全国のカヌー・カヤック・ラフティング・シーカヤックスクールで作るポータルサイト


TVドラマ紹介のブログ

2017.11.27  『ゲーム・オブ・スローンズ』の悪役が善人に!『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』

第二次世界大戦中のポーランドで、動物園の園長夫妻がユダヤ人を動物園にかくまい、300人もの命を救った姿を描く、知られざる感動の実話を映画化した『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』フュード DVD。12月15日(金)に封切られる同作より、大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で知られるマイケル・マケルハットンの場面写真が届いた。

『ゲーム・オブ・スローンズ』ではロブ・スタークたちを裏切るルース・ボルトンを演じていたマイケルだが、本作では、動物園の園長夫妻、アントニーナとヤンの親友であり、彼らが経営する動物園の飼育員イジェクに扮しているシグナル 時空を超えた捜査線 DVD。爆撃の被害も受けた動物園の存続が危うくなる中でも夫婦を支え、動物たちの面倒を見るという、ルース・ボルトンとは全く異なる、誠実なキャラクターだ。

マイケルはこの役柄について、「彼は誠実でストイック、そして静かなる英雄になるんだよザブリッジ DVD。ワルシャワ動物園は彼の家同然で、ほかに生活の場があるわけじゃない。彼は信念を守り、厳しい状態にある人々に対して夫婦が行うことを助けるんだ」と解説。また、近年数々のナチスを題材にした映画がつくられる中で、本作の特徴を以下のように説明している。「この物語の特徴的な部分は、動物が担っている。世界中の動物園がああいった惨事を経験していた。彼らも戦争の悲劇を免れなかったんだ」

本作の原作は、ダイアン・アッカーマンのノンフィクション「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」(亜紀書房刊)。オスカー・シンドラー、杉原千畝と同じように、ナチス統治下の悲惨な状況の中、危険を冒してでもユダヤ人の命を救った夫婦を描いている。マイケル以外のキャストは、ジェシカ・チャステイン(『ゼロ・ダーク・サーティ』)、ヨハン・ヘルデンベルグ(『オーバー・ザ・ブルースカイ』)、ダニエル・ブリュール(『イングロリアス・バスターズ』)、イド・ゴールドバーグ(『ピーキー・ブラインダーズ』)、ゴラン・コスティッチ(『最愛の大地』)など。監督は、『クジラの島の少女』『スタンドアップ』のニキ・カーロ。

1939年、ポーランド・ワルシャワマインドハンター DVD。ヤンとアントニーナの夫婦は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。妻の日課は毎朝、園内を自転車で巡って動物たちに声をかけること。時には動物のお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋にドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫から「この動物園を隠れ家にする」と提案されたアントニーナは、すぐさまそれを受け入れた。ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人を次々と救出しては動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、彼らの傷ついた心を癒していく。時にそのピアノの音色は、「隠れて」「逃げて」といった合図になることもあった。この"救出活動"がドイツ兵に見つかれば、自分たちだけでなく我が子の命すら狙われてしまうという危険を冒しながら、彼らはいかにして300もの命を救ったのか――。

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』は12月15日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほかにてロードショー。

コメント(0)

2017.11.23  米CWの"アローバース"、今年のクロスオーバーの詳細が明らかに

米CWで放送中の人気ヒーロードラマ『ARROW/アロー』、『THE FLASH/フラッシュ』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』、『SUPERGIRL/スーパーガール』、通称アローバースのクロスオーバーが今年もやってくるアトランタ DVD。まもなく本国アメリカで放送されるコラボエピソードの内容をご紹介しよう。

(以下は、クロスオーバーエピソードに関するネタばれを含みますのでご注意ください)

昨年は4夜続けて放送されたメガクロスオーバーだが、今年は2夜連続での放送。マインドハンター DVD「Crisis on Earth-X(原題)」というタイトルで、11月27日(月)に『ARROW』と『SUPERGIRL』が、翌28日(火)に『THE FLASH』と『レジェンド〜』が放送される。

気になるストーリーだが、オリバー/アロー(スティーヴン・アメル)やカーラ/スーパーガールをはじめとする4作のキャラクターたちがセントラル・シティで一堂に会し、バリー/フラッシュ(グラント・ガスティン)とアイリス(キャンディス・パットン)の結婚式が行われるが、「アースX」のヴィランが突如として攻撃してくるフュード DVD。スーパーヒーローたちはフェリシティ(エミリー・ベット・リッカーズ)、アイリス、アレックス(カイラー・リー)のサポートを得ながら団結し戦いに挑む-。

このエピソードにはキャプテン・コールド改めシチズン・コールド役のウェントワース・ミラーと、アローバース初登場となるラッセル・トヴェイ(『クワンティコ』)がゲスト出演し、戦いに加わるという。
ララミー牧場 DVD

また、これまでのクロスオーバーは各ドラマに他のドラマのキャラクターたちがお邪魔しているような作り方だったが、スティーヴン曰く、今年のクロスオーバーは「4時間の映画を見ているような」仕上がりになっているという。

『ARROW/アロー』、『THE FLASH/フラッシュ』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』、『SUPERGIRL/スーパーガール』は米CWで放送中。クロスオーバーエピソードは現地時間の11月27日(月)と28日(火)に放送される。

