全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


dvdnetoffのブログ

2017.08.22  「キャリアを引く女」イ・ジュンの迫力キスにチェ・ジウの反応は?

MBC月火ドラマ『キャリアを引く女 DVD』が緊張感あふれる法廷ドラマの中、ホットなロマンスでお茶の間を熱くしている。チェ・ジウ(チャ・クムジュ役)を巡る二人の男性チュ・ジンモ(ハム・ボクゴ役)とイ・ジュン(マ・ソクウ役)の戦いが徐々にヒートアップするほど、これを見守る視聴者のときめきと悩みも徐々に大きくなっている。

これまでチャ・クムジュの気持ちは現れていない状況。マ・ソクウの奇襲キスを受けたチャ・クムジュはどんな反応を見せるのか。こんな中で『キャリアを引く女 DVD』制作陣は今夜(18日)8話放送を前にチャ・クムジュとマ・ソクウのキス前後場面を公開し視線を集めている。

キャリアを引く女 DVD


公開された写真にてチャ・クムジュとマ・ソクウは依頼人の汚名を拭うために捜査を行っている様子。彼らのいる場所は多くの人々で埋まったクラブだ。二人はきらびやかな照明のもと、空港に行く道 DVDあちこちを巡って何かを調査中だ。

しかしまた別の写真ではチャ・クムジュとマ・ソクウの間にはただならぬ空気が流れており関心を集める。チャ・クムジュはマ・ソクウの肩に腕を置き、誰かを警戒している。そんなチャ・クムジュを見つめるマ・ソクウの瞳には緊張が溢れている。

続く写真ではチャ・クムジュの腰に手をまわしているマ・ソクウの姿が公開された。ショッピング王ルイ DVD驚いたようなチャ・クムジュと彼女をじっと見つめるマ・ソクウの姿は見る人さえもときめかせている。

コメント(0)

2017.08.21  韓国映画「軍艦島」に旧島民ら反論の声明文 地下坑道「灼熱ではなかった」

韓国映画「軍艦島 DVD」の上映を受け、旧島民やその子孫らでつくる「真実の歴史を追求する端島島民の会」は、映画の内容に反論する声明文を出した。「フィクションとさえ断れば事実と全くかけ離れた虚構を映画にすることは許されるのか」と非難するとともに、「一部の過激な活動家や運動家が日韓両国や両国民が敵対するように扇動する妄動」への適正な対応を求めた。

声明文は15日付で李俊揆駐日韓国大使と呉公太在日本大韓民国民団長のほか、タクシー運転手 DVD報道機関向けに発表された。

映画は憲兵による朝鮮人への暴行を描くが、「警察官が2人ほど駐在していただけだ」と反論。家族連れの朝鮮人労働者の子供は日本人と一緒に学校で学び、「働かされていたということはない」と指摘した。

また地下坑道で過酷な労働を強いられたとするが、映画 軍艦島 DVD「送風機が備えられており坑道内は意外に過ごしやすく、水飲み場もあり、少なくとも灼熱(しゃくねつ)の環境などではなかった」としている。

同会は声明文で「敵対関係ではなく、グレートウォール DVD友好関係を築き、共に協力して、後世に端島に関する正しい記録を残していけるよう尽力したい」と訴えている。

コメント(0)

2017.08.18  「皇貴妃の宮廷」あらすじと感想 泥沼の中国歴史ドラマ 第48話

「朕は確たる証拠に基づき、次の判断を下した。
那琪に毒を仕込むよう指示したのは簡親王・済度(ジドゥ)だ」
妃嬪たちの集まりで、皇帝が口火を切りました。
「奴は朕を憎むがゆえに、
朕の最愛の女子を狙った。皇貴妃の宮廷 DVD
だが、徳妃の殺害に失敗し、
今度は朕の暗殺を企てたのだ」

皆もこの話は聞き及んでいるだろう、との問いかけに、はっきりと答える后妃はいません。
ただ、皇后は、耳にはしたものの信じていなかった、と表明します。
「まさか事実だったとは」と驚いた様子を見せます。趙雲伝 DVD

