全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


TVドラマ紹介のブログ

2017.08.04  JYJ ジェジュン&元AFTERSCHOOL ユイら出演「マンホール」予告映像を公開…はちゃめちゃタイムトラベルに期待

「マンホール-不思議の国のピル」JYJのジェジュンの取り留めのないランダムタイムスリップがベールを脱いだ。

7日の王妃 DVD」の後番組として韓国で8月9日から放送されるKBS 2TV新水木ドラマ「マンホール」(演出:パク・マンヨン、ユ・ヨンウン、脚本:イ・ジェゴン、制作:Celltrionエンターテインメント) は、主人公ポン・ピルのタイムスリップの活躍を盛り込んだ予告編を公開した。

「マンホール」は“天に選ばれた”無職のポン・ピル(JYJ ジェジュン) が、偶然マンホールに落ちることから繰り広げられる、バラエティ感満載のタイムトラベルを描いた“ランダムタイムスリップ”コミカルアドベンチャーだ。ハベクの新婦 DVD“不思議の国のピル”というサブタイトルからも分かるように、普通ではないポン・ピルのハードキャリー(非常に困難な状況の中で勝利に導く) タイムトラベルが、視聴者を魅了すると期待を集めている。

公開された予告編は、ウェディングドレスを着て結婚式場に入場するカン・スジン(元AFTERSCHOOL ユイ) と、結婚行進曲の中から聞こえてくる「僕は反対です!」というポン・ピルの必死な叫びで始まり、見る人の好奇心を刺激する1%の奇跡2016。続く“28年 初恋のあの子の結婚 D-7”“彼女の結婚を防ぐためのごちゃごちゃアドベンチャー”というキャッチフレーズは、ポン・ピルが描くキツくもクレイジーなタイムトラベルに対する期待を一層高めている。

さらに、短い予告映像だけでも格別な存在感を発散する“クレイジーアベンジャーズ4”ことジェジュン、ユイ、チョン・ヘソン、B1A4のバロの演技的変身が期待を高める。ポン・ピルが過去へのタイムトラベルを始めることで、友達もその時代に合わせて新しい服に着替えるのだ。ごめん愛してる DVD予告映像の中のチョン・ヘソン(ジンスク役) とバロ(ジンテ役)、二人の図々しく味のある演技は大きな笑いを誘い、これからの活躍に対する期待を高めた。特に“天に選ばれた無職”から“チンピラ”まで無限な変身を繰り広げるジェジュンの、ハードキャリーな演技的変身に対する期待と共に、果たしてどんなランダムタイムトラベルが繰り広げられるか、関心を集める。

ドラマでポン・ピルは、28年間片思いをしていた“女友達”スジンの結婚の知らせを聞いて落胆していたある日、普通じゃないマンホールに落ちることで、はちゃめちゃなタイムトラベルが始まる。マンホールから始まる、どこに飛ぶか分からないポン・ピルのタイムトラベルは、小さい行動一つでも現実をごちゃごちゃの新世界に変えてしまう、想像を超えるバタフライ効果(ほんの些細な事が、徐々にとんでもない大きな現象の引き金になること) をもたらす。28年間の片思いの気持ちも掴まなければならないし、ごちゃ混ぜになった現実も正さなければならない、ポン・ピルのハプニング満載のタイムトラベルが、暑さを吹き飛ばす涼しい笑いを誘うと見られる。

レベルが違うタイムトラベルの最高王「マンホール」は「結婚してください!?」「ぶどう畑のあの男」などを演出したパク・マニョンプロデューサーと「特殊事件専門担当班TEN」の脚本を手掛けた作家イ・ジェゴンがタッグを組んだ作品。想像以上の大きな笑いを武器に「七日の王妃」の後番組として、韓国で8月9日より放送が開始される。

コメント(0)

2017.08.03  ファン・ジョンミン&ソン・ジュンギら出演「軍艦島」公開8日目で観客動員数500万人突破!

映画「軍艦島」(監督:リュ・スンワン) が観客動員数500万人を突破した。公開8日目であり、今年韓国で公開された映画の中で最短の記録である。

軍艦島 DVD」は日本統治時代、日本の軍艦島(端島、島の形が軍艦に似ていることから軍艦島と呼ばれる) に強制徴用された後、命をかけて脱出を試みる朝鮮人の物語を描いた映画だ。
夢のジェーン DVD

公開初日に97万人の観客を動員し、オープニングスコアの歴代記録を更新したことを皮切りに、公開2日目に100万人、3日目に200万人、4日目に300万人、5日目に400万人を突破した「軍艦島」は、公開8日目である8月2日(水) 午前9時30分頃に観客動員数500万人を突破した。
ワンデイ悲しみが消えるまで DVD

500万人突破とともに「500万人突破に感謝」というプラカードを持っているファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョン、キム・スアンの温かい雰囲気漂う写真が公開され、視線を集中させた。

