全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


TVドラマ紹介のブログ

2017.07.26  スパガ、『トランスフォーマー』公式応援アイドルの座を勝ち取る!

テレビ朝日で毎週金曜深夜2時55分から放送中の『アイドルお宝くじ』に出演しているアップアップガールズ(仮)、PASSPO☆、SUPER☆GiRLSの3組が、7月19日に六本木ヒルズアリーナで行われた映画『トランスフォーマー 最後の騎士王 DVD』の公開を記念した「公式応援アイドル決定SPライブ」に参戦! もっとも "トランスフォーマーらしい"ライブパフォーマンスを披露したSUPER☆GiRLSが公式応援アイドルに選ばれた。

この快挙に、新リーダーになったばかりの溝手るかは「まさか自分たちが選ばれるなんて! ただただ目の前のステージを精一杯やろう!とパイレーツオブカリビアン 最後の海賊 DVD。目の前のお客さんと一緒に盛り上ろう!と、本番前はただそれだけしか考えていませんでした!」とコメント。

「キラキラかわいい」に定評のあるSUPER☆GiRLSのライブパフォーマンスだが、この日は『トランスフォーマー』にちなみ、「ヒーロー」「戦い」「変身」という3つのポイントが審査の基準ということで、「疾走感とかっこよさ」を意識し、「赤い情熱」「DREAM SEEKER」「ギラギラRevolution」「華麗なるV!CTORY」のメドレーで力強いステージを作り上げた。
アンダーハーマウス DVD

審査を担当した本作の配給会社である東和ピクチャーズの大西氏は「それぞれが魅力的で甲乙つけ難い!」と絶賛君はひとりじゃない DVD。SUPER☆GiRLSを公式応援アイドルに選んだ理由については「チームワーク、キレキレのアクション、ラストのポーズが素晴らしかった」と話した。

リーダー溝手の発案という、曲と曲の間にとり入れた『トランスフォーマー』の効果音、戦いを意識した歌詞や振り付け、そして最後のリフトアップが評価され、「今日のためにメドレーを作ってきてよかった!」と大喜び!

だが、副賞として進呈されたエステ券の目録を手にすると、まさかの内部分裂が勃発!? なにを隠そうSUPER☆GiRLSは、1期生~3期生と加入時期がメンバー内で異なり、最年少はなんと13歳。「13歳にはエステはいらないでしょ!」「もしかして1期生で使い切っちゃうつもり?」なんてトークが繰り広げられるも、最後は「SUPER☆GiRLS、キレイに変身してきます!」と笑顔でコメントした。

また会場では、世界に1台のトランスフォームカー・Letronsが登場しド派手に変身! 目の前でこの車がトランスフォームする瞬間を見た浅川梨奈は「生で見られて感動! モニターも付いててリアルですね。いくらですか?」とコメント。すっかり映画の世界に魅了されているようだった。

この日の公式応援アイドル決定SPライブの模様は8月4日深夜2時55分から放送の『アイドルお宝くじ』で見ることができる。『トランスフォーマー/最後の騎士王』は8月4日より全国公開となる。

コメント(0)

2017.07.26  『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ、次作でバービー人形に?

『プラダを着た悪魔』、『マイ・インターン』などの人気映画作品で知られ、『レ・ミザラブル』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたアン・ハサウェイが、次作でバービー人形を演じる可能性がありそうだエージェントオブシールド シーズン4。米Hollywood Reporterが報じている。

現在、アンが交渉に入っているのはソニー・ピクチャーズによる『Barbie(原題)』。もともとコメディエンヌのエイミー・シューマー(『GIRLS/ガールズ』)が主演予定だったが、3月にスケジュールの折り合いがつかないことを理由に降板。
フィアーザウォーキングデッド シーズン DVD

本作は、完璧な世界にそぐわないと感じたバービーが現実の世界に飛び込み、ユニークであることは財産だと気づいていく...という展開になるというプリズンブレイク シーズン5 DVD。人間離れした完璧な体型を誇るバービー人形ではなく、フェミニズムや個性が強調される作品になるようだ。

そして、オーストラリア出身で女優でもあるアレサ・ジョーンズが、監督候補に挙がっているとのこと。彼女は、TVシリーズ『Gortimer Gibbon's Life on Normal Street(原題)』で数話にわたりエピソード監督を務め、TV映画『A History of Radness(原題)』などでもメガホンを取っている。
This Is Us 36歳 これから DVD

プロデューサーに名を連ねるのはエイミー・パスカル(『スパイダーマン:ホームカミング』)、ウォルター・F・パークスとローリー・マクドナルド(『メン・イン・ブラック3』)、製作総指揮を務めるのはリチャード・ディクソン(『Barbie in a Mermaid Tale(原題)』)。

『Barbie』は2018年6月29日(金)の公開を目指しているが、アンの仕事のスケジュールによっては公開日がずれ込む可能性もありそうだ。

コメント(0)