皇貴妃・霊珠(リンチュウ)もとぼけて言います。
「簡親王は正気を失ったのですか」外科風雲 DVD
親族として恥ずかしい、とまで言うのです。
簡親王は八つ裂きにすべきです、かまゆでの刑ですよ、というのは蘭貴妃や敬妃たちです。

訴え出たのは、侍女の那琪(ナチ)の兄である那岳(ナユエ)であり、彼は自分たちの口を封じると言う簡親王の言葉を聞き、慌てて陣営を抜け出し訴え出たのだ、とその経緯を説明します。

そして、今は那琪が自白しないことで困っているのだ、と訴えます。
那琪は簡親王を愛するあまり、口封じに殺されかけたことを信じようとしません。
すると、皇后が言い出します。皇貴妃の宮廷 あらすじ
「私たちは普段から那琪と親交があります。
私たちで説得するのはいかがでしょうか」

コメント(0)

2017.08.17  トランスフォーマー最後の騎士王ネタバレあらすじ結末&感想!

トランスフォーマー第5作目『トランスフォーマー最後の騎士王 DVD』がいよいよ公開されます。

このトランスフォーマーは日本の玩具メーカー・タカラトミーから発売された変形するロボットおもちゃが題材であり、ロボット生命体であるトランスフォーマーが正義の「サイバトロン」と悪の「デストロン」に分かれて戦う設定になっています。

劇中でもこうした設定は残されており、ナミヤ雑貨店の奇蹟 DVD正義の「オートボット(サイバトロン)」と悪の「ディセプティコン(デストロン)」に分けられ、地球を舞台に激しい戦闘が繰り広げられるというストーリーです。

今回第5作目となる「トランスフォーマー最後の騎士王」では、オプティマスが地球を去った後、オートボットとディセプティコンの戦闘だけでなく、トランスフォーマーを危険視した人類が特殊部隊を結成し、3つ巴の戦闘を繰り広げます。

前作の主人公・ケイドは瀕死の惑星サイバトロンの騎士からお守り(タリスマン)を受け取り、最後の騎士王 DVD地球に各地に巨大物体の出現、そして謎の天体が地球に接近していることが発覚。

地球の危機を救う方法に、タリスマンが関連しており、ケイドらが新たな戦いに巻き込まれていきます。地球の危機を前に、ケイドやオートボット達は地球を救うことができるのか!?

今回はいち早く「トランスフォーマー最後の騎士王」を見てきたので、怪盗グルーのミニオン大脱走 DVDネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。

ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。

コメント(0)

2017.08.16  中国ドラマ『克拉恋人』Rainの歌手と俳優の二兎のウサギ

RAINの中国ドラマ「克拉恋人Diamond Lover」が中国で放送中のようですが、ドラマもまたRAINが歌う主題歌も好評のようです。

 Rain(ピ)、ドラマ『ダイヤモンドの恋人 DVD』で演技と歌のすべてがヒット!
韓流スターRain(ピ)(チョン・ジフン)が、初めての中国主演作
『克拉恋人(DIAMOND LOVER)』で、歌手と俳優の二兎のウサギを捕まえた。

ドラマと同名タイトルの主題歌、私のキライな翻訳官 DVDエンディングテーマの「假装」はどちらもRAINが歌っている。中国語曲を歌うのはRAINにとって初めての挑戦となった

中国最大の音楽ポータルサイトであるQQミュージックによると、
中国ドラマ『克拉恋人』OSTでRain(ピ)が参加したメインテーマソング
ダイヤモンドの恋人 DVD』が、先月24日から韓国音楽チャートで1位を獲得し、
2日現在、10日間にわたって1位を維持している。
またRain(ピ)のソロクロージング曲『仮装』も該当チャート2位を獲得し、
チャートの1・2位を同時に独占する威力を見せている。

 Rain(ピ)は初めての中国語の歌であるにもかかわらず、2曲のOSTで
有力音楽チャート1位を占めただけでなく、私のキライな翻訳官 DVD作詞作曲にも参加する熱意を
見せて作品への格別な愛情を誇示した。

コメント(0)