コメント(0)

2017.11.20  『スター・トレック:ディスカバリー』ジェイソン・アイザックス、"御大"の特別出演は望まず

シーズン1の前半が先日終わった『スター・トレック:ディスカバリー』。本作については、オリジナルシリーズの出演者であるウィリアム・シャトナー(カーク役)などがカメオ出演する可能性が、ファンの間でささやかれているようだブル 法廷を操る男 DVD。しかし、ロルカ船長を演じるジェイソン・アイザックスは、そのアイデアには乗り気でないらしい。

ウィリアムのカメオ出演の可能性を問われたジェイソンは、「カークはこれから10年間は現れないし、現れたとしても(本作の時点では)26歳(※本作の設定は2256年で、カークの誕生年は2233年なので、本来は23歳)だから、奇妙なことになるだろう」と答えたとのこと。
マインドハンター DVD

さらにジェイソンは、「既存のシリーズのどの出演者にゲスト出演してほしいかと尋ねられたことがあるんだけど、良質のドラマを見ている時というのは、疑念を取り払って、鍵穴から別世界を覗いているような気になるものだと思うんだアトランタ DVD。僕らがうまくやっていればの話だけどね。派手な有名人のカメオ出演をやると、視聴者は現実に引き戻されてしまう。(コメディ番組の)『サタデー・ナイト・ライブ』のコントを見ているような気になってしまうだろう」と話していることから、有名人のカメオ出演が物語の世界観を損なうことを危惧しているようだ。

そしてジェイソンは、「視聴者には僕らの演じる物語を信じて夢中になってほしいんだララミー牧場 DVD。ウィリアム・シャトナーと会うのは、現実世界のレストランだけで僕は満足だよ」と締めくくっている。

カメオ出演の可能性はまだ不透明だが、本作では今後も視聴者をとりこにするドラマチックな物語を期待したい。『スター・トレック:ディスカバリー』シーズン1後半の幕開けとなる第10話は、日本ではNetflixにて2018年1月8日(月)より配信開始。

コメント(0)

2017.11.17  『ブラック』ソン・スンホンのロマンチックモーメント「死神なのにときめく」


ただ粗野で冷たいだけと思っていたOCNのオリジナルドラマ『ブラック』のソン・スンホンの新しい姿が、徐々に高潮していくミステリーの中でもトキメキを誘発している。

OCNのオリジナルドラマ『ブラック DVD』が、同じ死神でさえ「血も涙も無い」と言った母胎死者ブラック(ソン・スンホン)が、実は行方不明者だったというどんでん返しで新しい転換点を予告した。 そんな中、刑事ハン・ムガンの体から人間の感情を感じて行くブラックは、面倒なだけだったカン・ハラム(Ara)を心底心配し、気を使い、ドラマの初盤とは全く異なる姿を見せている。恋するパッケージツアー DVD
ついにはメローの目つきまで見せるブラックのロマンチックモーメント!

階段前の石に気づかず、つまづいて転んだハラムに手ではなく袖先だけを出したブラック、しかし第10話でブラックのツンデレが明らかにされたマッドドッグ DVD。 いつもハラムがつまづいて転んでいた石を、力で引き抜いたのだ。 気にしないふりをしながらも、ハラムがつまづいて転ばないように、思いやりを見せたシーンだった。 
メロホリック DVD

また、「ジュニさん」という言葉と絵が描かれた石を見ながら、「俺も顔というものがあれば」と言うブラックの本音は、視聴者の胸を打った。 

コメント(0)

2017.11.15  「ピョン・ヒョクの愛」カン・ソラ、事件の真実を知り涙

「ピョン・ヒョクの愛」でカン・ソラがSUPER JUNIOR シウォンの手を振り切った。

12日午後、韓国で放送されたtvN土日ドラマ「ピョンヒョクの愛 DVD」(脚本:ジュヒョン、演出:ソン・ヒョヌク)でペク・ジュン(カン・ソラ)がクォン・ジェフン(5urprise コンミョン)を通じて、父親の借名口座の取引履歴を確認する姿が描かれた。

生前父親を尊敬していたジュンは、予想外の事実に力が抜けたメロホリック DVD。そして母(ファン・ヨンヒ)に事件の真実を追及し「父はどんな人だったか」と聞き、涙を流した。

父が汚職事件と関係があった事実を知り、深い喪失感に襲われたジュン恋するパッケージツアー DVD。ピョン・ヒョク(SUPER JUNIOR シウォン)の実兄であるピョン・ウソン(イ・ジェユン)は、弟のそばにジュンがいることを不愉快に思い、父ピョン・ガンス(チェ・ジェソン)に暴露する。また、直接ジュンと別れさせるため彼女に直接父の汚職事件を打ち明けたのだ。

同日、一緒に夕食を食べたヒョクとジュン。お皿を洗っていた二人は手と手が触れ合い、ヒョクはジュンの手を掴んだアンダンテ DVD。二人の心は通じ合ったが、落ち込んでいたジュンは「(夕食)よく食べた。疲れちゃった。お先に失礼するね」と席を外した。

コメント(0)