2017.07.25  「学校2017」gugudan キム・セジョン、直接犯人探しを開始…濡れ衣を晴らすか

gugudanのキム・セジョンが直接犯人探しに乗り出した。

18日に韓国で放送されたKBS「学校2017 DVD」では、濡れ衣を着せられたウンホ(キム・セジョン) の姿が描かれた。1%の奇跡2016ウンホは学校で犯罪を犯した犯人と誤解され、自主退学を強要される。

悩みに陥ったウンホは犯罪の現場で見た犯人の姿を漫画にして直接犯人を捜し始めるハベクの新婦 DVD。ウンホは「私が直接捕まえて濡れ衣を晴らす」と誓う。

テウン(キム・ジョンヒョン) はそんなウンホをバイクに乗せ、もやもやした気持ちを解消してあげた。

コメント(0)

2017.07.24  チョン・ユミ&イム・スジョンら出演「ザ・テーブル」キャラクターポスター公開…“感性的なビジュアル”

チョン・ユミ、ハン・イェリ、チョン・ウンチェ、イム・スジョンの4人の女優と映画「最悪の一日」のキム・ジョングァン監督が贈る2017年の感性プロジェクト「過ぎ行く心:ザ・テーブル 」(配給:ART NINE FILM) が、4種類のキャラクターポスターを公開した。
オペレーションクロマイト DVD

「ザ・テーブル」は一つのカフェ、一つのテーブルに一日の間座り去っていった4人の女性を通じて、同じ時代を生きる人々の愛と関係の多様な姿にスポットを当てた作品だ。
朴烈 DVD

特に「ザ・テーブル」は、同時代に最も独特な雰囲気と演技力で愛される4人の女優チョン・ユミ、ハン・イェリ、チョン・ウンチェ、イム・スジョンが総出動し、早くも観客の期待を集め、「第21回釜山(プサン) 国際映画祭」と「第18回全州(チョンジュ) 国際映画祭」で売り切れを記録した話題作だ。
韓国映画 リアル DVD

感性的なビジュアルで目をひく「ザ・テーブル」のキャラクターポスターには、クローズアップされた4人の女優の姿と共に、それぞれのキャラクターがカフェのテーブルに座っていた時間と、「心が過ぎ行く所」というキャッチコピーが盛り込まれ好奇心を刺激する。

午前11時、スター女優になってから元恋人に会うことになったユジン。午後2時半、一夜の愛を分かち合った後に別れた男と再会したギョンジン韓国映画 一日 DVD。午後5時、結婚詐欺に巻き込まれた偽者の母親と会うウニ。午後9時、結婚を控えて元恋人に会ったヘギョンなど、各自の縁に会うためにそれぞれ違う時間、同じ空間に留まっていた4人のキャラクターの姿が公開され、「ザ・テーブル」が描く一つのテーブルを通り過ぎた多様な人物の縁と人生に関するストーリーに対する好奇心もやはり高まっている。

また、チョン・ユミ、ハン・イェリ、チョン・ウンチェ、そしてイム・スジョンの4人の女優はもちろん、キム・ヘオク、ヨン・ウジン、チョン・ジュンウォン、チョン・ソンウなどのベテラン俳優から期待の新人にいたるまで、魅力あふれる俳優が加わり、独特な演技を披露する。

「ザ・テーブル」は韓国で8月24日に公開予定だ。

コメント(0)

2017.07.20  ヒョンビン&チャン・ドンゴン『猖獗』で共演…スペシャルラインナップ確定

ヒョンビン、チャン・ドンゴン、チョ・ウジン、キム・ウィソン、チョ・ダルファン、キム・ジュヒョクが映画『猖獗』出演を確定させた。世界で一番いとしい君へ DVD19日、NEWは『猖獗』のキャスティング確定を発表した。

『猖獗』は夜だけ活動する夜鬼の猖獗を防ぎ、朝鮮を救うためイ・チョン(ヒョンビン)の死闘を描くアクションブロックバスター。オクジャ DVD 『共助』のヒョンビンとキム・ソンフン監督が再び意タッグを組んで話題を集めた作品。

先立って『猖獗』は清に人質に取られ十数年ぶりに朝鮮に帰ってくるが、夜だけ活動する正体不明の夜鬼の猖獗に立ち向かうイ・チョン役にヒョンビンの出演を伝えて注目を集めた。新感染 ファイナルエクスプレス DVDそれに続いてチャン・ドンゴンまで出演を確定させ、芸能界の代表的な二人のスペシャル俳優のスクリーンでの初共演が注目を集めている。

チョ・ウジン、キム・ウィソン、チョ・ダルファン、キム・ジュヒョクのキャスティングまでに完了し、幻想のラインナップを完成させた悪女 DVD。チャン・ドンゴンは『猖獗』で朝鮮の改革を夢見る軍権を握った宮の実勢、キム・ジャジュン役を演じる。王のそばで虎視眈々王権を手にする機会を狙う人物で、イ・チョンと対立して映画の緊張感とスリルを担当する人物。

チャン・ドンゴンは、デビュー25年以来、初めてスクリーンで時代劇に挑戦する。ヒョンビンやキム・ソンフン監督と『共助』で息を合わせた俳優キム・ジュヒョクがイ・チョンの兄の世子役として特別出演する。

コメント(0)