公開8日目にして500万人を突破したのは、韓国で今年最も早い集客力を記録した「スパイダーマン:ホームカミング」が公開11日目に500万人を突破した記録より3日早く、2017年に韓国で公開された作品の中では最短である。不汗党 DVDリュ・スンワン監督の前作である「ベテラン」が公開10日目、チェ・ドンフン監督の「暗殺」が公開9日目に500万人を突破したことと比べても「軍艦島」の爆発的なヒットを証明できる。

コメント(0)

2017.08.01  『品位のある彼女』キム・ヨンゴン、キム・ソナの裏切りに倒れた‥キム・ヒソン離婚勝訴

アジン(キム・ヒソン)とアン・ジェソク(チョン・サンフン)は離婚が決定され、テドン(キム・ヨンゴン)はポクチャ(キム・ソナ)の裏切りに倒れた。

29日放送されたケーブルチャンネルJTBCのドラマ『品位のある彼女 DVD』では、パク・ポクチャが結局、テドンの株式を全部売ってしまった。
トッケビ DVD

先立ってこの日放送でパク・チュミ(ソ・ジョンヨン)と取り引きしたパク・ポクチャの友達はテドンを訪ねて行って「申し上げる言葉ある、実は酒場で仕事をしていて出会った」とし、パク・ポクチャとの過去出会いを言及、続いて「詐欺横領の前科で監獄に入って出てきた」と、暴露した。引き続き彼女は「みな嘘だ。ごめん愛してる DVDあまりパク・ポクチャさんを信じるな」と、意味深な話を残してテドンを混乱させた。

以後ポクチャに疑いを抱き始めたテドンに感づいたポクチャは「あまり心配しないで、私が仕上げは上手だから」と、彼を後から抱いたし、テドンは「私はおまえを信じる」と、表情なしに答えた。 ハベクの新婦 DVD
だが信じていたのに裏切られたテドンはポクチャが株式を全部売り払ったという事実にショックを受けて倒れた。

一方、法廷でジェソクはアジンを愛していると引き続き離婚を拒否、ソンヒと別れるとまで宣言した。それでもアジンは離婚を要求し、結局、法はアジンの手をあげて2人に離婚決定が下された。

コメント(0)

2017.07.28  『VIP』イ・ジョンソク、生涯初の悪役「演技のためにすべてを注ぐスタイル」

大韓民国20代の代表俳優中、最も活発に活動している俳優イ・ジョンソクが『VIP』を通じて生涯初の悪役に挑戦した。
ワンデイ悲しみが消えるまで DVD

先立ってイ・ジョンソクは、ドラマ『シークレット・ガーデン』『学校2013』に続き『君の声が聞こえる』まで安定した演技力と爽やかな魅力で大韓民国の女心をくすぐってきた。韓国映画 リアル DVD少年のように明るいイメージで愛されてきたイ・ジョンソクが『VIP』を通じて、誰もが注視するVIPキム・グァンイルに扮し、今まで見られなかった新しい姿を見せることを予告した。
王様の事件手帖 DVD

イ・ジョンソクが演じたキム・グァンイルは、国家情報院とCIAの企画で大韓民国に帰順したVIPであり、連続殺人事件の有力容疑者として指名された人物。オペレーションクロマイト DVD誰も触れることができないVIPキム・グァンイルに扮したイ・ジョンソクは、すべてを嘲笑ような傲慢な態度と、ぞっとする狂気じみた眼差しで観客を驚かせる予定だ。演技に対する真剣な姿勢に完璧なプロポーションまで備えたイ・ジョンソクは、チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスンらベテラン俳優の中でも恐ろしいほどの集中力と演技への情熱を見せ、信じられないほどの相乗効果をもたらした。

コメント(0)

2017.07.27  ヤン・イクチュン、初監督で初主演作「息もできない」日本特別上映イベント開催!RADWIMPS 野田洋次郎ら豪華ゲストが登壇

7月19日に9周年を迎えた新宿ピカデリーが、映画「息もできない」上映&トークショーを開催することが決定した。
ワンデイ悲しみが消えるまで DVD

2009年の作品発表時、世界の国際映画祭・映画賞で25以上もの賞に輝き、2010年の日本公開時にも、大きな話題を呼んだ「息もできない」がデジタル化不汗党 DVD。9周年を迎えた新宿ピカデリーのスクリーンで甦る。

これに合わせて製作・監督・脚本・編集・主演であり、本作が初監督作でもあるヤン・イクチュンの来日が決定韓国映画 リアル DVD。スペシャルゲストを迎えてのクロストーク付き三夜限定上映が実現した。記念すべき第一夜のゲストには映画「聖の青春」(2016) で羽生善治役を務め、数々の映画賞を受賞、そしてドラマ「あなたのことはそれほど」などの好調が記憶に新しい東出昌大、第二夜には「かぞくのくに」(2012) で共演以来の盟友・井浦新、そして第三夜には「RADWIMPS」野田洋次郎、「トイレのピエタ」(2015) 松永大司監督がそれぞれ登壇する。
夢のジェーン DVD

俳優として映画人として、国境を越えてカルチャーを作り出す同時代人として、新宿ピカデリー公開の最新作「あゝ、荒野」の話を交えながら、劇場9周年に華を添えるクロストークショー付き上映が開催される。

コメント(0)