全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


TVドラマ紹介のブログ

2017.12.28  ストリープ×ハンクスが共闘!スピルバーグ監督作「ペンタゴン・ペーパーズ」ポスター公開

メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演するスティーブン・スピルバーグ監督作「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のポスターが、公開された。

1971年のアメリカオールアイズオンミー DVD。国防総省がベトナム戦争に関する分析を記録し、トップシークレットとしてきた文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をニューヨーク・タイムズ紙がスクープするが、政府からの圧力で差し止められてしまう。アメリカ初の女性新聞発行人であるワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハム(ストリープ)は、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)らとともに、ライバルのニューヨーク・ポスト紙と連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に発表しようと奮闘するジャスティスリーグ DVD。第75回ゴールデングローブ賞映画部門のノミネーションでは、6部門に選出された。

ポスターでは、真剣な表情で記事を執筆するベンと、その姿をじっと見つめるキャサリンの姿が切り取られている。両者の信頼関係をうかがわせると共に、真実を世に出そうと二人三脚で奮闘する2人の熱意が伝わってくるデザインだ。
レディガイ DVD

監督を務めたスピルバーグは、ストリープに対して「メリル(・ストリープ)はキャサリン・グラハムという人物を本当に深いところまで掘り下げていたオリエント急行殺人事件 DVD。私は監督として現場にいたのに、彼女がどうしてそれを可能にしたのかまったくわからないよ」、ハンクスについて「トム(・ハンクス)が私の監督作品に出演するのはこれで5作目だが、トムは毎回私を驚かせる。彼自身の解釈によるベン・ブラッドリー像を目撃できたのは素晴らしい体験だった」と両者を絶賛している。

女性版「ゴーストバスターズ」や「スパイダーマン ホームカミング」、ジェシカ・チャステインがゴールデングローブ賞にノミネートされた「モリーズ・ゲーム」(2018年5月公開)といったヒット作を多数プロデュースしてきたエイミー・パスカルは、「トムとメリルが編集室のセットに入ってきたとき、皆が驚きで口をぽかーんと開けてしまったわ。ふたりはグラハムとブラッドリーそのものだった。2人とも役に完全に成りきる俳優だし、とにかく驚異的だったの」と述懐している。

「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は、2018年3月30日から全国公開。

コメント(0)

2017.12.27  狼男×ヴァンパイア、悪魔×刑事、若返った父×年取った息子...異色のバディドラマが豊作!

人気ドラマの象徴とも言えるバディもの。『X-ファイル』のモルダーとスカリー、『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のサムとディーン、『SHERLOCK/シャーロック』のシャーロックとジョン、『キャッスル』のキャッスルとベケットなど様々なバディが存在してきたcsi サイバー2 DVD。そんな中、これまでにないような一風変わったバディドラマが続々とリリースされるので、注目作を3本まとめて紹介したい。

1本目は、好評リリース中の『セカンド・チャンス 造られた男』だロングロードホーム DVD。ある組織の手によって75歳から35歳へと若返り、常人の600%の身体能力に改造された保安官のジミー。刻一刻と迫る活動時間の限界とも闘いながら凶悪犯罪に挑んでいく、一話完結の捜査ドラマだノーベル 戦火の陰謀 DVD。何より注目なのが、若返ったジミーの相棒となるのが、いまや彼より年上となった息子のFBI捜査官であること警察署長 ジェッシイストーン DVD。『24 -TWENTY FOUR-』のプロデューサー、ハワード・ゴードンが製作総指揮を務める本作は、『トゥルーブラッド』のロブ・カジンスキーがジミーを、『ホワイトカラー』のティム・ディケイがその息子を演じる、「年下の父親」と「年上の息子」という異色のバディドラマで最後まで目が離せない。

2本目も同じく好評リリース中の『LUCIFER / ルシファー』。そのタイトル通り、主役の一人は悪魔(ルシファー)で、彼と女刑事が組んで事件を解決していくストーリーだ。地獄の王であることに退屈したルシファーは、その仕事から離れ、"天使の街"ことロサンゼルスでクラブのオーナーとして暮らしていた。ひょんなことからロサンゼルス市警の刑事クロエと組むことになった彼は、悪魔ならではの能力を駆使して謎を解明していく。甘いマスクとチャーミングな雰囲気が魅力のルシファーを演じるのは、『ワンス・アポン・ア・タイム』でロビンフッドを演じたトム・エリス。かつて女優だった刑事クロエ役は『シカゴ・ファイア』のローレン・ジャーマンだ。

そして3本目、2018年3月7日(水)よりDVDがリリースとなる『ヘムロック・グローヴ』では、ヴァンパイアと狼男の相棒関係を観ることができる。ヴァンパイア族と狼男族の抗争を描いた映画『アンダーワールド』のように、たびたび両族は対立関係を描かれてきたが、本作では彼らが手を組んで街で起きた殺人事件を追う。製作総指揮を務めるのは、『ホステル』『グリーン・インフェルノ』などの監督イーライ・ロス。ヴァンパイアと狼男のコンビを演じるのはそろってイケメン、『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』のビル・スカルスガルドと『Terra Nova / テラノバ』のランドン・リブロンだ。

