終回では、陸に戻ってきたシムチョン(チョン・ジヒョン)がホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)と再会する姿が描かれた。この日の放送は、シムチョンとホ・ジュンジェの幸せな暮らしぶりを描いてハッピーエンドで幕を下ろした。ホ・ジュンジェの記憶を消して海に帰ったシムチョンがどのようにして陸に上がってくるのか、月桂樹洋服店の紳士たち DVDまた二人のロマンスはどのような結末を迎えるのか、視聴者の関心を高めていた状況の中、結局みんなが笑顔になるエンディングを迎えた。

コメント(0)

2017.02.27  「逆賊」キム・サンジュン、命を投げ出した“妻の悔しさを晴らす”

MBC「逆賊民を盗んだ盗賊 DVD」(脚本:ファン・ジニョン、演出:キム・ジンマン、チン・チャンギュ) で チョ参奉(チョ・チャムボン、ソン・ジョンハク) の妻パク氏(ソ・イスク) は夫チョ参奉(ソン・ジョンハク) の殺害犯としてアモゲ(キム・サンジュン)を疑った。

刑房オム・ジャチ(ヒョンバン、キム・ビョンオク) はアモゲを逮捕するために出動した。キム課長 DVD先日の夜、父がチョ参奉を殺したところを見たホン・ギルドン(イ・ロウン) は血が付いた草鞋を燃やしたにもかかわらず、アモゲは監獄につれていかれた。

彼は死んでも「悔しい事情は晴らしてから死ぬ」と話した。妻クムオク(シン・ウンジョン) の悔しさを晴らすといったのだ。

逆賊民を盗んだ盗賊 DVD


人々の前で尋問を受けることになったアモゲは上衣を脱いだ。被告人 DVDそして子供のごろから殴られてきた、そんな苦難を全部我慢してきたのにどうして今になってチョ参奉を殺したと思うのかと話した。

パク氏が「クムオクがおじさんのせいで死んだから恨みを抱いたのではないか」と聞いた。逆賊民を盗んだ盗賊 DVDしばらく言葉を失っていたアモゲは「クムオクがチョ参奉のおじさんのせいで死んだというのか。クムオクはその人を誘惑したことがない」と叫んだ。

コメント(0)

2017.02.24  人気日本ドラマ 洞窟おじさん 完全版 第1話あらすじ

山奥の洞窟に隠れ住み、ヘビや木の実で食いつなぎ、自力でイノシシを狩ることを覚えた少年は、やがて、山の幸を売って金を稼ぐ知恵を身につけてゆきます。知り合ったホームレスから文字を学びます。偶然助けた女性に恋もしちゃいます。洞窟おじさん DVDそんな想像を絶する人生を送りながら、43年間、たった一人で生き抜いてきた男。“発見”されたとき(平成15年!)は57歳になっていました。

ただ生きるために頭と体をフル稼働し、サバイバル技術を身につけていった“洞窟おじさん”。でも、その生き様は、どこか笑えて、どこか温かくて、どこか胸を打ちます。それは、その人生が、人との触れ合いを求める優しさに溢れているから。きみはペット DVDそんな洞窟おじさんに、折に触れ人々が手を差し伸べてくれたから。事実は小説より奇なり。実話をもとにした、ちょっと見たことの無いユニークなドラマが出来ました。

洞窟おじさん DVD


昭和34年のとある農村、 たび重なる親の虐待に耐えかね、家出をした加山一馬は、愛犬のシロとともに山奥の洞窟に隠れ住む。洞窟おじさん DVDそして、自ら考案した仕掛けで、ウサギや鳥を獲ることを 覚えてゆく。特に、落とし穴を使ったイノシシとの一騎打ちは命がけだった。その毛皮を使った服も自作した。あわやハンターに見つかりそうになるというピンチを切り抜けながらも、たくましく生き抜いてゆく一馬。だが、伝説の教師 DVDそんなある日、たがいに助け合いながら生きてきたシロが死んでしまう。ひとりぼっちになった 一馬は…。

コメント(0)

2017.02.23  『花郎』パク・ソジュン、ついに出生の秘密が明かされる

『花郎』でパク・ソジュンの出生の秘密が明かされる。

KBS第2の月火ドラマ『花郎 DVD(ファラン)』が残すところあと3話になった中、パク・ソジュンの秘密が明かされる。劇中、ソヌ(パク・ソジュン)は、生まれてすぐ母親に捨てられ、村では名もなく“ムミョン(無名)”と呼ばれて育った。死んだ親友に代わって“ソヌ”という名前を得て、花郎になった。

『花郎』制作陣は、第18話の放送を控えてソヌとフィギョン公(ソン・ヨウンギュ)の姿が収められたスチールカットを公開した。写真のソヌは、怒りに満ちた表情でフィギョン公と向かい合っている。フィギョン公は両親ともに王族だが、力道妖精キムボクジュ DVD早々に王の継承序列から押し出された人物。フィギョン公は只召太后(キム・ジス)とアンジ公(チェ・ウォニョン)らと会って意味深長な話をしたことがある。そんな彼がソヌと向き合った姿が、何を意味しているのか関心を集めている。

花郎 DVD


ドラマ『花郎 DVD』は、1500年前の新羅の首都ソラボルで活躍していた花のような男たち花郎の情熱と愛、そして成長を描いた青春史劇。

彼らは撮影が少しの間休む合間に草原の上に集まって座っている。ハッピーレストラン DVD俳優の後方では馬に乗った他の俳優の姿も写っていて笑いを誘う。

何より目を引くのは写真だけでも感じられる『花郎』の撮影現場の和気あいあいとしたチームワークだ。熱い日差しの下で進行された撮影にもかかわらず、写真の中の俳優たちはみんな明るい笑顔を浮かべている。特別出演のキム・ミンジュンもやはり出演俳優らと親しいケミストリーを見せる。

コメント(0)

2017.02.22  台湾の本格プロ・ロードレース映画『疾風スプリンター』

香港アクション映画の名匠ダンテ・ラム監督が自転車レースを描いた本格プロ・ロードレース映画『疾風スプリンター DVD』が、2017年1月7日から新宿武蔵野館など全国の映画館で公開される。自転車ロードレースの世界を舞台にプロ選手たちの夢と友情、栄光と挫折を描いた作品で、2015年に『破風』という原題で話題となった映画だ。

自転車ロードレースの強豪「チーム・ラディアント」に所属し、互いに切磋琢磨しながら力を合わせて台湾各地で連戦していたミン、ティエン、ジウォンの3選手。男と女 DVDしかしチームが資金難に陥ったため、それぞれ別のチームに移籍し、ライバルとして競い合うことになる。

疾風スプリンター DVD


チームのエースだったジウォンが先行し、力をつけてきたミンが迫る。一方、復帰をめざす女性サイクリスト、シーヤオをめぐってティエンとミンは恋敵となる。ララランド DVDそして競技の舞台はロードレースの本場、ヨーロッパへ。

プロゆえの葛藤や苦悩、栄光と挫折を浮き彫りにしたドラマを軸に、次々と繰り広げられる壮絶かつ圧倒的なレースシーンは手に汗握る臨場感。疾風スプリンター DVDスタントは一切使わず、俳優自らが演じることにこだわったそのリアリティが、より興奮と緊迫感を増幅させる。レースに命を燃やす男たちの熱い闘いの一方で、風光明媚な台湾の大地を俯瞰する空撮シーンも見どころのひとつだ。

コメント(0)