コメント(0)

2017.12.25  『神と共に』公開3日で130万人突破…『国際市場』より早い記録

『神と共に』が公開から3日で130万観客を突破した。
メソッド DVD

23日、映画振興委員会映画館統合ネットワークの集計によると『神と共に』は、22日に49万6242人を動員してボックスオフィス1位になった。累積観客数は132万331人。
監獄の首領 DVD

今月20日に公開されて、初日に40万以上の観客を動員しながら驚くべきオープニングスコアを立てた『神と共に』は、公開3日目に100万人突破した必ず捕まえる DVD。これは、12月の最高興行作『国際市場』や『弁護人』よりも一日早い興行記録だ記憶の夜 DVD。また、歴代12月公開作中、最も早く100万人を超えた『マスター』を超える記録でもある。

『神と共に』は、あの世から来た死者が彼を導く死神3人と共に49日間、7つの地獄で裁判を受ける話を描いた映画で、公開最初の週末、どのような驚くべき記録を立てつのかに大きな期待が寄せられている。2位は『鋼鉄の雨』で、同期間14万5386人を動員した。累積観客数は249万7251人。

コメント(0)

2017.12.25  「ロボットじゃない」ユ・スンホ&ファン・スンオン、初デートからギクシャク!?

ユ・スンホとファン・スンオンが初めてデートをした。

MBC水木ドラマ「ロボットじゃない DVD」(脚本:キム・ソンミ、イ・ソクジュン、演出:チョン・デユン)が韓国で21日午後、放送された。

この日、ミンギュ(ユ・スンホ )とイェリエル(ファン・スンオン)は初めてデートをしたジャグラス DVD。ミンギュは人の多い人気スポットを最初のデート場所として決めたが、イェリエルは気に入らなかった。

ミンギュが道に飾ってある帽子を見て被らせてあげようとすると、イェリエルは「髪型が崩れる」と言ったハッピーシスターズ DVD。街角の公演を見たキム・ミンギュは「歌を聞いていこう」と言ったが、イェリエルは「うるさくない?」と暗い表情を見せた。

靴を履いて歩いたイェリエルは足が痛かったようだったアンタッチャブル DVD。これを見たミンギュは自ら靴を買って履かせてあげた。これを見たホン・ベクギュン(オム・ギジュン)は「二人、お似合いだ」と話した。

コメント(0)

2017.12.22  『SUITS』メーガン・マークル、ハリー王子と共にロイヤルファミリーのクリスマスランチへ

英国王室ハリー王子との婚約ニュースが世界を賑わせた、『SUITS/スーツ』のレイチェル役で知られるメーガン・マークルノーベル 戦火の陰謀 DVD。正式に本シリーズから卒業することが決定した彼女だが、早くも婚約者として、ロイヤルファミリーのクリスマス前に開催されるランチ会にハリー王子と向かう姿が12月20日(水)に目撃された。米E!Onlineが報じている。

この時期にバッキンガム宮殿で開催されるエリザベス女王を囲むこのランチには、車で向かうウィリアム王子とキャサリン妃、そして4歳のジョージ王子と2歳のシャーロット王女の姿も目撃されているコードブラック 生と死の間で DVD。メーガンは、ハリー王子の運転する車の助手席に座っており、キャサリン妃もご用達のロンドンブランドである"セルフ・ポートレート"のドレスを身にまとい、シンプルなメイクとイヤリングで登場。
ロングロードホーム DVD

メーガンは正式な身内にはまだなっていないものの、エリザベス女王の所有するサンドリンガム・ハウスでロイヤルファミリーと共にクリスマスを過ごし、ウィリアム王子とキャサリン妃が所有するノーフォークのアンマーホールに滞在するといわれている。クリスマスの朝は、教会のミサにロイヤルファミリーと出席し、プレゼント交換などをしてクリスマスの期間をゆったりと過ごすようだ。

また、先月ウィリアム王子は、弟の婚約について以下のように冗談まじりに語っていた。「二人のことを本当に嬉しく思っています警察署長 ジェッシイストーン DVD。これからの二人の幸せと素晴らしい人生を祈っています。個人的なことですが、これで弟がやっと私の家の冷蔵庫から食べ物を持っていくことがないようになると願っています。ここ数年は、ずっとそういう状態でしたから(笑)」女優としての活躍がなかなか見られなくなってくるメーガンだが、ロイヤルファミリーとしての活躍は大いに期待できそうだ。

メーガン卒業エピソードとなる『SUITS/スーツ』シーズン7の最終話は、アメリカでは来年春の放送予定。

コメント(0)